5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夏休みの想い出

1 :大人になった名無しさん:03/10/19 15:48
ミーンミーンミーーン...ジジジ

405 :大人になった名無しさん:2006/05/26(金) 21:24:15
いや普通

406 :大人になった名無しさん:2006/05/28(日) 22:41:12
毎朝6時に起きてゲームは日課だったな。聖剣伝説2をやりこんでたよ。

407 :大人になった名無しさん:2006/05/28(日) 22:47:34
両親が共働きだったから、夏休みは天国だった。
8時くらいからずっとクーラーつけてTV・ゲーム三昧。


408 :大人になった名無しさん:2006/05/29(月) 13:54:51





>>407
毎日ゲームとか時間を無駄にしたな・・・





409 :大人になった名無しさん:2006/05/29(月) 15:32:37
中学に入ったら午前中からクラブ活動、夕方から塾通いと
普段よりもハードだった。

410 :大人になった名無しさん:2006/05/29(月) 19:28:10
小学生の頃は、友達と川で魚採ったり、山でカブト虫捕まえたり、海で釣りしたり、すんげー楽しかった。やっぱ田舎の夏休みていいもんだよね。

411 :大人になった名無しさん:2006/06/03(土) 02:16:40
母の田舎の鹿児島で夏休みには従兄弟達と一緒に良く遊びに行っていた。
家は小さな山の麓で近くに学校があって、坂を登って吊り橋を超えて少し進むと神社があった。
俺たちは探検気分でよく遊びに行ったもんだ。虫も一杯取れたしね。

んで、その途中に民家があるんだけど、何故かそこの家で遊んだ記憶がある。
ほんとにガキで遠慮やなんか知らなかったんだろうな。

そこには自分と同年代の女の子が居た。真っ白い肌で大きな瞳にふわふわの髪。
外国人かハーフのような外見でまるで人形のようだった。
まだエロい事などなんにも知らなかったが、この子にキスしたいなと思った事は覚えている。

今は俺も30を超えたが、その子の事はずっとフィクションかなにかと混同した脳内妄想だろうと思っていた。
あんな田舎に外国人の美少女なんかいるわけないと…。


んで今日十数年振りに従兄弟が遊びに来て昔話に花を咲かせていると、なんと例の少女の話が!彼もちょっと好きだったと。
母や叔母はその両親や名前も知っているようで、俺より一才年下で今も独身で実家にいるそうな。

なんか美しくも幻想的な思い出が急に現実近くに引き寄せられたようで、なんか微妙な気分だわ…。


412 :大人になった名無しさん:2006/06/03(土) 07:12:10
昼ご飯に出てきたドライカレーウマー
って言ったら数日間ドライカレー連発された事があった。
朝ご飯のパンでこれウマー
もちろん連発。
お母さん…

413 :大人になった名無しさん:2006/06/03(土) 20:50:04
小6から高3までは水泳の合宿だったな。
一日4時間の練習をしてた。
でも、県でまだ遅い俺・・・。

414 :大人になった名無しさん:2006/06/05(月) 00:05:38
ランランランラン
ララランランララ
8月ってす・て・き〜


ことしは ぼくひとりで
いなかのうちに きている
きのぼりしても おこられない 8月ってすてき〜


あさから たんけん
セミのぬけがら ホラみつけた
かぶと虫だって つかまえたよ
8月ってす・て・き〜

おひるねしたら うみへゆくんだ!! ちょっぴりひやけが
ヒリヒリするけど

はだしになって 浮きわをつけて
ザブンととびこめば さかなのように きもちがいいよ


よるになったら にわではなびをしよう えにっきかいたら おばあちゃんがほめた
8月ってす・て・き〜


いちにち おもいきり あそんだからもうねむい
明日もきっとはやおきしよ〜
8月ってす・て・き〜


ランランランラン
ララランランララ
8月ってす・て・き〜

・゚・(ノД`)・゚・。

415 :大人になった名無しさん:2006/06/07(水) 14:38:57
夏休みといえば、クロキュラとかアカキュラを良く食べたな。懐かしぃ・・・
久しぶりに食べたいけど、もうないんだろうな。

416 :大人になった名無しさん:2006/07/01(土) 15:42:46
朝ラジオ体操。で友達と遊ぶ約束して、プール行ったり
野球やったりゲームやったり。夕方から塾行って。
あの頃はホント時間がゆっくり流れてたなー

417 :大人になった名無しさん:2006/07/01(土) 19:26:42
親に叩き起されて行ったラジオ体操
友達と作った秘密基地
自転車に乗って山目指して冒険したり・・・
アノ頃は友達と一緒なら何でも出来た気がする

本当に楽しかった・・・

最近の小学生が公園でゲームしてるの見ると可哀想に思えてくる。

ジブリの耳をすませば や 井上陽水の少年時代を聞くと
泣きたくなって来る自分がいる
俺も年老いたな・・・



418 :大人になった名無しさん:2006/07/02(日) 00:15:14
夏休みというと台風。今年もそろそろかな。
昔はドキドキというかワクワクしてたけど、今はニュースで被害とかよく見るから怖い。

419 :大人になった名無しさん:2006/07/03(月) 00:16:19
なんて言うか。もう人生は終っちまったのかなぁ……
ぼくなつでもやるか

420 :大人になった名無しさん:2006/07/04(火) 00:29:17
>>417
お前はオレか??

