5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【五社】会社ともめた俳優【協定】

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/19(土) 22:29:33 ID:ctYWRsZ9
山本富士子とか石原裕次郎とか

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/19(土) 22:57:28 ID:EKlsNh+U
おまんこ女学院

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 00:51:37 ID:puJlD7uc
三國連太郎 南原伸二(宏治)

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 00:54:08 ID:CZkRk2KI
田宮二郎。


5 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 01:46:45 ID:7WpJFLWh
おいら

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 12:14:25 ID:7WpJFLWh
筧敏夫

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 13:08:55 ID:0U6fCZag
前田通子

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 13:54:37 ID:LTxuFBIC
<日活包囲網>
戦後、日活は映画製作を分離されそれをそっくり大映に移管され、
戦後暫くの間は配給会社としてのみ活動した。
本格的に映画製作を再開しようとした1953年頃、他社の監督、
俳優を引き抜く動きがあった。これを阻止しようと松竹・東宝・
大映・新東宝・東映の五社は対抗策をとり、大映の永田雅一の
提唱で俳優の引き抜き防止協定に調印した。
これが世にいう五社協定の始まりである。

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/20(日) 14:11:18 ID:8QfWno68
>>8
ところで、「五社協定」は本当にマイナスばかりだったのだろうか?
というのも、最近の「規制緩和」で、各業界で潰し合い・寡占化ばかりが起こっ
ている現状を見ると、産業保護政策としては有効だったとも言えるからだ。

一般に、経済成長期にはパイが拡大するので市場の開放・規制緩和は有効だが、
デフレ期にはパイが縮小するのでマイナスに働く。
もちろん、全体の経済の動きと平行した次元で、市場別のイノベーションや淘汰・合理化の
事情も異なるので(映画界においてはTV界との関係やビデオの登場か?)、
一概には言えないファクターが多くなるわけだが・・・。

このあたりを絡めての日本映画市場史の考察や全体的な産業論を誰か書いては
いないものでしょうかね? いかにも需要の無さそうな学問分野だし無理だろうなあ。
昔の映画雑誌を見ると、たまに労働現場としての撮影所のルポや、映画界とTV界の関係についての意外と
客観的な分析レポートが載っていて「へ〜」と思ったりはするけどね。
(ちなみに、撮影所ルポを書いていたのは佐藤忠男先生だったね)

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/22(火) 00:10:01 ID:H3R1kbyp
五社協定をドラフト制度に例える人もいるよね。
人材の一極集中を防止する意味で。五社協定には功罪あると思うんだ。
引き抜き合戦は戦前からあったそうだから永田が余計なことしなけりゃ
俳優はもっと自由だったはず。
大映なら雷蔵、勝新、日活なら旭、裕次郎、小百合、東映なら
錦之助、健さん、それぞれ会社の顔とも言うべきスターがいた。
でも似た顔ぶれで作り続けていればマンネリになるのは当然。
五社協定に風穴を開けた「黒部の太陽」の意義は大きい。

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/24(木) 21:32:00 ID:aNWKBc77
新東宝の前田道子はエロティックな役ばかりやらされたので嫌気がさして
辞めたいと申し出たが、新東宝は辞めさせてくれない。当然、他社の映画
に出ることもかなわない。ごねている内に干されてしまい、全然使ってく
れなくなった。仕方なく前田道子は台湾に渡り、そこで数本の映画に出演し
たがこれが鳴かず飛ばず。彼女はその後帰国して消えてしまった。

(前田道子の映画は見たことないので全て受け売り。)


12 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/30(水) 20:24:40 ID:28lcA+Bi
「黒部の太陽」にあたって三船と裕次郎は必ずしも一枚岩ではなかった
んだね。監督の人選は慎重に進められた。熊井啓は五本の企画を会社に
出したものの2年間監督していない。日活に対する不満もあって熊井は
この話に乗ることにする。監督が決まったものの会社の枠を超えて映画を
作るのは容易でない。熊井監督を借りるために日活撮影所長にかけ合うが
了解を得られない。それも想定の範囲内とばかり、強引に制作発表をぶち
上げた。策を労するのが嫌いな三船はだまし打ちのような石原プロに
多少反感をおぼえる。三船は正攻法で各社を説得したかったのだ。
つづきは次回に。

