5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生誕百年】成瀬巳喜男 3【日常性の美学】

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 15:43:10 ID:Ez2pm4zT
前スレ
【生誕百年】成瀬巳喜男2【草葉の陰からウフフ】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1118862376/l50

生誕百年祭も追い込みです。

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 19:18:33 ID:SMVNLTZA
>>1
おつかれさま。

ガキにはわからない世界だね。俺の彼女に見せても
「愚痴こぼしてるだけじゃん」と言われたさ。

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 13:16:41 ID:Ml/v4eMM
>>1

おかあさんの話は誉めるにしても貶すにしてもしばらくやめたほうがよさそうだな

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 14:27:13 ID:W5E6TJch
やっぱり「おかあさん」が一番好きかな

5 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 20:44:01 ID:cHtTZeeV
捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜ののおじさん捕虜のおじさん
捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜ののおじさん捕虜のおじさん
捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜ののおじさん捕虜のおじさん
捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜ののおじさん捕虜のおじさん
捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜のおじさん捕虜ののおじさん捕虜のおじさん

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:12:58 ID:7cDF+UHf
成瀬巳喜男の回顧展、北米巡回中
http://mytown.asahi.com/usa/news01.asp?kiji=8642

スーザン・ソンタグといえば、「浮雲」と「女が階段を上るとき」を好きな作品としてあげていたことがあった。

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:13:35 ID:7cDF+UHf
http://www.filmforum.org/films/naruse.html

これも一応。

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:19:45 ID:Ml/v4eMM
>>6
ttp://www.realtokyo.co.jp/japanese/cities/0020-kurosawa.htm

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:25:12 ID:W5E6TJch
終わっているけどこれも。
成瀬巳喜男 その、まなざし
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/naruse/
生誕100年 映画監督 成瀬巳喜男
http://www.setabun.or.jp/filmfes6th.htm

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:35:12 ID:7cDF+UHf
>>8
どうも。
そこで断念した作品が、第二段で上映されたわけですね。
「女が階段を上るとき」のほうもそちらにはいっています。
http://mytown.asahi.com/usa/news01.asp?c=14&kiji=295

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 22:07:09 ID:LafU/9y3
707ch
娘・妻・母
2005年12月12日(月) 17:45
2005年12月15日(木) 07:00
2005年12月25日(日) 24:20
2005年12月28日(水) 10:00

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 00:08:21 ID:k0El4Awz
成瀬ファンサイトの管理人氏がワイズ出版から本を出すと前々から予告してるけど、
いったいいつになったら出るの。このままじゃ、生誕101年記念になっちゃうよー。

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 02:23:29 ID:xbSnCyV6
「四月の雪」って「乱れ雲」を彷彿とさせるね。きめの細かい描写を積み重ねるやりかたも、静かなたたずまいも、成瀬を思わせるものがあった。
二本とも絶対ありえない設定でこれだけのリアリティをだせるのだから、成瀬はもちろんのこと韓国の監督も相当な力があるんだろうな。

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 03:17:06 ID:cgxqRByt
やはり交通事故ネタで、デンマーク映画の「しあわせな孤独」というのがあったなあ。

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/17(木) 22:37:24 ID:NUzpbV4I
「浮雲」しか観たことのないビギナーですが
これだけは観たほうがいいという作品はありますか?

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/17(木) 22:39:31 ID:sWabJPDX
「おかあさん」

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/17(木) 22:44:12 ID:hdNkpFiM
「流れる」

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 02:35:19 ID:FtKSAw7a
「ひき逃げ」

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 10:49:51 ID:BjIcO3h6
乱れ雲

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 10:50:58 ID:SNCRlMjs
晩菊だな

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 11:40:27 ID:TPI6wF7/
「稲妻」だべ

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 12:24:44 ID:JvYMvFLa
あと「めし」

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/18(金) 16:24:13 ID:ry47fcQc
たいていの初心者が『浮雲』から観てしまうと思うのですが、
ミキオの世界をさらに知るためには、

『めし』
『流れる』
『女が階段を上る時』

を併せてご覧になることをお薦めします。
これで楽しめれば、他のどの作品を観ても大丈夫なはず。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/19(土) 01:43:18 ID:1/xtVz7C
『女が階段を上る時』
『流れる』
『めし』

の順で。




25 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/21(月) 10:19:34 ID:/cP5ZcW9
「秋立ちぬ」を初めて観たけど小粒ながらも実に良い作品だね。
夏から秋へ、暑さと肌寒さの両方の空気が心に響いて伝わって
来るのはすごい。

醤油味の映画が好みなら「秋立ちぬ」をすすめます。

26 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/23(水) 16:58:37 ID:jyXNTuEj
「乱れる」で浜三枝が森田屋で吐き捨てたガムはきちんと処理されたのか
気になってしょうがないです。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/23(水) 18:15:43 ID:zLs6aVH7
私も気になりました
前半みんなが口に詰め込んだ卵の処理も気になります

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/23(水) 21:56:42 ID:nTsN8Mk3
「娘・妻・母」ってタイトルだけ見ると80年代に濫造された駄目アイドル映画みたいだw

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/25(金) 13:15:25 ID:xppa6T1H
「乱れる」
最初。スーパーを敵対視してた加山が、みずからスーパーを経営?
自殺者まででてる商店街にさらにスーパーができたら、さらなる犠牲者が…
他の商店主からは白い目でみられるし、そもそも批判していた人間の豹変
ぶりにあきれかえる。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/25(金) 15:36:54 ID:o1aTBeBL
常に義姉側に立っている。
スーパー批判も、スーパー経営も。
近所のことなんかしらん。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/25(金) 16:48:34 ID:xppa6T1H
>近所のことなんかしらん。
そうなんだよね。
そして加山がそこまで義姉へ恋こがれているというのに、その義姉も義姉で、
「私だって女よ」と意味深な事いって温泉宿に誘っておきながらの拒絶、こ
りゃ生殺しもいいところで、加山の心中察するに余りありだな。

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/25(金) 17:11:20 ID:q06ZW66d
まぁ、凸タンをそう悪く言うな。

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/25(金) 17:13:43 ID:4R4npBSp
>>28
そんなアイドル映画、あったかねえ。

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/28(月) 06:36:53 ID:HSRmWAGi
>>29
そこをあげつらうのは、野暮というものじゃないかな・・・
仲のいい個人商店主たちも、自らのスーパーの中に取り込んで、ライバルスーパーと対抗していこうという構想だったのでは?
と考えておけば無難じゃない?

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/28(月) 16:19:21 ID:8ALfWPDa
>>28

どっちかというと、
70年代に久世光彦と向田邦子、
もしくは80年代に石井ふく子と橋田すが子
が作ったドラマみたいだ。


36 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/30(水) 10:48:00 ID:kWGBobCy
生誕百年も終わりに近づきましたね

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/30(水) 17:40:15 ID:I+JW1hXW
祭りでこんなにスレが伸びなくてどーするの?