19歳だがそうおもうぞ!
昔は朝ラジオ体操で早起きしてるのにプール行って釣りしてから塾に行って
も眠くなかったし友達や好きな人に会えるから逆にうれしかったもんだ
まさにカントリロード・・

421 :大人になった名無しさん:2006/07/05(水) 13:35:14
19歳ならまだ子供だろ

422 :417:2006/07/05(水) 17:30:30
>>ゴメン
オレも19

423 :大人になった名無しさん:2006/07/10(月) 02:51:14
今29歳だけど、
20代後半から夏休みの… が強まってきた

なんなんだこの感覚は?
特に何かあった分けでも無いのに、ただ泣けてくる

424 :大人になった名無しさん:2006/07/10(月) 17:30:20
遊び疲れて帰宅。日焼けが痛いのでヒ〜ヒ〜言いながら風呂入って
スイカ食いながら家族みんなで(ここ重要!)TV見る。

明日も明後日も今日と同じ日がず〜っと続くと信じていたあの日・・・

425 :大人になった名無しさん:2006/07/11(火) 04:08:41
ラジオのスタンプ、毎年コンプしてた。
子供の頃は5時ころに目が覚めてたもんな。

426 :大人になった名無しさん:2006/07/11(火) 16:37:53
お盆になると、田舎の祖父母の家に帰省するのが楽しみだったな。親戚一同が集結して、賑やかに過ごしたもんだ。

427 :大人になった名無しさん:2006/07/11(火) 18:57:50
男友達と毎年プールに行ってシャワー室から出てその人が着替えるから
裸毎年見ちゃってました。勿論あの部分も。結構小ちゃかったね。
ブラブラ揺れてたぞ。 キャ☆
逆に私は胸を普通に見られました。 イヤン★

428 :大人になった名無しさん:2006/07/12(水) 06:59:58
死ね

429 :大人になった名無しさん:2006/07/12(水) 10:05:24
同じく死ね

430 :斉藤:2006/07/12(水) 13:04:40
           ,.、 ,.、
           ヽ'::':/
            }:::{
            l:::|
           i:yァ|:::l
          l:(.ノ:::l      <マーガリン
        ,.r:::''::::´゚ι  __,
       .〈;;;:::::::::::::::゙:i,,__,〃 `
      /~:::y'''::::-:::〈ー‐"
      /::::::/:::::::::::::〈:、
      /:::::/:::::::::::::/ ヾ!
    ,:'!::::/:::::::::::::〈:、 l:!
.   〃ゝ〈_:::;;;:::ノ .l:l  ヽ、
  _〃         l:!
  ´          ヽ、

431 :大人になった名無しさん:2006/07/12(水) 18:43:40
小学校の夏休みは5時起きがデフォだった
ラジオ体操は6年間皆勤

夏休みの朝(6時くらい)の雰囲気が好き

432 :大人になった名無しさん :2006/07/13(木) 13:40:27
>>431
分かる。夏休みの早朝は最高。

これが中学高校にもなると、起きるともう昼近くだったりして、
そうなると腐ったような一日にしかならないんだな。

433 :大人になった名無しさん:2006/07/13(木) 13:57:12
>>431
中学になると部活に縛られるから違う部だと同じクラスの奴でも繋がり薄いし、なんとなくマンネリで退屈な感じだった。
部活に参加していても学期中とあまり変化がないし休みの日は都合の合う友達がいないし・・・。

その点、高校のときは家から遠かったんで部活に入らなかったのが逆に幸いして、日ごろ時間がなくて出来ないことも出来て有意義に使えた^^

434 :433:2006/07/13(木) 13:58:47
すまん、>>432にだった。

435 :大人になった名無しさん:2006/07/13(木) 14:02:06
>>432
まさに早起きは三文の特ダネ

436 :大人になった名無しさん:2006/07/13(木) 16:32:19
早起きしてカブトムシ捕まえに行ったよな

437 :大人になった名無しさん:2006/07/13(木) 19:43:27
>>436
行った行ったw通学路に夜〜早朝行くと良く獲れた林があったな。
獲り過ぎたのかもっと住みやすい場所へ引っ越したのか何年かすると獲れなくなっっちゃたけど。
ちなみにそこも今は伐採して、住宅地として開発中だ・・・。

438 :大人になった名無しさん:2006/07/13(木) 22:03:37
夏休みは
小学校は早起き
中高では昼に起きる
大学生になったら朝寝て夜起きる生活になってたな

