5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新諸国物語】ラジオの思い出【笛吹童子】

1 :大人になった名無しさん:2006/10/25(水) 23:13:21
テレビが普及したのは、昭和30年代半ば前ごろでした。それまでは、ラジオ全盛でした。昭和27年から始まったNHK「新諸国物語」の一連の作品群・・
「白鳥の騎士」(27年)、「笛吹童子」(28年)、「紅孔雀」(29年)、「オテナの塔」(30年)、「七つの誓い」(31年)。
これらはその後何回か人形劇などで放送されました。またこれらは映画にもなりました。そのころのラジオ番組や映画などの思い出、その他について語りましょう。


2 :大人になった名無しさん:2006/10/25(水) 23:15:19
参考

新諸国物語について
 http://junjuns.akira.ne.jp/junjunland/9905sinsyokoku.html

3 :大人になった名無しさん:2006/11/02(木) 20:22:20
アニメ化されてもよさそうなものだが、作者の北村壽夫氏がもう映像化するなと遺言したのか、
それともアニメだと持ち味が壊れる?

4 :大人になった名無しさん:2006/11/08(水) 18:44:48
♪鳥も通わぬベタンネの 山また山の山奥に
 黒水仙の花咲けり

これ、オテナの塔でしたっけ? 挿入歌の中で一番好きでした。



5 :大人になった名無しさん:2006/11/08(水) 22:51:32
その歌しりませんが

・・オテナの塔・・

 遠きあら磯 紅つばき
 島にひとつの 塔ありき
 昔オテナに築かれて
 天の牢獄とよばれたり

CD[20世紀の軌跡 ラジオの時代5」

6 :大人になった名無しさん:2006/11/08(水) 22:58:57
>>4
最初の「白鳥の騎士」かもしれないですね。

昭和27年「白鳥の騎士」
昭和28年「笛吹童子」
昭和29年「紅孔雀」
昭和30年「オテナの塔」
昭和31年「七つの誓い」

昭和34年「天の鶯」
昭和35年「黄金孔雀城」
その後、人形劇等で何回かあった。


7 :大人になった名無しさん:2006/11/09(木) 19:23:57
CD情報ありがとうございました。早速買います。

> 遠き荒磯 紅つばき 

なつかしいです!
♪タントン タタトン … あまさま吹雪が戸をたたく …
オテナの塔の主題歌はこんな感じでしたっけ。

“♪鳥も通わぬ” は七つの誓いだったかもしれません。



8 :大人になった名無しさん:2006/11/09(木) 20:39:20
紅孔雀の人形劇しか
知らない...OTL


9 :大人になった名無しさん:2006/11/11(土) 14:30:27
「七つの誓い」は、
  旅の仲間は三角帽子
  だまり坊主の影ひとつ
  空は夕焼けあかあかと
  燃えてラクダの 鈴がなる
  シャラランシャラランシャンシャララン
              ・・です。(一番)
 

10 :大人になった名無しさん:2006/11/11(土) 20:04:16
どの部も主題歌の他に挿入歌があったんですよね。
紅孔雀は主題歌が「まだ見ぬ国に住むという…」で
挿入歌は「不思議な鳥よ紅孔雀…」でした。
こちらの方を覚えてらっしゃる方、いませんか?
断片的にしか思い出せないんですが、
♪ふし〜いぎ〜な と〜り〜よ〜 べに〜ぃくぅじゃく〜
 …訪ねてめぐる幾山河
 …旅に伸びたる前髪に(雄花わけゆくつげがさに?)
 …とまる夕日の赤とんぼ(吹雪の???)

11 :大人になった名無しさん:2006/11/12(日) 20:37:11
そうですね、あまり書いてるのは見かけないが挿入歌があったでしょうね。

12 :大人になった名無しさん:2006/11/12(日) 20:38:26
そうですね、あまり書いてるのは見かけないが挿入歌があったでしょうね。

13 :大人になった名無しさん:2006/11/17(金) 20:02:28
声の出演で名前を思い出すのが、臼井正明(語り手)、二本柳寛、堀越節子、
来宮良子、… 誰が何の役だったかは覚えてないが。
あと、劇団こまどり。 

14 :大人になった名無しさん:2006/11/17(金) 21:50:11
来宮良子・・思い出しました!名前だけだが。

15 :大人になった名無しさん:2006/11/17(金) 22:04:29
検索すると、劇場版の「七つの誓い」には「黒水仙の巻」というのがある。
“…黒水仙の花咲けり”という歌は、やはり「七つの誓い」でしょうね。