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/01(木) 08:57:14 ID:6I7Q4cSb
べつにどないもせえへん。

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 00:55:48 ID:EZrYinr9
1月にほとんど成瀬再放送するんだね。BS。
でも成瀬入門(あの5分くらいの)はないのかな。

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 03:41:05 ID:1VkwzQz3
やっぱりするんですね。小津の時もあったよね。

というわけでまた盛り上がることを期待しよう。

41 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 08:55:11 ID:9djP2cH3
うわ〜再放送ありがとう。
見逃した作品が少しあったので今度こそ録画保存する。

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 11:36:57 ID:lhqWrMPp
全く同じ内容ならやめてほしい。

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 12:37:13 ID:ShOSSZhT
>>42
だよな。
「乱れる」ハッピーエンド・バージョンとかやってほしい。

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 14:00:55 ID:WRzmLw22
「乱れる」はどうなれば、ハッピーエンドなのかと考えてしまった。
二人が愛しあうようになってもそれはそれできついものがある。

それにしても変な脚本だよな。
前半でいろんな要素が出て来るけど、ほとんどおきざりにされる。
要は、凸タソがあの家を出ざるをえなくなるのが必要だっただけ。

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 18:11:16 ID:ohMcxSLg
自分にとっては、成瀬映画の象徴は中北千枝子さん。
あらためてまして合掌。

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 22:40:45 ID:zKxKg0zl
>>44
「乱れる」の元になったTVドラマは義姉が帰ろうとするところで終わり。
つけ足した方が完全にメインになってしまった。
善三の脚本は正直な話、ちょっと変。

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/02(金) 22:42:15 ID:zKxKg0zl
>>45
「流れる」「稲妻」「山の音」の負のオーラは凄まじいものがあるね。
見るに耐えない女…

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 06:54:47 ID:O+gN4Pcr
「乱れ雲」も二人でラホールに行く結果になるわけかw
これはこれでハッピーエンドとはいえないだろうが

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 07:00:28 ID:2G66rVjg
>>46
>「乱れる」の元になったTVドラマ

そのドラマってどんな作品?

>>48
あれはラホールに行っちゃまずいでしょ。

50 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 07:26:16 ID:cusZjAyS
それよか「ひき逃げ」やってくれよ〜。
あれで、寝呆けた成瀬オタの脳天をガツーン!とやって欲しいw

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 10:13:54 ID:knHDrbzh
「女の座」を見て、こりゃ「渡る世間」のネタか?、ピン子に凸たんの役回りを振るとはすごいな、とかつらつら考えていたが、
調べてみたら「渡る世間」の第一クールに杉村先生が出ていたとは知らなんだ。
どんな役でどんな演技をしていたんだろ。

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 13:52:51 ID:Qleq1/eh
「おかあさん」は前放送しなかったんじゃない?

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 15:01:44 ID:m/Ru/Sva
1月23日(月) 後8:03〜9:42 「おかあさん」

54 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/03(土) 18:53:19 ID:Q8+uomST
福岡市近郊の方は逝ってみんしゃい。3月に第二部もやるそうでつ。
http://www.cinela.com/schedule/

55 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/04(日) 01:15:01 ID:pHY9jVyp
>>54
> 流れる/噂の娘/妻よ薔薇のやうに/まごゝろ/三十三間堂通し矢物語/めし/
> 稲妻/山の音/晩菊/浮雲/あらくれ/女が階段を上る時/乱れる/乱れ雲/

いいセレクションだね。全部見て問題なし。

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/04(日) 01:34:07 ID:zCJymGLS
>>52
した。

57 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/04(日) 01:43:49 ID:RR4axImI
707ch 娘・妻・母

2005年12月12日(月) 17:45
2005年12月15日(木) 07:00
2005年12月25日(日) 24:20
2005年12月28日(水) 10:00

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/04(日) 10:42:06 ID:cnQ/ctcV
>>54
先月そこで千葉泰樹監督の香港シリーズが特集で上映されて、主演だった宝田明が
ゲストで来た。成瀬特集が来月あるということでその関連の話もして、
「高峰秀子さんは殺したいほど憎たらしかったけど、でもとにかく芝居が上手い。
とても敵わなかった。大女優だった」と言っていた。
来年3月の成瀬特集第2弾の時もゲストでまた来て色々話したいと言って帰っていった。

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 19:28:19 ID:o+bwoGVX
>高峰秀子さんは殺したいほど憎たらしかったけど、でもとにかく芝居が上手い。
>とても敵わなかった。大女優だった

放浪記の場面とダブってしまうような話だね。
宝田明は健康を害しているときいたが、大丈夫なんだろうか?


60 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/06(火) 05:45:40 ID:EDZaFKpS
http://blog.eplus.co.jp/34thst/

このミュージカルに出てるらしいので多分大丈夫

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/06(火) 11:21:35 ID:lkHXGLNM
亡くなった原ひさ子
戦前の成瀬に出ていたのね

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/06(火) 14:05:54 ID:VVbK89mQ
文化勲章 森光子にやるなら
1950年代〜60年代にかけて
名監督の名作といわれた映画の主役で
大活躍の今も元気な凸にあげたかった


63 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/06(火) 14:38:54 ID:ThfGBy8H
それを言うなら、長谷川一夫になぜ国民栄誉賞・・

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/06(火) 17:51:46 ID:sfa6KYqK
たぶんおおまかな基準としては

文化勲章/文化功労者
学者と伝統的芸術・芸能及びそれに準ずる「高級芸能」の人対象
(能、歌舞伎、文楽、新劇、クラシック音楽など)

国民栄誉賞
大衆娯楽の人対象
(スポーツ、大衆歌謡、映画、漫画など)

のような住み分けかと。

海外で圧倒的に評価された黒澤は別として、
森繁、五十鈴、杉村春子、森光子らは舞台役者としての
活動ゆえに「文化勲章」対象になり、
長谷川一夫や渥美清は映画の人ということで「文化勲章」対象ではなく
「国民栄誉賞」対象にまわったんではないかと。
デコちゃんも、もし可能性があるなら、国民栄誉賞のほうかな。



65 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 09:32:27 ID:I/OA8Mqk
あれ? 今日深夜から、松竹作品を衛星劇場でやるね。

23:00 生誕100年記念・幻の成瀬巳喜男サイレント映画特集 腰弁頑張れ 29分
23:30 生誕100年記念・幻の成瀬巳喜男サイレント映画特集生さぬ仲 79分
1:00 生誕100年記念・幻の成瀬巳喜男サイレント映画特集君と別れて 61分
2:15 生誕100年記念・幻の成瀬巳喜男サイレント映画特集夜ごとの夢 65分
3:30 生誕100年記念・幻の成瀬巳喜男サイレント映画特集限りなき舗道 89分

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/08(木) 11:53:24 ID:m2QVX3+8
「捕虜のおじさん」はやっぱりおかしい

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/09(金) 19:26:52 ID:P8YtzctS
「生さぬ仲」
結構おもしろかった。
岡田嘉子は華があるね。


68 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/10(土) 00:24:17 ID:4KY376G1
成瀬って結婚してたのでしょうか?すごい女目線と
男のいやらしさが多いのでゲイかもしくはバイなのかと・・
今まで浮き雲、流れる、乱れる、乱れ雲、女が階段を〜
と見ましたが本当に巧いですねぇ。
女が階段を〜見ても女は良い暮らししたいとか結局金なのか・・
と別にそういう女のいやらしさはあまり描かないし。

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/10(土) 01:15:18 ID:Z2j6w4wt
今年買ったDVDの中でも成瀬BOXは満足できた。
高いから迷ったけど買ってよかった。

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/10(土) 08:06:16 ID:FQ13rN29
成瀬のサイレント映画見た人いませんか?