439 :大人になった名無しさん:2006/07/15(土) 16:48:38
>>438
あるあるw

440 :大人になった名無しさん:2006/07/15(土) 17:41:26
高3の夏休み、俺は好きだったMと言う娘に告った。
俺はスポーツも勉強もできない方で特徴がある事と言えば親の事情で一人暮らしをしてた事
くらい。比べてMは陸上部の部長やってたスポーツ万能少女。ショートヘアがすごく似合ってた。
コンプレックス抱えまくりでダメ元で告ったにも関わらず、その娘はOKしてくれた。スゲー嬉しかった。
彼女と過ごした夏休みは本当に楽しかった。顔に自信がない俺にも「カッコイイよ☆」といつも言ってくれてプリクラも
たくさん撮ったし、勉強ももちろんした。花火大会の時も彼女の家が会場に凄く近くてそこで二人っきりで楽しく見てた・・・
そんな彼女とも大学進学で俺は横浜、彼女は九州と離れ離れになることになり、「お互いに将来を縛り付け合うのは
やめよう・・・」って事で別れた。別れ話の時、俺もMもめっちゃ泣いた。Mとはそれきり一度も会ってない。
M、本当にあの夏休みをありがとう。多分あんな楽しい夏は二度と来ない。
大学入って2年経ったが俺には未だに彼女はいない。でもお前には俺より何倍もカッコイイ彼氏がいる事を心から願ってるよ・・・

これ、セピアだよな・・・?

441 :大人になった名無しさん:2006/07/15(土) 23:28:33
死ね

442 :大人になった名無しさん:2006/07/15(土) 23:32:04
>>440
帰省した時に会うことは?

443 :大人になった名無しさん :2006/07/18(火) 13:16:23
もうすぐ小学生は夏休みに入るんだな。
近所の家の玄関先に学校から持ち帰ったであろう鉢が置いてあって、
色とりどりのアサガオが咲いていたよ。
こっちまで夏休み気分になった。いいなあ、小学生。

444 :大人になった名無しさん:2006/07/19(水) 00:15:03
都内某小学校の校門で母親のチャリ集団がたむろしてた
チャリのカゴには学校で栽培したであろうアサガオの鉢があった
子供が親に持って返らせているのだろう
チョット悲しくなった

445 :大人になった名無しさん:2006/07/22(土) 16:51:52
だいたい2タイプあるんだよな
7月にはいるとコツコツと荷物を持ち帰るやつと
終業式の日に纏めて持ち帰る奴

俺は勿論後者だった
汗だくになりながら山のような荷物を持ち帰ったあの日…

446 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 08:45:00
子供の頃に道を歩いていたら知らんおじちゃんから「ファミコンのカセット
を買わんか?500円なんだが?」って、呼び止められた事が有るぞ。んで、
俺は「260円しか無い」って答えた所、オジちゃんは「それでいいぜよ」
って言って、箱も無くラベルも無しの「固まった絵の具みたいな表面のカセット」
を一個を俺に手渡した。で、家に帰って付いていた説明書を読むと「ゲーム
コイコイバンザイドルロー」?などの、意味不明な日本語が書いて有った。
ほいで、スイッチを入れるととりあえず何かの?シューティングゲームが
楽しめたが、カセットからの変なニオイがひどいし、ソフトじたいも壊れた
ので捨てた。あのソフトは、結局は何だったのか?あの、おじさんもなぁ?
夏休みは、世の中の怪しい部分と接する機会のひとつなのかもな?


447 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 13:30:20
夏休みには早起きしてラジオ体操、帰ってきたら菓子パンかお母さんのみそ汁
ポンキッキで大江千里の「夏の決心」が流れてて
昼になったら学校のプール
帰ってきたら昼寝して、そのあとは暗くなるまで外で遊んでた
夜には姉妹みんな一つの部屋で勉強して、<<以後ループ
1日でいいからあの日をもう一度

448 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 14:17:04
ラジオ体操開始と同時にウルトラマンタロウの再放送。
終わってから急いで帰って見た。最後の戦闘シーンしか見られず。
この頃はビデオなんて無かったし。でも楽しかった。

449 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 17:10:56
夏休みは、夏休みアニメスペシャル→あなたの知らない世界→ワンダバ

450 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 17:17:43
ラジオ体操おいらの町は6:30からだった!
当たり前だと思ってたが、中学に上がると、
7:00から組、カセットテープに取って8:00から組の方が多数派ってことに気付いた。


451 :大人になった名無しさん:2006/07/23(日) 23:40:32
花王愛の劇場「わが子よ」を見てから泳ぎに行っていました

452 :大人になった名無しさん:2006/07/25(火) 23:35:20
どうも最近の小学生はラジオ体操してないど。

453 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 00:25:51
このスレ見ながら少年時代を聞いてみて

涙でてくっから

454 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 01:17:46
>>453
なさにそれ聞きながらみてた
なんか色々な人に感謝の気持ち伝えたくなった
あの頃の思い出は昨日のように蘇ってくるけど
考えるともう二度と会わないだろう人がほとんどなんだよね・・・


455 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 01:34:35
7月は目一杯遊べた。
八月に入る。花火大会や夏祭りは最高に楽しかった。
その後、お盆を過ぎると休みの残り日数を数え始める。
だんだんと減っていく休みを数えては、何とも言えない寂しさに襲われていた八月下旬。


456 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 12:34:49
プールの休憩時間に友達突き落としたり、突き落とされたり。
で、みんなそろって監視員に怒られたりしなたぁ。

457 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 12:37:55
海で泳ぐといつも中耳炎になったなあ
毎年8月下旬は耳鼻科に通っていた

458 :大人になった名無しさん:2006/07/26(水) 14:29:20
みんな、いい話だなおい。・゚・(ノД`)・゚・。


459 :一組山本:2006/07/26(水) 17:57:19
7月は高校野球兵庫県大会、8月は甲子園球場で高校野球を観た。

460 :大人になった名無しさん:2006/07/28(金) 04:39:05
夏になると喘息の発作が酷くなったので、
7月下旬〜8月下旬までは喘息で死ぬほど苦しい思い出。
その後は宿題地獄だったので、楽しい思い出ないよ。・゚・(ノД`)・゚・。

461 :大人になった名無しさん:2006/07/29(土) 16:30:57
まだ梅雨が明けない@関東
早く夏になってくれ〜!!