16 :大人になった名無しさん:2006/11/18(土) 07:34:56
>>10

下のBBSに次のような事が出ていました・・つい最近放送されてるようです。

まだラジオの時代、NHKラジオドラマ新諸国物語シリーズの内の
「紅孔雀」の主題歌。その二曲のうちの一曲「不思議な鳥よ」を。
先日この歌をNHKラジオで聴くことが出来た。半世紀ぶりだった。
そしてこの歌を歌った歌手がなんと三橋美智也。
私が五、六歳の頃のことだから誰が歌っていたのやら知る由もなく
うすぼんやりとナントカ少女合唱団*だと記憶していただけだから
この突然の三橋美智也の素晴らしい歌声には図らずも涙を落として
しまった次第。
美智也ファンの皆さん、まだこの歌を未聴でしたらなんとか一度
聴いてみてください。

*青い鳥児童合唱団(クラウン少女合唱団)か?
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/enka/1098228661/l50


17 :大人になった名無しさん:2006/11/18(土) 17:59:10
16さん、ありがとうございます。
三橋美智也も「不思議な鳥よ…」をカバーしてたということ
ですね。 当時の番組の中で唄っていたのは女性でしたから。

手元にあるLPとコンパクトには、「まだ見ぬ国…」の方だけ
入っているんですが、キングは井口小夜子、コロンビアは
諏訪佳代子でした。 各社競作だったんですね。
でもラジオで流れてたのとは違います。
昔、サントラ盤?を探した思い出があります。


18 :大人になった名無しさん:2006/11/18(土) 22:31:54
確か、学校で録音機(大きかった)がつかわれたのが昭和34年ごろと記憶してますが、昭和20年代から30年代にかけては、録音がなく生放送で、主題歌も生だったようですね。「鐘の鳴る丘」というのも、川田正子のレコードが一般的(もちろん歌った)だが、
放送では生で、当時「東京放送児童合唱団(音羽ゆりかご会)」・・(今の「NHK東京児童合唱団」の前進「NHK東京放送児童合唱団」(昭和27年創設)ではなく、その前は、「音羽ゆりかご会」がNHK専属でやっていたもの。)がうたっていたという。
「鐘の鳴る丘」も「音羽ゆりかご会」の子供達が毎日NHKで歌っていたのだそうです。そしてソロも何度か変わってたそうですから、レコードと放送は必ずしも同じではなかったようです。

19 :大人になった名無しさん:2006/11/18(土) 22:37:01
川田正子(音羽ゆりかご会、戦中・戦後にかけてNHKラジオ放送で活躍)は、昭和22年8月に引退してますが、「鐘の鳴る丘」は同じ昭和22年に始まって、ラジオでは主題歌は男の子だったようです。

20 :大人になった名無しさん:2006/11/19(日) 22:08:16
>>15
>“…黒水仙の花咲けり”という歌は、やはり「七つの誓い」でしょうね。

「七つの誓い」の主題歌じゃないようですので、「七つの誓い」の挿入歌か別の歌だと思います。




21 :大人になった名無しさん:2006/11/20(月) 19:38:34
>> 18
> 主題歌も生だったようですね。

そうなんですか! それで納得しました。
音羽ゆりかご会!! 思い出しました! 
川田たかこもよくNHKで唄ってましたね。

22 :大人になった名無しさん:2006/11/20(月) 19:49:24
「七つの誓い」が終わった年の12月30日だったと思いますが
確か6時から30分間、新諸国物語の総集編がありましたね。
「第一部白鳥の騎士から第五部七つの誓いまで」とかいうタイトル
だったような…。 語り手は高橋圭三でした。
主題歌や挿入歌も中で唄われてました。
テープに録音して何年か愛聴してましたが、時代がオープンリール
からカセットに変わってしまったので、それっきりです。
あのオープンリール、まだ家のどこかにあるはずですが…
見つかってもデッキがないからなぁ…


23 :大人になった名無しさん:2006/11/20(月) 20:02:52
番組の最後で北村寿夫さんが、あいさつしてましたね。何か「愛と正義」
みたいな話しだったと思います。
福田蘭童さんのほうは、自分は話しが下手だからと尺八を吹いておられ
ました。
この頃、子供心ながらすっかり福田蘭童さんのファンになってました。

今思うと、
ヒャラ〜リヒャラリコ→まだ見ぬ国→タントンタタトン→旅の仲間は三角帽子
は、みな元気がもらえる曲調で、
ふしぎな鳥よ→遠きあらいそ紅つばき→黒水仙の花
は、メロディアスな曲調ですね。こんな名作が埋もれていくのは惜しいです。