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/10(土) 09:03:47 ID:JKkg61Nb
>>70
聞きたいことがあるなら単刀直入に聞きなさい。
ないならいい。

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/10(土) 10:01:10 ID:SMA45FHA
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2006-01/kaisetsu.html

NFCでもちょこっとやります

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/13(火) 02:11:02 ID:wcE6iU/H
娘・妻・母見たよ。
女の座とか東京物語を連想したけどけっこう面白かった。
原の再婚話以外はあんまり古い感じがしなかった。最近衛星でやってた木下恵介とは違うな。

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/17(土) 15:29:58 ID:QdhTRl5d
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_fw.html より

1月23日(月) 後8:03〜9:42 おかあさん 1952
1月24日(火) 後8:03〜9:34 驟雨 1956
1月25日(水) 後8:03〜9:51 妻として女として 1961
1月26日(木) 後8:03〜9:46 女の中にいる他人 1966
1月28日(土) 後9:33〜11:31 流れる 1956


75 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 10:55:20 ID:ePtAx949
初めて成瀬作品を観ました。「浮雲」です。
正直“ハァ?”でした。
原作を読んでみようかとは少し思いましたが
映画としての面白さは分かりませんでした。
小津作品は好きでほとんど観てる私に
次にお薦めの成瀬作品は何でしょうか?

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 11:53:29 ID:ywgx2g2E
大抵が成瀬作品は「浮雲」から入るわな

正直私も「浮雲」はそんなにいいとは思わん、つーかイラついた
最初に観る成瀬作品ではないと思う
(成瀬の癖がわかってから後で観直すとまた違った見方ができるが)

監督自身、この作品は脚本の水木さんの作品だと言っており、
周りが言うほどには評価してない

お薦めは「おかあさん」「流れる」、渋いところで「晩菊」か
個人的には「女が階段を上るとき」「妻として女として」かな
「稲妻」「女の歴史」「秋立ちぬ」も捨て難い

あと「乱れる」も人気高い作品



77 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 14:57:52 ID:wEfI5PjL
>>75
知るか。現在、貴方が鑑賞可能な作品を片っ端から潰せとしか言えないな。
成瀬は本数が多いから大変ですけどね。

>>76
映画評論家や映画史家が、「日本映画史上ベスト」となるとバカの一つ覚えで
「浮雲」ばかり書くのが良くない。

スレ違いだが、成瀬ではないが、阪妻版「無法松の一生」もバカの一つ覚え映画。現在、残っている
諸般の事情でズタズタになった版では稲垣・伊丹の本当の狙いは伝わらない。
伝わらないからこそ、稲垣は三船で自らリメイクしたのである。あれは、阪妻版・三船版
の双方を観て初めて完結する。自分も先週、BSで三船版を観て不明を恥じたよ。
自分が言える立場ではないが、「阪妻版の無法松は素晴らしい」と教科書的発言を繰り返す者は、オリジナルを尊重したつ
もりで、かえって作品を冒涜していることに気づいて欲しい。

78 :75:2005/12/27(火) 15:03:38 ID:ePtAx949
>>76
さっそくのレスありがとうございます!
しばらくBSが観られないのが痛いです。
お薦めの作品中で、成瀬のクセが一番強く出ているのは
どの作品なのでしょう?

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 15:04:13 ID:G2qlUJmq
>>75
浮雲でハァ?なんだから、無理して他の成瀬作品みなくてもいいんじゃないの?

80 :75:2005/12/27(火) 15:05:21 ID:ePtAx949
>>76
環境を何とか努力して出来るだけ観てはみるつもりですが。

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 15:12:09 ID:hpzdVrMj
好みによるんだろうけど
俺は浮雲が最高、次に晩菊、三部作とかだな
浮雲は始めに見たときはいいとは思ったがベストとは思わなかった
2度目は筋を追わないで済むんでひとつひとつのシーンの素晴らしさや不安定な関係、微妙なやりとりに惹かれるようになった

82 :ななしスクリーン:2005/12/27(火) 18:53:57 ID:/XoyhNe6
>>77
高峰秀子に三船無法松が思いを伝えるシーンなど
板妻無法松ではカットされているんだよね・・・
自分がみたリメイクされた映画の中では一番良い作品だとおもうよ
「浮雲」もすごいけど「めし」「流れる」遺作の「乱れ雲」が自分のベスト3

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 19:10:14 ID:HgLHDmwz
ワイズの成瀬本、本屋で見かけないけど。

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 21:19:23 ID:ywgx2g2E
>75
一本には絞れないから、先に挙げたものを含め複数観るとわかってくるよ

まず何といっても様々な世代の女性描写がうまいし、子供の扱いにも長けている
癖っていうか、特徴は目線で交わす心理描写と話の大胆な省略

すべて御丁寧に説明してしまう(しかもわかりやすくオーバーに)昨今の
作品傾向と違って、潔いほどに話の流れを大胆に省略する方法も評論家はじめ
目の肥えた玄人衆に受ける理由かと

「浮雲」だけで成瀬を判断するのは間違いだよ
小津が誉めたとはいえ、正直、これを成瀬No.1に挙げるヤツの目は疑わしい

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 22:03:19 ID:65fc32d0
秀子の車掌さんはいいよ

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 22:08:57 ID:ywgx2g2E
↑補足ね
「浮雲」での凸の死のように、最後まで見せて完結させるのは成瀬らしくない
本来なら、匂わせて観る側に想像を委ねて終るスタイルのはず
「浮雲」一本の映画としての評価ならまだしも、これを成瀬の代表作と言う人は
ホントに他の成瀬作品観たんか、と言いたい

監督本人もラストの屋久島のシーンの脚本はバッサリとカットしたかったらしいが
水木さんが譲らずに付け加えたとのこと

監督本人は「放浪記」がお気に召してるようだけど、世評と監督の本心との
ズレなんてよくあるんでしょうな



87 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 22:14:31 ID:Hs18OhzN
「流れる」の世評がもっと高くてもいいと思うんだが

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 02:11:17 ID:0TmtcvJ/
>>76>>84>>86
>最初に観る成瀬作品ではないと思う
>評論家はじめ目の肥えた玄人衆に受ける理由かと
>これを成瀬No.1に挙げるヤツの目は疑わしい
>最後まで見せて完結させるのは成瀬らしくない
>本来なら、匂わせて観る側に想像を委ねて終るスタイルのはず
>これを成瀬の代表作と言う人は
>ホントに他の成瀬作品観たんか、と言いたい

テラキモスwww 捕虜のおじちゃん粘着思いだしたwww

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 09:49:17 ID:GerG1xrm
お前が一番キモいよ

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 21:34:57 ID:3KS8t2cF
成瀬ファンに聞いたら大抵
浮雲よりも「流れる」か「めし」か「おかあさん」
この三本が支持率が高い

なのに浮雲の方が世間的には評価が高いのはわからん

91 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 22:22:25 ID:/NoT2KXo
俺は「稲妻」が一番。

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 22:50:05 ID:LKS3RY9K
>90
世間での評価が高くても、つまらないと思う作品はあるのデワ?