462 :大人になった名無しさん:2006/07/29(土) 17:42:37
小学生の夏休みは楽しかった
ラジオ体操に行き帰りにセミの抜け殻を探す
帰宅して飯食って宿題を1ページやる
昼までアニメを見て飯食って友達と川に行く
途中で買ったジュースを川で冷やし魚をとる
泳いだ後はその場で魚を焼いて食べて帰る
ヒグラシの鳴き声を聞きながら自転車をこぐ帰り道
夕日は今より大きくて眩しかったような気がする
夕飯の後は昆虫採集でクワガタ探し
こんなに充実する一日はもう無いのかな…

463 :大人になった名無しさん:2006/07/29(土) 17:43:35
夏嫌いよ

464 :大人になった名無しさん:2006/07/29(土) 19:59:14
>>462
そうだよな…俺も同じような事してた。
今なんて、起きて、仕事いって、コンビニで弁当かって
2ちゃん見て、寝て…1年ループ…
腐ってるよ…

465 :大人になった名無しさん:2006/07/29(土) 20:06:31
小学生のとき
 学校行くときは、朝7時30分起床
 休みの日は朝5時30分起床・・・なぜだろう
現在
 会社行くとき 朝6時起床
 休みの日 昼頃起床・・・なぜだろう

466 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 00:36:01
あの夏は小学生の時の世の中の裏側や悩み事なんてなにも考えなんて良かったからあんなに楽しかったんだと思う
今あの頃に帰ったら絶対純粋に楽しめない

467 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 04:04:17
そうそう。楽しい事が待ってると早起きするよね。
釣りとかゴルフで早起きする人は、小学生のときと似た感覚なのかもね。

468 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 15:28:13
真夏の早朝は素晴らしい。
涼しくて静かで。
どこからか聞こえるポンプの音・・・
もう一度あの頃に戻りたい。

469 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 17:59:14
朝早いと迷惑だからって、親に10時まで友達の家に遊びに行っちゃ駄目と言われてた。
それまでに宿題済まして9時55分くらいから電話の前で待機。
10時になった瞬間に電話して「今から行くぜ!」って、駆け出したっけなあ。
毎日その繰り返しだった。


470 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 17:59:53
夏の朝は良いな
朝焼けで赤く染まる雲と、だんだんと増えていく蝉の声を聞いてると
あぁ、夏なんだなぁと思う

471 :大人になった名無しさん:2006/07/30(日) 18:01:49
>>469
で、すぐ昼飯になっちゃって、ひとまず午後にプール行く約束しながら別れたりな

472 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 12:59:13
ここを読んでたらなんか花火を観たくなってしまったので、行ってきました。
会場から5kmくらい離れてる所で観ましたが、見晴らしのよい場所だったので、
とても良く見えて満足しました。
素晴らしかったのは、太鼓や笛の音がどこからか聞こえてきたこと。
しかも2ヶ所。そのうち1ヶ所は練習だったようですが。
又、その場所は、ほぼ360度見渡せる程見晴らしの良いところなのですが、
小規模ながら、お目当ての花火大会の他に、4ヶ所で花火が上がってたのを
観られたのも良かったです。
音も聞こえない程遥か遠くの花火を、地平低く遠望するのもなかなかオツ
なものです。
太鼓や笛の音を聴きながら花火を観るという、素晴らしい時間を過ごすことが
出来ました。
有難うと言いたいです。
セピアじゃないのでsage

473 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 13:21:46
小学校の時、夏休みに学校で注文したグミみたいなの。
あれは何だったんだろう!ホントは一日一粒か二粒なのにあまりにも美味しいんで三日くらいでみんな食べてしまった。

懐かしい、食べたい。

474 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 13:23:25
>>473
肝油ドロップぞなもし。

475 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 13:30:47
474:さん
今でも手に入るのかな、、栄養補助剤だったんだよね、、ムチャうまかった思い出がある。
パパゼリ-?かママゼリーって名前だったような…

476 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 13:45:18
>>475
ドラッグストアに行ってみなさいよマツモトキヨシとか。
たいていあると思うよ。

477 :大人になった名無しさん:2006/07/31(月) 15:57:11
肝油は1日2粒までって注意されたなあ。
でもあまりにも美味しくって我慢できないかった。

小児科で帰りに薬もらう時に
看護婦さんが一粒くれたなあ。
これが楽しみだった。



478 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 00:47:37
夏ってなんだかムラムラしないか?
近所の本屋でセクシーアクション読んでムラムラが
抑えきれなくなって自転車ですれ違いざまに胸揉んで
逃げたりしたなぁ。あの頃は暇さえあればオナニー
ばかりしてた。

479 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 10:59:16
異常犯罪集団梶~×フ×ッセさん
どっかの盗聴事件なんて貴君らのやってる事に比べれば
かわいいものですよね?
特にこれからの季節はひどいですね。暇なんですか?