24 :大人になった名無しさん:2006/11/25(土) 19:30:16
>>19
>「鐘の鳴る丘」は同じ昭和22年に始まって、ラジオでは主題歌は男の子だったようです。

「鐘の鳴る丘」を歌った上山高史さん(現在ジャズボーカリスト)・・
  http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~s_suzuki/kamiyama.html
 ラジオで「鐘の鳴る丘」を聞いた世代は、たぶん昭和19年生まれの私あたりが最後だろう。この国民的ラジオ番組で、古関裕而のオルガンをバックに主題歌を歌っていた天才少年歌手がいた。それが上山高史さんである。
 経歴を先に紹介しよう。少年時代、童謡歌手として15枚を録音。慶大時代にジャズ・コンテストで優勝、水原弘と共演するなど、新進ジャズシンガーとして注目されていた。だが「ルックスに商品価値がない」という評価
 を受けて歌手生活を断念、エンジニアリング会社の日揮に入社する。海外駐在14年を含む35年の勤務ののち定年退職、記念に製作したジャズCDが話題になった。今や注目の男性ジャズ・ヴォーカル、白髪のきれいな65歳
 の大型新人歌手である。

 歌手としてのデビューは三回目
 第1回目 子供の時、音羽ゆりかご会で「鐘の鳴る丘(NHKの人気ラジオドラマ)」の主題歌を歌い、レコードも15枚吹き込んだ。変声期で中断。
 第2回目 大学3年〜卒業3年後まで。 ラジオコンテストで優勝した。お父さんとの約束で3年間プロとして活躍した。
 第3回目 今回のプロデビュー ジャズ雑誌(Swing Journal)人気投票は10位から昨年は5位へ上昇した。





25 :大人になった名無しさん:2006/11/28(火) 22:25:49
「新諸国物語」はいくつかあって、「笛吹童子」と「紅孔雀」は一般的で有名ですが、だんだん後になるほど洗練されて、「オテナの塔」や「七つの誓」もいいですね。

「七つの誓い」・・
  旅の仲間は三角帽子
  だまり坊主の影ひとつ
  空は夕焼けあかあかと
  燃えてラクダの 鈴がなる
  シャラランシャラランシャンシャララン


26 :大人になった名無しさん:2006/12/02(土) 19:03:10
20年代初めはNHKしかなくて、子供向け番組(連続放送劇)として、「鐘の鳴る丘」「ジロリンタン物語」「三太物語」「さくらんぼ大将」それから、「新諸国物語」と続くわけですが、当時は第一回目昭和27年「白鳥の騎士」は主題歌ありましたか?、どなたか知りませんか?。


27 :大人になった名無しさん:2007/01/01(月) 17:35:20
あけましておめでとうございます。
新諸国ものがたりなどは、正月休みに始まり、年末でおしまいでした。年末年始は胸躍る季節でもありました。

戦後のラジオ放送
 昭和22年 7月1日〜 向う三軒両隣り
      7月5日〜 鐘の鳴る丘  (昭和25年まで)
 昭和26年1月4日 〜 さくらんぼ大将
     11月4日〜  ジロリンタン物語
 昭和27年1月 〜   白鳥の騎士
     4月〜    君の名は
 昭和28年1月5日 〜 笛吹童子
     1月8日〜  おねえさんと一緒
 昭和29年1月4日〜  紅孔雀
     4月11日   ヤン坊ニン坊トン坊
 昭和30年1月3日〜  オテナの塔
 昭和31年1月2日   七つの誓い
  以後民放ができて、「赤胴鈴之助」、「少年探偵団」









28 :大人になった名無しさん:2007/01/06(土) 16:55:46
上記番組は、横浜の情報文化センター放送ライブラリー(HPあり)で聞いたりできます。(テレビも、NHKと民放)
ただし、こうしたものは、生放送だったので、最初か最後くらいしかありません。(主題歌込み)

また、NHKのみ(昭和30年ころまではNHKのみしかなかった。)は、NHK放送博物館(港区・愛宕山、地下鉄神谷町)か。埼玉県川口のスキップシテイーで見たりできます。

29 :大人になった名無しさん:2007/01/06(土) 16:58:28
>>28

横浜情報文化センター放送ライブラリー
    http://www.bpcj.or.jp/

30 :大人になった名無しさん:2007/01/06(土) 18:43:33
>28・・誤り(うまく出ない)