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 23:24:25 ID:/6bn8xEV
だからさあ、
「浮雲」は戦時中にノスタルジア持つ古い世代に異常に支持されてるおかげで、
「キネ旬ベスト1」やら「日本映画史上のベスト10」に選出されてるだけだってば。
世代を超えた普遍的視点で見るとそれほど大したことはない。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/28(水) 23:54:00 ID:GerG1xrm
「市民ケーン」みたいなもんですかね。

95 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 00:11:32 ID:05yGaMDU
久しぶりだな、映画板。
今年の成瀬祭りはすさまじかったねえ。

『浮雲』だが、おれも最初に観たときは、ぴんとこなかった。

しかし、2度目に見たときは、驚愕した。
この映画の凄さがわかるわからない人は、
成瀬の他の作品をみまくることだな。

96 :88:2005/12/29(木) 00:24:33 ID:hlAodnj2
このスレの多くの住人の結論は成瀬自身も石井も小津もカラックスも演劇の岩松も映画を見る目がないってことですねw
それにしても情報操作までして浮雲を批判する奴って自分の思うように成瀬像を近づけようとする不遜な考え方だってことに気付かないのかね?
>>90
勝手な思いこみを書き込んで楽しいかい?
>>93
そんな浅い見方で浮雲批判かよw

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 00:36:33 ID:05yGaMDU
>>96
気持ちはわかるが、

石井
小津
カラックス
岩松

と並べられるても「はぁ」、と思うやつが大半でしょ?
(小津以外)




98 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 00:38:10 ID:05yGaMDU
『浮雲』の評価に彼らの名前を出す必要なんてないよ。
特に小津は邪魔。
小津に評価されたといわれると、成瀬が小津よりも下だと錯覚するばかがいるから。

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 01:32:51 ID:axJUjDZt
で、『浮雲』のどこが「凄い」わけ?

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 01:39:24 ID:hlAodnj2
>>97>>98
まあそうかもしれないが、ここで浮雲を批判してる人がこれらの人より成瀬映画を知ってるとは思えないんだよね。
俺の個人的な感慨も含まれるかもしれないが
浮雲では男女関係及び生の限界を鮮やかに示していることで普通の恋愛映画や一代記と一線を画していると思う。
台詞にもあるように終わった恋愛を終わりにすることができずに続けていってしまう2人というテーマもそうだと思うが
過去の記憶と現在と描くことのできない未来、日常と非日常、恋愛と生活、戦時下と戦後、執着と断念、虚無と幸福への希求といったものがせめぎ合い
次第に二人がすり減っていき、まるで吸い寄せられていくかのように旅から死へ導かれる。
恋愛悲劇にありがちな、状況によって追いつめられていくというのとはかなり違う。
それを2人が並んで歩くシーンの繰り返しやらで象徴していく見事さ。
もちろん、浮雲だけが優れているとは思わない。流れるや妻も凄い作品だと思ってる。

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 19:18:40 ID:sw2nwpL8
で、『浮雲』のどこが「凄い」わけ?

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 22:34:01 ID:njXMl1bp
横槍入れて申し訳ないが、成瀬50本近く観てるんだけど、「浮雲」が
優れた作品とは思うけど、成瀬のベストとなると正直どうかなぁ
「浮雲」がダメなんじゃなくて、他にもいい作品が多いってことでね

ま、人によって違って当然なんだけど、これって川島=幕末太陽伝みたく、
わかりやすい図式的な一般論じゃない?刷り込み式のさ
実際に私も成瀬=浮雲から入ったし、観る度に印象変わってくるのも事実

いずれにせよ、これがきっかけで他の作品観てもらえればいいんでない?
成瀬を愛するファン同士として、たまに見られる品性を疑うような不毛な
煽り発言は残念だ

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 22:38:30 ID:FI8AQ23C
溝口=雨月物語もそうだね。
でも黒澤=七人の侍、小津=東京物語はあてはまってると思う

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 23:17:51 ID:RYotbhep
自分にとって、『浮雲』はベストというより
オンリーワンの一本かな

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 00:29:54 ID:8CbQg0dp
>>102
禿胴。木下の「二十四の瞳」もそうだ。

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 00:46:45 ID:srMzYN2h
>>103
3本とも大傑作じゃないか?
まずはそれをきちんと認めようや。

新しいことをいうのはそれからだ。
じゃないと、スレのレベルが下がる一方w

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 00:58:43 ID:bVv/htGW
>>106
とりあえずおまえのレスが一番レベル低いぞ

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 02:15:59 ID:ZibospES
内田吐夢の「飢餓海峡」とかもな。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 04:06:45 ID:3BPlKYuq
>>106
そうだな
特に映画ファンを自称してる人やその映画人の熱烈なファンは自分を周りと違う
位置に置きたいがためそういう図式を崩そうとする傾向があるように思える

もっとも俺の好みで言えば晩菊、溝口は雨月、黒澤は羅生門
小津も成瀬同様絞り込むのが難しいが生まれては見たけれど
これは個人的な好みの問題だからしょうがないと思ってるんで
浮雲や七人の侍とかが最も高い評価を受けてるのが間違いとはとても思えない


110 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 08:48:32 ID:FaZMJ0dm
で、『浮雲』のどこが「凄い」わけ?

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 10:02:52 ID:+NJrMTky
>110
そりわ・・・


           歩けなくなってしまうくらい悪化した富岡兼吾の水虫

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 15:43:00 ID:rkZ9Wr7d
男女のドロドロさ加減
ここまで行くかってくらいの突き抜けた不幸
林芙美子ならでは。

113 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 18:05:41 ID:jsmMGQij
まぁ、あの腐れ縁は最後にケジメつけないと、話終らんわなぁ
屋久島の前で終ったら一生あの二人はジメジメ続けていくと思われるし
最後まで救われないいやぁ〜な気分にさせられるのは確か

最後にいくら泣き伏したとしても、あの性格ならまた適当に女作って
永遠にだらしなく繰り返すと思うんだがねぇ

付き合った女が見事にすべて死んでるから間違いなく下げチンなんだけどさ

114 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 18:07:55 ID:RVAUl1Wp
「放浪記」面白かった。

「ひき逃げ」並に突き抜けた凸の演技。
これぞ凸-成瀬コンビ作品の源じゃないか。
何で評価がパッとしないのか、個人的にはベスト5に入れても良いかも。
凸がぶちゃいくチャンだからでつか?