480 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 13:51:54
小学校の時、ラジオ体操に遅刻したくなくて眠れなかった夜。懐かしいなぁ〜

481 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 18:06:45
夏休みか〜
友達と虫取りいったり近所の海水浴場で泳ぎまくったり楽しかったな〜・・・
あの頃は何もかもが新鮮で小さなことに感動したり、些細なことで喧嘩したり・・
とにかく何もかもが楽しかった

いまでは都会で腐った生活送ってる自分がいるよorz


482 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 18:15:11
このスレ読んでると
少年時代 が聞こえくる

483 :大人になった名無しさん:2006/08/01(火) 21:55:40
夏の夜、友達とクワガタを捕りに行って目的の木に近くなると早歩きになる彼、俺も負けじと早歩き(`へ´)しまいには二人で超ダッシュ。夏も終わりに近くなる頃には(もしあの木にミヤマがいたら俺のだよ!)とか言って予約制になった

484 :大人になった名無しさん:2006/08/03(木) 00:24:02
夏休みも好きなんだが8月入ったらもうすぐ休みが終わる気がしてちょっとせつなかったな
俺はそれより7月の10日〜21日くらいの夏休みが近づいてきて昼下校とかたまにある
時が一番好きだった。みんなテンションあがってる時だな!!
そして終業式が終わると5.6人で友達の家に押し入り徹夜でとりあえず宿題を完成させるんだよな


485 :大人になった名無しさん:2006/08/03(木) 01:45:36
>>484
えらいね。俺なんか夏休みの最終日に全部やるどころか、
9月の最後の方まで引き伸ばしてたよw俺バカスw

486 :大人になった名無しさん:2006/08/03(木) 09:50:38
>>485
分担してそれぞれのを写すんだよ。二日もあれば終わる。

何故か、お盆を過ぎると寂寥感に襲われるんだよな。

487 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 08:58:35
>>486
その手があったか! 考えつきもしなかったよ。
でも484の気持ちすっげえわかる。
そうだよね、夏休みもいいけど、その直前のほうが
みんなハイテンションだったかも。

488 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 09:19:59
夏祭りの音頭 私のBEST5

東京音頭
炭坑節
大東京音頭
二十一世紀音頭
地球侵略音頭

489 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 09:33:38
ハア〜♪
ドラリ ドラリの
ドラえもん 音頭〜♪

490 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 21:29:03
うちの親戚は、お盆に祖父母の家に集まるのが恒例だ。

あれは、忘れもしない中三の夏休み。
皆は海に出掛けたが、俺は風邪気味の為留守番をしていた。

ウトウトしてふと目を覚ますと、目の前に2歳年上のいとこ、
恵理が素っ裸で立っていた。
俺は、現実なのか夢なのか分らず、しばらくボーッと見ていた。
「あ、起きちゃった?カズくんのあっちのほうも起きてるみたいよ?」
見ると、俺のチンポはギンギンに勃起していて、トランクスから
はみ出しそうになっていた。
恵理はいきなりトランクスを剥ぎ取り、チンポを手でしごき始めた。
「ちょ・・な・・何を・・」
俺はようやく事態を飲み込んだ。
驚きのあまり恵理を突き飛ばそうとしたが、産まれて初めての手コキ
の気持ち良さと、恵理の裸に大興奮し、
「あふぁっ!ふぇふぁあああぁ〜っ!!」
と、腰を突き上げ、情けない声を発していきなり果ててしまった。
俺の若さ溢れるザーメンは、恵理の顔や胸に大量に飛んだ。
「うふっ、かわいい!」
恵理はそれを愛しそうに指に取り、丁寧に舐めた。

491 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 21:30:41
初めての快感に放心状態だった。
それに、目の前の光景が余りにも刺激的で・・・
恵理は当時高二。華奢で色白で、可愛かった。
細いのに胸はDカップ位ありそうだった。
俺は少し憧れていた。

恵理は悪戯っぽく笑いながら、今度はチンポにしゃぶりついて来た。
「チュバッ チュボッ クチュッ クチュッ 」
あぁ・・・これがフェラチオか・・生暖かい・・・ううっ、気持ち良い・・・
俺のチンポはみるみるうちに復活した。
「ねぇ、あたしのも舐めて」
恵理は俺の顔に尻を近づけてきた。69だ。

492 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 21:32:20
初めて見るマムコ・・・土手の毛は綺麗に処理されていて、中が
丸見えだ。AVのモザイク越しで見るより色はピンク色で綺麗だ。
いざとなると、どこをどう舐めて良いか分らず、一瞬戸惑ったが、
興奮も手伝って無茶苦茶にむしゃぶりついた。
「あぁ・・・ん・・気持ち良い・・・」
俺の唾液とは違う透明でトロッとした液が溢れてきた。
クリトリスも心なしか大きくなってきた。
マムコ全体が赤くなり、ぽってりしてくる。甘酸っぱい匂いがする。
「カズくん・・・カズくんの・・入れて・・・」
息が荒くなった恵理が、熱っぽい目で見ている。