横浜情報文化センター

 http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/1-gaiyou.htm

同放送ライブラリー
 http://www.bpcj.or.jp/

31 :大人になった名無しさん:2007/01/06(土) 18:46:55
放送ライブラリー

〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通11
横浜情報文化センター
TEL.045-222-2828 FAX.045-641-2110


32 :大人になった名無しさん:2007/01/07(日) 20:38:41
白鳥党 と されこうべ党

番外で「百面童子」

33 :大人になった名無しさん:2007/01/07(日) 20:41:27
そうか 白鳥の面 と されこうべの面  そして 白鳥の玉

他に「霧の小次郎」「三日月童子」だったな。

34 :大人になった名無しさん:2007/01/07(日) 20:50:12
>>6
「天の鶯」「黄金孔雀城」は出版社から刊行されてますか?
 他の5冊は持ってますが。

35 :大人になった名無しさん:2007/01/10(水) 21:39:45
以下などについて、横浜の放送ライブラリ>>30で聴くことが出来ます。

連続放送劇 鐘の鳴る丘 第15回1947-08-23
 作:菊田一夫、音楽:古関裕而。合唱:音羽ゆりかご会、伴奏:小暮正雄、三上秀俊。(1947年7月5日〜1950年12月29日放送、全790回)
 ◆戦災で父母を失って浮浪児になった弟・修吉を探しに上京した加賀見修平は、修吉を見つけられず、その仲間の竜太を故郷に連れて帰る。しかし素性の知れない竜太に対し、伯父や近所の子供たちは無情だった。
さくらんぼ大将 終回記念特集 1952-03-31
   ◆さくらんぼの名産地福島県茂庭を舞台に孤児の島上六郎太、蛮洋先生、かすみ夫人らがヒューマニズムあふれる物語を展開する(1951年1月4日放送開始、全319回)。作:菊田一夫、音楽:古関裕而。出演:古川緑波(古川ロッパ)
    高橋和枝、中井敬輔ほか。
新諸国物語(第一作) 白鳥の騎士 第1回 1952-04-01
  愛と正義を象徴する「白鳥珠」と、悪の象徴「されこうべ珠」をそれぞれ受け継ぐ雄麿・広足の一族の戦いと葛藤を描く。新諸国物語シリーズの第1部。作:北村寿夫。(1952年4月1日〜12月31日放送、全182回)
新諸国物語(第二作) 笛吹童子  最終回 1953-12-28
  奈良天平時代、父の城・丹波満月城を赤柿玄藩に奪われた双子の兄弟が力をあわせて城を取り戻すまでを描く。新諸国物語シリーズの第2部。作:北村寿夫、音楽:福田蘭童。(1953年1月5日〜12月31日放送、全257回)
新諸国物語(第三作) 紅孔雀  第1回 1954-01-04。
   南紀州に住む那智の嘉門が持つローマの聖者から授けられた「紅孔雀の宝庫」。その鍵をねらう元海賊や妖術師との戦いを描く。新諸国物語シリーズの第3部。作:北村寿夫、音楽:福田蘭童。
    (1954年1月4日〜12月31日放送、全248回)
   ◆第1回。紀州那智代官の息子・小四郎が釣りをしていると、小船に乗った美女が迷い込んでくる。女は久美と名乗るが、それ以上の素姓を明かさない。

・以下は,川口のNHKア−カイブスか、NHK放送博物館で
   http://www.nhk.or.jp/nhk-archives/home.html
   http://www.nhk.or.jp/museum/
*新諸国物語(第四作)「オテナの塔」 第239回 (作 北村寿夫)1955/12/12  
(NHKア−カイブス・放送博物館)
*連続放送劇「ジロリンタン物語」(作:サトウハチロー)1952/01/27
  内容/少年ジロリンタンが竹の林で捨て猫を拾った。色々な色の毛が混じっているキジネコで、ジロリンタン
はチクという名を付けた。でも、みんな都合が悪くてチクを飼ってあげられない。ジロリンタンは仲間たちと
こっそり餌をやってかくまっていますが、近所では、キジネコがニワトリを襲っているという噂が・・・。
                        (NHKア−カイブス・放送博物館)
新諸国物語(第五作)「七つの誓い」 は見当たらない。


36 :大人になった名無しさん:2007/01/10(水) 21:47:33
小学一年生の時(昭和26年)の思いでも遠い過去となり記憶も少なくなっているが、夜だか「アッハッハノハノハノハ,笑って暮らせば 世の中は・・」のロッパの歌を思い出す。さくらんぼ大将の挿入歌だ。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)