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 21:52:31 ID:+WMHSV0L
>>12
石原慎太郎や鶴田浩二からすれば、
三船のそういう態度がはチキンだと言うことになるんだが・・・

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 23:44:31 ID:TbzlP2Z9
石原や鶴田の三船への中傷を真に受けている奴がいるのか…。
石原や鶴田がどういう人間が知らないのか?

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 03:03:52 ID:cpteh/sg
>>13
鶴田の三船嫌いはガチ。本人も東宝を早いうちに去っているしね。


16 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/07(水) 00:59:20 ID:Or/pww8x
石原プロは楽観的というか、とにかく作っちまえというスタンスで
配給の件は棚上げにしていた。三船は自分のプロダクションで何度も
赤字を出してきたので会社側の協力を取りつける必要を感じ協議を
続けていた。「三船の奴、日和りやがって」という声も上がったが
裕次郎自身は三船に対する尊敬は全く揺るがなかった。
石原と熊井を出す日活と直接交渉するも堀社長の怒りは解けない。
熊井は内心、退職も覚悟していたがそれより先に解雇通告が送られてきた。
日活はもちろん、五社はどこも熊井を使わないという形だ。
3人は集まったが黙って酒を飲むだけ。やがて三船が口を開き
「こんな事になってすまない・・」と熊井に詫びた。しかし日活の
態度がはっきりした以上もう腹はきまった。「こうなったら世界中
のどこへでもフィルムをかついで売りに行こうじゃないか。」



17 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 11:34:56 ID:2Lt8wM9m
良スレあげ

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 14:04:31 ID:Gj2Rl6z4
黒澤明なんかはどんな立場にあったんだい?

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 21:31:18 ID:I/OA8Mqk
>>18
自分のことしか興味のない人です。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 22:00:11 ID:QZyBCxq4
裕次郎に泣きつかれた慎太郎が、
当時の東宝幹部を脅して、大映社長・日活社長を説得させたおかげで、
この企画が実現したと、現東京都都知事がかつて言ってたな。

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/09(金) 08:03:10 ID:8UmAzEcj
東宝幹部て誰か知らないけど、
当時の撮影所長の藤本真澄は、賛意の表明を早々に出したが、
六社(秘密)協定を守る立場である社長から言われて、グレーな意見に変えた経緯がある。
東宝は脅かされてどうこうするようなポジションじゃない。

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/09(金) 11:25:40 ID:7D+xdJKf
>>21
ということは、あの慎太郎の東宝恐喝発言は、
彼特有の誇張表現かw

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/09(金) 14:16:28 ID:/YNH/4OC
協定の犠牲者といえば新東邦の前田通子だろ。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/11(日) 01:45:28 ID:3j+QNajn
>>20
そういう援護射撃があっても不思議では無いね

黒部の太陽を企画するに当たって三船・石原は、関西電力・間組・
鹿島・熊谷組等、関連企業のバックアップを取り付けていた。ロケ協力
セット設営など有形無形の協力体制だ。さらに前売り券百万枚の協力という
密約があった。三船はこれを切り札に再度日活と交渉の席についた。
赤字続きの日活にとって前売百万枚は大きい。しかし五社協定の縛りが
あるので簡単には返事できない。紆余曲折あったが条件をのむ形で日活
は黒部の太陽配給を決めた。東宝もあと押しして三船は本数契約であり
支障がないかぎりは東宝以外の企画は自由との見解を示した。熊井の
解雇も撤回された。こうして黒部の太陽の撮影はスタートした。