493 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 21:33:39
俺は荒っぽく恵理をひっくり返し、チンポを強引にねじ込んだ。
2、3回マムコに当てて、ニュルッと入った。
これが俺の初体験だ・・・あぁ・・熱い・・すっごい締まる・・・

初めてのマムコの感触に感動した。
夢中で腰を振りまくった。
「あふぅ・・ひゃぁ・・ひぃぃ・・・」
気が付いたら、快感でまた女みたいな情けない声を出していた。
俺に組み敷かれて、恵理が苦しそうにしている。
肌がピンク色に染まっている。
俺にはもうそんな事お構いなしだった。
「あんっ・・あぁ・・カズくん、恵理・・もう・・イキそうだよ・・」
2・3分後、恵理のマムコが更に締め付けてきた。
「くわっ・・うぅ・・締まる・・俺ももうダメ・・イクッ!!」
俺は仰け反りながら、恵理の中に大量のザーメンを流し込んだ。


494 :大人になった名無しさん:2006/08/04(金) 21:39:22
セックスだ・・・セックスしてしまった・・・
なんて気持ちが良いんだろう・・・
チンポが愛液まみれでテカテカしてるなんて・・

終わってから、冷静になったのか、急にドキドキしてきて恥ずかしくなった。
そそくさとブリーフを穿いて、何故か正座をした。
恵理もなんだか恥ずかしそうにしている。
「な・・なんで裸で立ってたの?」
おずおずと聞いてみた。
「ん〜・・・忘れ物取りに来たらカズくんが寝てて、アソコが立ってたから
いたずらしてみたくなった・・・初めてだった?」
「うん・・すっごく気持ち良かった。」
「じゃ、またしようね!」
と言って、恵理はバタバタと部屋を出て行った。

その日から5日間の間に、俺達は親の目を盗んで納戸や裏庭の木の陰
で猿の様にヤリまくった。
その年から、俺が大学生になって親元を離れるまで毎年恵理と
会う度にヤッた。

今年の7月、恵理の結婚式に行った。
俺が25歳、恵理は27歳になった。
記念写真の撮影の後、
「カズくんが中三の時の夏から、毎年楽しかったね〜」
と言われた時は心底ヒヤヒヤした。

495 :大人になった名無しさん:2006/08/05(土) 00:42:48
仕事の人間関係とかまったく気にしないでよかったあの頃に戻りたい・・・

496 :大人になった名無しさん:2006/08/05(土) 01:17:01
めちゃんこ めちゃんこ めちゃんこ〜♪
アラレ音頭で
んちゃ ちゃっ ちゃ〜♪

497 :大人になった名無しさん:2006/08/05(土) 17:35:38
近所の神社で夏祭り。
必ず裏の森の中でカップルがアオ姦するので、
中1のときに友達3人と観察会を開いたら、
やっているのは友人の姉(高1)と近くのコンビニの
店員で気まずい思いをしたが、最後まで見届けた。


498 :大人になった名無しさん:2006/08/06(日) 00:33:55
中1のときに短大に通うために近くのワンルームに住むようになった
可愛らしいお姉さんがいて、密かに憧れていた。
夏休みなのに帰省せずにワンルームにいて、アルバイトでコンビニの店員を
やっていた。そのお姉さんの部屋のベランダにかなりHな雰囲気の下着が干して
あったので、暫く見とれていたら、警察官に職務質問を受けてしまった。
下着ドロボウが頻出しているとかで、お姉さんも被害に遭ったらしく、罠を仕掛ける
ために派手なH下着を干していたというように説明を受けた。
それがきっかけでお姉さんと顔見知りになれ、バイトが休みの日に海に連れていってもらい、
お姉さんの水着を拝めたことがサイコーの思い出。
お姉さんとはそれからも交流があって、秋は植物園に連れていってもらい、冬は友達2人にお姉さんの
友達を加えてクリスマスパーティーまでやった。
でも翌春、お姉さんに彼氏ができた。お姉さんは以前と変わらずに声をかけてくれたが、
なんとなく悪い気がしたし、邪魔になるだろうと思い、俺から遠ざかった。
その秋にお姉さんがファミレスで彼氏らしき男性と会っているのを偶然みた。
お姉さんは泣いていたので、俺は前後の見境もなくファミレスに踏み込んで、
相手の男性に「なぜ泣かすんだ!」というなりパンチを見舞った。
それで騒ぎになってしまい、俺は下着ドロボウを捜査していた警察官に絞られたが、
殴った男性が怪我もなく、穏便にすませて欲しいと言ってくれたので学校に知られずに
済んだ。俺はその男性に謝ったけど、お姉さんを泣かせたことが許せなかった。
数日後にお姉さんがわざわざ中学校の校門で待っていてくれ、歩きながら泣いていた理由は
別れ話だったこと、もう彼(社会人1年生だったそうだ)とは別れたことを話してくれた。
では俺はどうしたかというと何も出来なかった。14歳のガキと20歳の女性に何が起きるはずも
ない。
お姉さんとの交流は復活してまたクリスマスパーティーをやったりしたが、俺にとっては将来
の展望のない恋だった。