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 18:52:40 ID:+QkQBVAH
凸って誰?田中絹代 ?高峰秀子?


116 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 23:56:39 ID:lbo0ji6w
>>115
マジで聞いとるんですか?
そげな時代になったとですか。
秀子だからデコです。

117 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 00:02:00 ID:HI7Sm4/O
俺も「浮雲」は好きな映画とはいえないな。(一回しかみていないのでもう一度見てみると
考え方も変わるかもしれないと思わなくもない。)浮雲は原作もすばらしく、原作を完璧に
超えているとはいえない出来だと思えるんだ。

それにこれは個人的な好みだけど救いようのない痛々しい物語よりも、登場人物を突き放さない
冷たさのないまなざしが、成瀬らしさだと思うし、その点が俺が大ファンであるポイントなんだ。

「君と別れて」「鶴八鶴次郎」「妻よ薔薇のように」「おかあさん」「流れる」
「夫婦」「妻の心」「乱れ雲」「秋立ちぬ」「秀子の車掌さん」これらが自分としては薦めたいね。

118 :115:2005/12/31(土) 00:41:23 ID:6eHwRfS9
俺、40代だけど
デコ=秀子=凸って、初めて聞いたです。

119 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 01:40:27 ID:ns58OLaC
40代くらいだと高峰秀子知らない人も多いんじゃない?

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 01:42:36 ID:Wno/9TwH
懐かし邦画に出入りするようなヤツなら、40だろうが20だろうがデコを知らぬわけがない。

121 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 08:46:36 ID:kVFgi/bl
凸≒LEGO

122 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 10:18:36 ID:iLfXWNG5
おでこが大きいという意味だと真面目に思っていた。

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 21:04:34 ID:ytmnEbki
40代でも2chてできるのかあ・・・
2chてほとんど10代20代だと思ってた
おれは高峰秀子ってまったく知らなかったよ
有名な昔の映画(黒澤、小津、溝口)にほとんど出てこないんだもの
成瀬や木下だけでなく、小津も黒澤も溝口も凸のこと好きだったらしいからもっと使えば良かったのに

124 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 21:07:32 ID:b0ghX4Ng
高峰三枝子と名前が紛らわしいしね。

125 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 21:19:35 ID:p4JwPYRb
>>123
オマイ、相撲板とか知らないな。
大鵬・柏戸の現役時代とか語ってるオヤジいるからな。
絶対50代以上だろw

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/31(土) 23:41:03 ID:RC14S9Yn
>2chてほとんど10代20代だと思ってた

んなわけない。まあ板にもよるだろうが。
いわゆるヲタク世代といえば30〜40代。

127 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/01(日) 11:11:02 ID:RceaSkX7
>125
で、オマイはココと相撲板に張り付いているという訳だなw

128 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/01(日) 11:45:06 ID:pLQLOhpl
洋楽板なんかも、けっこう年齢層は高いよ。
やっぱり30〜40代が多い。

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/01(日) 21:59:15 ID:yZvZBCN8
洋楽ってほんと全然話題がないね最近。若い人も聴いてない。

130 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/02(月) 13:55:11 ID:sl7nsZER
40代、50代というとクラプトンが薬中だとか、ミック・ジャガー
がどうたらこうたらとか学校で話題に花が咲いてた年代、ミュージシャン
の髪型やファッソンもマネしてたんだね。今はトンと聞かない。

131 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/02(月) 14:10:46 ID:sMJ0bf86
>>129
スレ違いだが、それだけ国内の音楽市場の質量が大きくなり成熟してきて、海外から輸入しなく
ても良くなったのでは? (「質」については知らんけど)
「ベストヒットUSA」とかもいつの間にか無くなったもんね。
(現在はBS朝日で復活放送中)

132 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/02(月) 20:49:22 ID:mHvTRkOx
邦楽まったく成熟などしていない
欧米への興味が無くなってるだけだろうな

133 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/02(月) 22:26:55 ID:hxT4FEJi
>131
突っ込みたいのは山々だがスレ違いだからやめとく。

134 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/03(火) 08:33:39 ID:LEgpC1/u
先週の出来事なんだけど、スレ違いなとこに書いてしまったので、
ここに貼っときますね。

622 名前: この子の名無しのお祝いに 投稿日: 2006/01/02(月) 23:22:34 ID:Rr+kkMdJ
この間、某所(成瀬映画の舞台の町)の居酒屋(一見で初めて入店)で、
フロアで給仕してたママさん(60才前後にみえる)
がヒマなので、お酌してもらって、昔の話をしていたら、
邦画全盛期映画好きのようなので、共通の話題で成瀬の話を振ったら、
な、なんと、「女が階段を上る時」で森雅之が凸のクラブに連れてくる
芸者さん本人だったよ。日本橋芳町で実際に芸者をしてて、
東宝役員に知り合いがいて(それ以上の関係?)、エキストラより
ちょいといい役で何作か出たと言ってた。
当方は酔ってたので、昔もキレイだけど今でも十分にやれ(ry
と言ったら、ホントに携帯の番号くれたよ。
怖くて電話してないけどw

135 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/03(火) 09:35:28 ID:pqoD9aaM
映画関連の話しを書けばいいのに

136 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/03(火) 20:52:59 ID:GtLfbiSO
まあ、ネタ切れなんでしょ…

137 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/07(土) 21:24:09 ID:4JEK9dxj
市川雷蔵を主演させたらどんな役をやらせたのか・・・
興味がある

138 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 04:43:11 ID:QgKS+wUj
俺44だけど、最近(というかここ10数年の)洋楽って全然面白くないね。
俺らの青春時代から考えると隔世の感があるよな。俺らはまず洋楽だったもんな。
今、誰もが知ってる洋楽のヒット曲なんて一つもないでしょ?それは国内でもないけどね。
邦楽ならちょっと前までJポップが全盛だったけど、それも終わってしまった感がある。
結局、ポップミュージックの世界って、ネタが出尽くしちゃってもう何も新しいものが生まれる余地がないのかな?
世の中変わったなーと思わせられるよね。

139 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 10:14:36 ID:mx4Uybgq
『おかあさん』、素晴らしいね。
観客の感情を決して煽らない控えめな演出にかえってボロ泣きした。
「捕虜のおじさん」なんて一言だけじゃん。
前スレの馬鹿は本編の内容には全く関係無いナレーションの一言でよくもあんなにギャアギャア騒いだな。
香川京子のナレーションも良かった。