皮肉なことに映画の衰退が五社協定を追い払ったのかも知れない。
東宝が俳優を解雇し、日活・大映が倒産するのはあと数年後のことである。

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/11(日) 05:11:35 ID:UUSFSNw9
今一番怖いのはジャニーズ事務所。

26 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/22(木) 01:35:32 ID:D7dbj564
五社協定からずれるけど・・

ボンドガールで成功した若林映子はその後悩みを抱えたみたい。
東宝にいたら特撮とアクションの繰り返し、おりしも海外からのオファー
もきている。どうしよう、と考えているうちに次の特撮映画が決まっていた。
まだ契約更新してないのに何で?と抗議したら「出ないなら契約を切る」
と言われて頭にきた。結局、フリーになったがもっとも旬な時に映画界を
去るとは・・・。

東宝てのは志村喬クラスも特撮で使い倒すかんな
女優も喜劇、アクションの賑やかし要員だしな。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/22(木) 01:49:04 ID:f6rDMNAb
あそこは監督も定番要員だからなあ。
あそこまで女優と監督を腐らせた会社も珍しいでしょ。

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/22(木) 02:10:33 ID:JLnqrKc4
特撮で使い倒すとは
特撮に対する差別的発言もいいとこだ。

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/22(木) 08:18:24 ID:mfoyiFcr
んだんだ、志村さんも近年、映画オタの間では名優とされてるが、
当時の庶民の間では三船の脇にいる人、ゴジラの博士、くらいでそ


30 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/22(木) 09:11:51 ID:G8pbRUs1
映画の歴史観の違いが大きい。
邦画五社全盛は「看板=顔」が存在した。がしかし放漫経営とワンマン
オーナーの存在で全てパー・・
「キングコング」なんて70年近くたっても未だにユニバーサルの顔だ!!
凄い事じゃないか。

31 :26:2005/12/23(金) 00:10:53 ID:Q6sKMawo
白状すると・・・
俺は特撮も黒澤も若大将も大好きだあ!

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/25(日) 00:07:47 ID:6H28L39e
>>29
志村喬は、黒沢作品には、欠かせない
野良犬、七人の侍、生きる 等々

これらも、近年か?
昔から評価されてるよ。

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/25(日) 22:08:08 ID:av7SlNob
祇園祭(松竹1968)中村錦之助、岩下志麻、三船敏郎、高倉健
御用金(東宝1969)丹波哲郎、仲代達矢、中村錦之助、浅丘ルリ子
待ち伏せ(東宝1970)三船敏郎、石原裕次郎、勝新太郎、中村錦之助、
浅丘ルリ子

邦画没落ならではの顔合わせ


34 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/26(月) 03:24:44 ID:Ks8IPuuw
没落したから、その顔合わせが実現したわけじゃないぞ。
六社協定は法的にも問題が多すぎるから、強行するわけにいかなくなった。
俳優独立プロの勇気のおかげで。

大映没落とは直接関係がある。大野伴睦、河野一郎への献金が止るから、
政治からの六社協定へのサポートがなくなっていった。

「祇園祭」には大映専属は一人も出てないはず。

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/31(火) 00:27:01 ID:H57VfR9L
日活の「勝利者」は三橋達也主演で進められたが出来上がったら裕次郎
主演になっていた。裕次郎をプッシュしたい日活としたら当然なのだが
ポッと出の裕次郎に主役を奪われた三橋のプライドは激しく傷ついた。
焦った三橋は今度こそ主演映画をと考える。プロデューサーが持ちこんだ
企画に出ようとしたが実は堀社長を通っておらずますます苦しい立場になる。
三橋は居場所がなくなり移籍せざるをえない状況に。

36 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/31(火) 02:55:48 ID:jgAuNMbF
西河だったかが、日活はその辺が非常にドライで、
クランクイン直前の映画でもあっさり主役変更するって言っていたな。
松竹と違って「実社会」って感じがした、という表現を使っていた。