499 :498:2006/08/06(日) 00:36:03
お姉さんは都市銀行に就職して社会人となり、俺は中3になって受験を前にする身となった。
お互いの住む世界が変わり、交流も自然消滅した。顔を合わせる機会すらないままに高1の夏
になった。
その夏、俺はクラスメイト7人(男3、女4)と海に出かけた。クラスメイトにはなかなかのナイス
バディの子もいて、俺たちはゴックン状態だった。
そこでなんとお姉さんと再会した。会社の同僚(女性2人)と遊びに来ていたのだ。
俺は勝手にお姉さんに憧れていただけなのに、女の子と一緒のところを見られて悪いことをしているような
気がした。
お姉さんは俺が高校に合格したことを喜んでくれ、なぜ知らせてくれなかったのか、と
責めた。俺はひとこともなかった。
その日、俺のクラスメイトとお姉さんのグループの帰り道が一緒になり、最後は俺とお姉さんの2人になった。
「しっかり勉強してね」というお姉さんに「ハイ」と素直に頷くと、合格祝いだと言って額にキスしてくれた。
俺はそれまで女性とキスなどしたことがなかったので、顔を紅潮するのがわかり、恥ずかしかった。
ただ俺はその時は特に意味のない、単なるお祝いだと思っていた。
それからお姉さんと会う機会はまたなくなった。
翌春、俺は街中でばったりお姉さんに会った。OLらしいといえばそうだが、化粧が濃い感じがして、
気づかないふりをしようと思ったが、声をかけられ、一緒に喫茶店に入った。
大人の女性らしさがあふれているお姉さんになぜか俺は嫌悪感があった。それで、その日は気分よく会話
ができなかった。
それから1年、お姉さんと次に会ったのは高3になった春だった。俺は受験校を決めて結構マジに勉強を
し始めていた。学校の雰囲気も受験モードだった。そういう中でであったお姉さんは休日だったためか、
薄化粧で以前と変わらない雰囲気だった。俺はお姉さんに招かれるままに久しぶりにお姉さんの部屋に行った。
中2の時のクリスマスパーティ以来だ。お姉さんはココアを入れてくれ(俺がココア好きだということを覚えて
くれていた)、受験については「何も手伝えないけど応援してるから」といい、「私が行った学校は大した学校じゃ
ないけど、受験の時に使って合格した鉛筆よ」と2本の鉛筆をくれた。
実は俺にはその頃つきあっている彼女がいた。自分でも彼女にお姉さんの面影を求めているのがわかっていて、彼女
に会うといつも心の中にかすかな罪悪感があった。彼女と初めてキスした高2の冬、俺はお姉さんとキスしている気分
だったのだ。
その日は鉛筆をもらっただけで、それから暫くお姉さんと顔を合わせることは無かった。
志望校に合格した日に俺はお姉さんにお礼を言いに出かけた。夜の8時なら帰っているだろうと思ったが、お姉さんはまだ
帰宅していなかったので、部屋の前で待つことにした。それから2時間、10時過ぎにお姉さんが帰ってきた。
お姉さんは疲労困憊という表情だったが、俺の合格を訊くと手をとって喜んでくれ、部屋で熱いココアを淹れてくれた。
大学生になった俺はキャンパスライフ満喫し、時折お姉さんとも会ったが、それはたまたま会ったというだけで、
大学に入って出来た彼女ともうまくいっていた。しかし、その彼女にも俺はお姉さんの面影を求めていた。
彼女とは初めてのセックスを共にしたが、その最中に心の中で呼んだ名前はなんとお姉さんだった。
クリスマスを彼女と一緒に過ごすことなく、終わりがきてしまった。俺は一人でクリスマスイブを迎えるのが悔しかったけど、
お姉さんも彼氏と過ごしているだろうと思って、お姉さんの部屋に行くようなことはしなかった。
年が改まり、俺は冬休みをヒマに過ごしていた。フラフラと散歩しているとお姉さんと久々に会った。
お姉さんは25歳になっていた。19歳と25歳、なぜか違和感がなく、話が弾んだ。
俺は過去につきあった女性に常にお姉さんの面影を求めたことを告白してしまった。
お姉さんは俯いていた。
「6歳も上の女性に憧れても、現実につきあったりはしない方がいい」こと。
なぜなら「必ず私(お姉さん)があなた(俺)を子供っぽく感じることがある」し、
「あなた(俺)が私(お姉さん)のような年上を相手にしていると、疎ましく感じるはず」だから
というのだ。
その日は何となく気まずくなってしまった。
それから半年後の夏、ついに新たな展開があった。
つづく