140 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 10:24:32 ID:/1p1jTz1
『続・おかあさん』の企画を、「おかあさん」チーフ助監督の石井輝男は断った。
水木の脚本を書く予定だったのに。
ちなみによそから来た偉い監督さんは石井輝男に任せとけば大丈夫って信頼を受けていたらしい。

141 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 10:25:20 ID:/1p1jTz1
水木の→水木が

142 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 17:17:43 ID:a9Ea3VGu
まあ、石井が監督して田中絹代が拳銃持って踊るような映画ができちゃったら困るし。

143 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/08(日) 17:29:32 ID:PIOsZeVU
>>142
石井が断ったのは、「成瀬先生の作品に自分如きの続編は必要ない」という判断だったと
思われる。石井はその気になればどんな映画でも撮れるので、もし本気で撮っていたら
決して「田中絹代が拳銃持って踊るような映画」など出来ない。

分かって言ってるんだろうけど、冗談としても面白くないのよ、そういう言い方されると。

144 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/09(月) 01:30:17 ID:DzFHimY5
なんつ〜か、せせこましいね。

せっかくいい映画を観てる人間がこんな奴らばっかりだと絶望的な気分になるよ。

145 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/09(月) 15:25:38 ID:SrV48Z3U
143のような気の毒な人に対しても門戸を開いているのが匿名掲示板です。

146 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/09(月) 23:42:06 ID:wdpFX9DF


「春嫁にするんじゃぞう!春嫁に! 麦刈り逃して秋嫁にしたんじゃ、大損こくぞう!」



147 :143:2006/01/10(火) 01:21:57 ID:mdKsSFGs
>>144-145
だから冗談としてもちっとも面白くないの。石井映画=バーレスクというのは
余りにも作家の作風に対して狭い見方しかしていない。 
同じ新東宝において、チャンバラ映画・怪談映画の名匠として知られる中川信夫は、市井ものの
「粘土のお面より かあちゃん」をちゃんと普通に撮りましたよ。
映画監督とはそういうものではないでしょうか?

もっとも石井さんは田中絹代のことを余り好きではなかったそうなので、
単純にそのせいかもしれませんね。

148 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/10(火) 10:39:40 ID:19UsYn4y
なんで143が責められるのか分からん。
むしろ144や145が荒してる。

149 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/10(火) 10:45:48 ID:kpftD6Hy
>>147
> もっとも石井さんは田中絹代のことを余り好きではなかったそうなので、

なことないだろ。
絹代、初監督の時、成瀬との間に入って、振り回されたのを嘆いただけで。
輝男が監督になれば態度も変るだろうしね。
どんな若造でも監督を監督として立てた人だから。



150 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/10(火) 11:21:21 ID:T+tLIXf6
>>143
>石井はその気になればどんな映画でも撮れるので

「どんな映画でも撮れる」才能がありながら、
結局は「あんな映画」しか撮らないのが石井クォリティ。

151 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/10(火) 20:47:05 ID:so0lhJ3Q
『おかあさん』に続編は不要。それだけの話。

152 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/12(木) 19:32:57 ID:vCz6MYsH
ミキオage

153 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/16(月) 19:04:58 ID:djNzsRca
「限りなき鋪道」でミリアム・ホプキンスの映画を観るシーンがありますが、
あの映画は何でしょう?

154 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/20(金) 10:32:13 ID:Va5zuqTE
「流れる」を始めてみたんだけど、なぜか杉村春子の演技が一番光ってるように感じた。

155 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/20(金) 12:43:14 ID:rZ22Tj5W
なんで“なぜか”なんだよ!
当然だろ!

156 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/20(金) 13:56:18 ID:6jIijmGN
なんといっても、カメラが動くからな。杉村が切れるシーン。
成瀬の映画ではとても異例なこと。


157 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/20(金) 16:53:05 ID:PTc2AKJL
渋谷のツタヤに成瀬のデーヴイデーがたんまりと・・


158 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/21(土) 22:28:20 ID:+bi/JlS4
金沢で28日と29日に特集上映あるんだけど、
体力的に全部見るの無理。なんで、
↓の中からどれか見とけってやつありますか?

夜ごとの夢
妻よ薔薇のやうに
噂の娘
鶴八鶴二郎
まごころ
旅役者
めし
おかあさん
浮雲

159 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/21(土) 23:56:52 ID:VCGMjxDu
>>158
好きな順に並べてみた。(一般的には「めし」がもっと前に来ると思う)

おかあさん, 鶴八鶴二郎, 浮雲, 妻よ薔薇のやうに
まごころ, 旅役者, めし, 夜ごとの夢, 噂の娘


160 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/21(土) 23:58:51 ID:VCGMjxDu
これか。
http://www.kanazawa-comcine.com/naruse/

一日目、おかあさん, 鶴八鶴二郎を見てからその後のペース配分考えれば?
めしはDVD出てるから取り合えずパスで。

161 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/22(日) 11:19:16 ID:5fKvSinx
この人の『限りなき前進』が見たいです(←違うだろ)

162 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/22(日) 21:43:22 ID:sWDve1bi
>158
「おかあさん」「浮雲」「めし」「鶴八鶴二郎」は押さえときたい
余裕があれば「まごころ」「妻よ薔薇のやうに」

163 :117:2006/01/22(日) 22:31:30 ID:MYj0UVh5
>158
「君と別れて」「鶴八鶴次郎」「妻よ薔薇のように」「おかあさん」「流れる」
「夫婦」「妻の心」「乱れ雲」「秋立ちぬ」「秀子の車掌さん」これらが自分としては薦めたいね。



164 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/26(木) 08:57:08 ID:TFLI3GOD
成瀬巳喜男を観る
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898301924/

石田勝心さんのインタビュー面白かった。

165 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/26(木) 23:55:16 ID:9ji7XfGA
今日、BS-2で「女の中にいる他人」見ました
これが初の成瀬監督の映画
邦画の白黒映画って実はあんま見たことないんですけど、やっぱいいですね
ここ数日やったやつも撮り貯めてあるんで時間出来たら見ます

166 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 04:56:32 ID:s3zzVMWa
めしと妻、2連ちゃんで見るとマニアでない俺にはさすがにキツかったw
上原は役づくりいらないなw
映像自体は相変わらず楽しめるけど。

167 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 17:11:24 ID:qxE6xH4C
きのう見た「女の中にいる他人」だけど
三橋達也が犯人の可能性はないの?
なんか怪しいんですが・・・

168 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 18:20:59 ID:Q3YPODg8

  ( ゚д゚)    
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
 
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_m9 / ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /


169 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 19:44:26 ID:yt05K0/Z
ドキッ!