日活快進撃はその決断によるんだろうけど、
五社協定で古い映画俳優使うわけに行かなかったから、
そういう自由も持てたんだろうね。

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/02(木) 02:48:01 ID:l53UGgFM
結果的に三橋の東宝移籍は正解だったんじゃないか。
ヤング路線の日活にいても出番なかったと思うし移籍のおかげで
黒澤とも出会えたんだし。

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/02(木) 06:45:12 ID:GNbIp1vf
小林桂樹は藤本真澄とケンカして一時期
製作を再開したばかりの日活に出てた

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/02(木) 08:44:17 ID:KxmCncWC
>>38
出ることにしたら喧嘩になったというのが事実らしい。

小林桂樹はもともと日活入社で大映合併、藤本に引き抜かれ東宝。

「お前今度日活出るというのは本当か?」
「はあ、みんながやれと言うから、(元々日活の人だから)
チャンスがあったらやらしてもらおうかと思っています。」
「お前、日活に出たら五社はもう使わんよ」
「あ、そうですか、では五社やめますわ、東宝やめますわ」
藤本の顔が下から赤くなって次に上から青くなったとか。

一年後に会社員ものに必要になって呼び戻される。
ちなみにいつも喧嘩していたらしい。

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 21:56:08 ID:pjEpgAmL
ダイニチ映配誕生当初に干されていたのが、
大映は松方弘樹…3月の「あぶく銭」以降は何故か干されて、
12月の「皆殺しのスキャット」で復帰するも退社。
翌春古巣の東映に復帰。
日活は渡哲也……1月の「やくざの横顔」以降は何故か干されて、
3月の「斬り込み」は主役だけど出番少なし、
裕次郎の仲介で会社と和解し、8月の「スパルタ教育」で復帰。
以後「ケリをつけろ」「新宿アウトロー」「関東シリーズ」に出
演後、日活がダイニチ離脱→製作中止→ロマンポルノ路線となり
71年末退社。

干された原因は何だったのか?

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 23:04:20 ID:hiKwMS2a
>>40
雷蔵死去によって主演者不在になった大映。急遽ラッパがチミィ〜に嘆願して
松方を借り出し・・峰岸隆之介(徹)・吉右衛門等の主演映画を製作。
しかし大映本体も揺らぐ時期で興行的にも大惨敗。
雷蔵企画作品に主演した松方も持ち味発揮されないまま・・古巣へ。
渡は舛田監督抱き合わせで東映から猛烈アプローチ。
しかし堀日活社長にバレテ裕次郎の仲介で一件落着したが日活も
大映同様本体そのものが揺らいで「ダイニチ映配」を共に立ち上げたが
所詮「焼け石に水」だった。
この2社と対極だったのが任侠路線黄金期の東映。
「主演スター」を喉から手が出るほど欲しかった。ダイニチ衰退後
大映・日活俳優陣がテレビへ 又人気スターは他社出演へ



42 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 19:52:05 ID:BODq4KhY
>41
概要は判ったけど…
渡はともかくとして、
松方が何で半年以上も干されていたのか?。
そこが知りたいんでしょ?。
「給料遅配」「話しが違う」「東映に戻りたい」
とか、そういう話を教えてやれよ。

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/25(土) 14:51:59 ID:I3Y23J7s
 池玲子は香港映画に売られて陰部丸出しで撮影された。

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 17:39:09 ID:BciGPMwj
>松方が何で半年以上も干されていたのか?。

ピント 主演映画の客入り。
ガラガラが原因では。

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 20:28:52 ID:mk1iuZZP
当時はちょっと不調だと、
簡単にスター、主要キャスト、スタッフのクビ飛ばされていた。
覚えがめでたくないと駄目。

松竹も'70に渡哲也、高橋秀樹、田宮二郎を招き入れたけど、
すぐに客入り不振を理由に(実際には城戸、山田ラインの巻き返し)、切られた。

移籍の自由を制限したり、社内事情で切り捨てたり、
調子良い時代も、調子悪い時代もやりたい放題だよな。

アメリカが制作と配給の直結は、独禁法違反としたのも頷ける。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)