500 :498:2006/08/06(日) 03:16:23
俺は夏休みのバイトで塾の講師をしていた。その日は夜の中3の英語クラスを
教え、職場を出たのが9時30分過ぎだった。また久々にお姉さんと会った。
お姉さんは浴衣姿で、オレはそういう姿を見たのは初めてでドキドキした。
控えめに見てもお姉さんは凛とした美しさがあり、モテそうだったが、そういう質問を
すると答に傷つきそうな気がして、俺は怖くて訊けなかった。
丁度花火大会の帰りということで、考えてみれば俺は花火大会にも行かずに塾で英語を
教えていたわけだった。
お姉さんは「寂しい過ごし方ね」と俺を笑った。もしかすると彼氏と行ったのかな、と思ったが、
そうであれば今も一緒にいるだろうし、十中八九女性同士で出かけたのだとにらんだら、その通りだった。
俺とお姉さんはブラブラと散歩して帰路についた。お姉さんのワンルームマンションの前で、「じゃあ、また」
と別れようとしたとき「また、っていつ?」とお姉さんが訊いてきた。
「えっ?」俺は詰まってしまい答えられなかった。お姉さんの質問の意味がいまひとつわからなかったのだ。
「いつか会った時・・・かな」
「ふうん、そう」
「そう」
「じゃ、お別れの印ね」と頬にキスされた。
俺ももう初心なボクじゃなかったので、いきなりお姉さんを抱き締めて唇を重ねた。
お姉さんは抵抗しなかった。
それからは時々二人で待ち合わせて会うようになった。
お姉さんの部屋にも出入りしたけど、最後の一線を越えることは無かった。
こうして大学2年生の夏は過ぎた。
大学3年になっても同じような状態が続いていた。俺は同じ大学の女子学生や
サークルで一緒に活動している短大生とかには興味をそそられることはなくなり、
お姉さんだけを想っていたけど、お姉さんの本心はわからないままだった。
「好きよ」とは言ってくれるものの、関係を持つことも無く、ただ一緒の時間を
緩い流れで過ごすことが多く、20歳の俺は苛立ったが、お姉さんへの愛は本物で、
女性との関係をもつこともなく週に2回くらいお姉さんの部屋で数時間を共に
過ごすことを繰り返した。
今考えれば我慢強かったと思う。そして20歳の夏を迎えた。お姉さんと知り合った
中1の夏から9年目、俺はもうすぐ21歳だ。お姉さんは27歳になる。
その日は俺は夏休み、お姉さんは休暇という平日で、二人でのんびりしていた。
俺の両親は俺が中学生の頃に短大生と親しかったことは知っていたが、まさか今まで
つきあいが続いているとは思っていないはずだった。
だが知っていた。お姉さんの部屋から帰ると母が「感心するわ」と言うのである。
俺がずっとお姉さんを想い続けていることを指してだ。「あんたは辛抱が足りないけど、
このことだけは本気だったわね」「当時も感じのいいお嬢さんだったけど、今も綺麗ね」
いったいいつ会ったのだろう?「本当に好きなら男らしく決めてきなさい!」いったい
何を決めるんだろう?
俺は母に訊いた。「ちょくちょく会ってたわよ。中学生のあんたが下着ドロボーに間違われて
申し訳ないということで謝りに来たのが最初。感じのいいお嬢さんだったから私は、ああこう
いう人があんたのお嫁さんだったらいいなって」「?」「海に連れて行ってもらった日に忘れ物
をしたでしょう?届けに来てくださったのよ」「知らなかった」「中3のときにもあんたがココアが
好きだから受験勉強のときに飲ませてあげて欲しいと言って上等のココアを持ってきてくださったり」
「全く知らなかった」「言わないでって言われてたからね」「あんたが高校に入ってからは暫く会わなか
ったけど、銀行に行ったらそこで会ってね」「なるほど」「あんたの様子を気にしてたよ」「・・・」
つづく


501 :498:2006/08/06(日) 03:23:32
「あんたが彼女だって連れてきた●実さん、◆理さん(=お姉さんです)に
よく似てた」「そうかな?」「そうよ、目元がそっくり。それで私はピンときたの
19歳のお嬢さんと12歳の子供にも恋愛は成立するんだって」「そのときはそういう気持ちじゃ
なかったと思うけど」「もうそんなのはいつからだっていいの。◆理さん、お見合いを何度も
断ってるのよ」「・・・」「あんたは気持ちを言葉でしっかり伝えたの?」
俺は走った。
つづく

502 :498:2006/08/06(日) 03:33:11
俺はその時まで俺の気持ちを正確な言葉でしっかりと伝えていなかった。
この夏休み、俺の最初で最後になる本気の告白。
絶対に忘れられない思い出になった。
俺は大学を卒業して損保会社に就職し、東京本社勤務だったので、そのまま
自宅から通い、その夏にお姉さんと結婚した。
お姉さんは退職し、最初は俺の収入だけで大丈夫かと心配だったが、お姉さんの
やりくりで貯蓄はあまり増えなかったが無事に暮らすことが出来た。
お姉さんのご両親は初めて会った時に6歳下という俺に「原辰徳か落合の奥さんが6歳上だった」
と言って笑っていた。最初からご両親の反対も無くスムーズに進んだ。
結婚から6年目の夏を迎え、俺は28歳、お姉さんは34歳だ。
お姉さんのことは初めて会った時以来お姉さんと呼んでいる。

503 :大人になった名無しさん:2006/08/06(日) 14:53:55

長文、うざい

504 :大人になった名無しさん:2006/08/06(日) 17:34:28
お姉さんは死にました

終わり

505 :大人になった名無しさん:2006/08/06(日) 17:36:14
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった。                   


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。 
信じるか信じないかはあなた次第です。



177 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>12>>13>>14>>15>>16>>17>>18>>19★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)