170 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 21:34:10 ID:Vl9rz0gw
>>167

昔の映画なので、そんなドロドロな落ちは想定外と思われます。
まぁ小林桂樹と三橋達也は今でも充分ドロドロですけどね。

171 :158:2006/01/28(土) 03:40:13 ID:wkO/+IOf
>>159-163
遅くなりましたが、ありがとうございます!
とりあえず、28日に「おかあさん」と「鶴八鶴二郎」、29日に「浮雲」って感じで見ようかと思います。
「めし」と「妻よ薔薇のやうに」は今度BS-2でやるみたいなんで、
スクリーンで見て見たいって気持ちもありますが、パスします。余裕があったら見るつもりです。

172 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/28(土) 18:01:30 ID:tM5eONGS
NHK-BS2の「驟雨」は音声消されてるところがあったな。
中北が原に懐いている野良犬を殺してしまえって言うところ。
「〜に持っていけ」って言っていたけど音声が消されてた。
CS録画した奴で聴いてみるか。

173 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 02:07:05 ID:4wq9ys6Y
「妻よ薔薇のやうに」、28日の金沢での上映を観たが、途中と最後の2回も
フィルムがぶっ跳んで画面が真っ白になった。「ニュープリント」といっても
10年以上前にプリントされたものであり、生誕100周年ということで散々
使いまわされたため、フィルムの末端がよれよれ状態のためらしい。

BSの放送と時間がダブった最後の「浮雲」はパスして、BSで「流れる」堪能。

174 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 02:12:19 ID:4wq9ys6Y
↑追記
金沢のラインナップを見ると、女優たちの主演代表作を並べている感じだね。

おかあさん(田中絹代)
めし(原節子)
鶴八鶴次郎(山田五十鈴)
夜ごとの夢(栗島すみ子)
妻よ薔薇のやうに(千葉早智子)
浮雲(高峰秀子)
まごころ(入江たか子)
噂の娘(千葉&梅園龍子)
旅役者(藤原釜足)→どうせ男優なら、三十三間堂通し矢物語(長谷川一夫)にしてよ!



175 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 08:51:43 ID:j/aZmF5r
なるほど。「おかあさん」で香川京子も見られるし。
杉村春子の「晩菊」じゃなくて藤原鶏太か。山根寿子出てるよね。

俺なら「噂の娘」じゃなくて、
細川ちか子、堤真佐子、梅園竜子の「乙女ごころ三人娘」いれるかな。
堤真佐子がいいから。

176 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 08:52:24 ID:nvyY5dNb
杉村春子は何をやっても本当に上手い
芸者の役は、本当にはまり役ですね〜

177 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 08:55:49 ID:j/aZmF5r
>>174
長谷川は「鶴八鶴次郎」あるじゃん。
森雅之、斎藤達雄、山村総もいる。

178 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 09:33:42 ID:543NnMp+
山田五十鈴は三味線ひけるのか あれは長唄や小唄?
まったく絵になる役者だなあ まあそれをいえば昨日の流れるは
絵になる女優が出まくり 
栗島すみ子なんてなんなんだあれは すごすぎ 惚れたなあ

179 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 10:20:53 ID:j/aZmF5r
山田五十鈴は父親が新派の山田九州男ですが、
父親とは離れて生活をしていたので、
母娘は清元の師匠をやって生計を立てていました。
山田五十鈴自身も父の知り合いから日活に誘われて
映画俳優になる前は母と共に教えてました。
10歳で名取になったので。13歳で映画デビュー。
宝塚の辺りでやってたんじゃなかったかな。

「流れる」では風呂で小唄、はげしい調子の清元、後は長唄かな?

近年は清元で舞台に立つことも多かったですよ。


180 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 10:33:22 ID:543NnMp+
そういえばクレジットに清元指導とありましたね
どうも 感謝感謝
ラストの杉村春子と向かい合って弾き唄う(かたる?)ところね
寝そべって見てたんだけど、思わず座りなおしたね 迫力だった

181 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 15:39:55 ID:F1RZObYT
挿絵の巨匠 岩田専太郎が衣装考証やってるんだね。

182 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 15:49:34 ID:awiC/L/H
山田五十鈴、後の舞台やドラマでは結構自分で直に弾くことが多いのですが
流れるや鶴八鶴次郎では録音に手を合わせているようですね。
>>180
最後は清元の「神田祭」という曲ですが、清元は「語る」です。

183 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 18:59:14 ID:Z1EUOe5X
了解サンクス

184 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 19:14:31 ID:yAc41i1w
しかし演技派大女優が集まると凄いな。二時間弱あっというまに過ぎてしまった。
田中絹代の女中はるさんには深く感情移入してしまった。なんか演技がリアルすぎ。

185 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 20:08:59 ID:VHbcLUk9
栗島が山田と置屋のこと話す場面での演技がワロス
山田から「姉さんの方で」言った後、話しながらの微妙な表情の変化。
最初噂を聞き付けて山田が確認に行った時もかなり微妙な技を駆使している。
気のなさそうな声出しちゃって。

>>184
日本三大映画女優の田中、山田、高峰が揃っていて、
そこに最初のスター女優栗島、舞台三大女優の一人杉村ですからねえ。

186 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/31(火) 04:02:10 ID:xYyxdXV3
http://www.joyo.com/prodsearch/prodsearch.asp?vname=%B3%C9%E4%FE%CB%C8%CF%B2%C4%D0&uid=qqsmkys11mmmm5a5gggmss9us

187 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/31(火) 15:45:03 ID:YyDnRjh6
>>185
七人の侍の一人も忘れないで。

188 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/31(火) 17:28:20 ID:sXhYP9X3
>187
二人だよん、久蔵&七郎次。
どちらも少し違和感のある役どころと思ったけど、すごく良かったよね。巧いんだなあ。

189 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/02(木) 12:45:28 ID:glJoSs/k
「鶴八鶴次郎」のグズで依怙地な長谷川一夫より、
「三十三間堂通し矢物語」の凛々しい長谷川一夫の方がイイ!
成瀬映画らしくないけど。


190 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/07(火) 19:34:05 ID:fbUtssHL
「流れる」の杉村春子はそんなにかわない。何となく。

191 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/07(火) 19:47:06 ID:zuBNatXI
理屈言う場面があって、ちょっと損な役割ではある。
凸のみたいに、屁理屈ならまだアレなんだけど。

192 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 00:15:41 ID:27Ie4G3q
「鶴八鶴次郎」もよかった 録画したのまだ全部は見てないけど
ただし、あれは新内ってのね、長谷川一夫は自分で語ってるんだろうな
おれには、素人くさく聞こえてちょっと笑ってしまったところもあったけど
おれが素人なんだからよくわからん
山田五十鈴の三味線は文句なし さすが


193 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 05:32:02 ID:oHjcJeFa
今週は国会で潰れてる日があるね

194 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 08:38:55 ID:FFS7MuSr
国会中継のせいで「妻よー」を録りそこねた。もう、放送しないだろうな(泣

195 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 15:10:23 ID:YqObly9S
「妻よー」で円タク?を止める時のポーズはあのころ
あったんだよな
今やっても気づかれない

196 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 15:26:16 ID:rZ5XBlrD
『或る夜の出来事』のヒッチハイクシーンを真似たような??

197 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 22:41:03 ID:gt8DOM4P
今でも止まるよ。アメリカ的なやり方だな。

>>196
キャプラだろ。

198 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/10(金) 11:34:10 ID:/8vbacrb
伊福部昭氏追悼で、音楽を担当した「コタンの口笛」放送してくれないかな。
急には無理だろうけど。

199 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/10(金) 14:00:03 ID:FDzygV+W
来週は飄々とした三國連太郎や可愛くて初々しい
茉莉たんが観られるので今から楽しみ。

成瀬作品の三國連太郎、大好き!
「妻」の画学生は何だかいるだけで面白いし、
「夫婦」の武村さん(役名)は軽い色気とあまりの
カッコよさにやられたーって感じでした。



200 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/10(金) 15:25:59 ID:5womJC1p
「東宝セレクション」シリーズ成瀬巳喜男監督作品のオリジナル
音楽カードゲットしたウレピー

201 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/11(土) 00:49:36 ID:sdkobUZ5
「歌行燈」の謡いと仕舞の場面にはシビれた
はじめの夜の松原での特訓からオッって感じがしたけど
ラストの五十鈴の舞では涙で画面がかすんだぜよ

あれ、地謡は花柳章太郎がうたってるのかどうか素人でよくわからん
五十鈴の仕舞もうまいのかどうかわからん

とにかく、ああいうふうに撮れたってのはすごいことだというキガス
とにかく、すごい絵になってる

202 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/11(土) 00:51:09 ID:jBQRg/Qf
昨日マージャンで九連宝塔あがったウレピー


203 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/11(土) 13:26:56 ID:zhD2aJFE
>>201
> あれ、地謡は花柳章太郎がうたってるのかどうか素人でよくわからん

たぶん。

> 五十鈴の仕舞もうまいのかどうかわからん

イマイチ。後年はもっと上手かった。


204 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/11(土) 20:52:28 ID:NgtC+4h/
「三十三間堂 通し矢物語」 終戦の2年前か
撮影が空襲でたびたび中断とかあったと言ってたな 当然だわな
よくまあ、あれだけの映画撮るよなあ たいしたもんだ

205 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/13(月) 01:47:09 ID:HPSzzQGl
三十三間堂通し矢物語は昭和20年(敗戦間際)の作品ですよ。

206 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/13(月) 19:24:08 ID:cr9/WWkV
すまん 空襲でたびたび中断なんて書いといて
なんで終戦の2年前としたのか、自分でもわからんが
生まれるはるか以前のことだからってことで許されたし

207 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/14(火) 11:38:01 ID:u28JeEbO
「歌行燈」はさすがの名作だった。
確か原作は能の序破急の手法で作られた小説だったと思うが
映画はそれほど急ではないがラストに向かって畳み込んでいく処理、
201と同様、舞の場面では泣けたな。
しかし主演2人の本来の芸を楽しめるというのも良かった。
貫禄が出る前の五十鈴・・これもよかったなぁ。


208 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/14(火) 22:41:37 ID:Wj9ijS5O
上原謙と高峰三枝子が共演した、倦怠期の夫婦描いた作品なんだっけ。
弁当の中に髪の毛が入ってる演出がリアルで良かった。

209 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 10:14:20 ID:xQmvR+fz
>>208
「妻」です。
NHKBSで17日(金)午後1時3分から放映します。
この三國連太郎を見て、家の中学の娘が
「あ、佐藤浩市!」と叫びましたw




210 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 10:26:49 ID:Rh8+XqZ+
リアルと言えば三枝子が、お箸で歯茎をいじったあと、お茶でくちゅくちゅとやる
シーンがあるね。
色気のなくなった倦怠期を表しているんだろうけど、あそこまでやらんでも
と思ったw

211 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 16:25:03 ID:gZ6h/5Ih
>209
Thanks.
17日にまたやるのね。ビデオ録画しときます。

212 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 17:05:13 ID:G/2tz5sI
楽しみに していたものだけ 国会中継

213 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 18:29:01 ID:Xu/Z6+Ii
BSのNHKってずいぶん酷いことするんだなあ
臨時ニュースとかも入るんでそ?
まあ、映画専門チャンネルぢゃないからしかたないかな

214 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 02:29:38 ID:DxWo0jPI
「あにいもうと」は封切当時、併映が「祇園囃子」だった。
豪華だなあ。
「秋立ちぬ」の併映は「悪い奴ほどよく眠る」
「乱れ雲」が「喜劇駅前百年」この取り合わせグッジョブだ。

ちなみにオムニバス「くちづけ」は「夫婦善哉」


215 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 17:30:51 ID:ZviSSj2K
夫婦みた。

杉葉子可愛かった。

まだ生きてるの?

216 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 19:14:29 ID:fT7ugG0v
この前インタビュー答えてた。
成瀬には公私共にお世話になったらしい。

「夫婦」でも原節子→杉葉子と変わり、
杉では弱いからという声があったのを成瀬が杉を押したらしいし。

「青い山脈」を押す人も多いだろうが、自分は「石中先生行状記」が一番好き。

217 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 20:20:12 ID:s1MFXDC/
国会のせいで「めし」がつぶれた。・゚・(ノД`)・゚・。

218 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 21:50:27 ID:f/iU8E4b
杉葉子の役で好きなのは、「山の音」の秘書役!
あのカキーンとした硬い感じがたまらん。
小顔でスラッとしていてスタイルいいですよね。


219 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 10:24:58 ID:xDrz8fpJ
>>207
「歌行燈」は花柳章太郎の厚化粧さえなければ完璧なのにな。
成瀬も柳永二郎の方に感情移入してんだろうな。

220 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 14:59:52 ID:FsX3NyBl
しかし、いったい何作品が国会中継で潰れてるんだろう

221 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 15:03:57 ID:shXSA6RX
BSでやるようなものなのかね・・・ラジオで流しとけば十分な気がする。。

222 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 15:50:57 ID:/JZuF7Mz
釣りみたいなもんだろ
臨時ニュースはわざと入れてる希ガス

223 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 16:39:53 ID:oTOz3zCd
杉葉子って品があって華もあって
成瀬作品によく合ってる。
それにスタイルも良いんだね〜。
ぴんと延びた背筋に惚れ惚れ。
今の女優さんて猫背だったり
歩き方がだらしなかったりするのが
気になる。

224 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 16:43:32 ID:4HYOQE0S
「夫婦」の上原-杉コンビをコミカルに描いた市川崑「結婚行進曲」でも
そんな杉さんの魅力がよく出ています。
「めし」のワンシーンが挿入されたり、おもろい映画。

225 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 00:18:52 ID:oIDlshoK
来週やる五本は、去年放送したものばかりですか?

226 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 01:41:37 ID:HA5dVM59
そうだす。過去スレ読め。

227 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 02:38:40 ID:JMRyTjtd
地震テロップも迷惑だな。去年は11月ころ多かった。

228 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 09:39:17 ID:F7S2Wyua
>>224
検索して出演者を見てみたら、越路吹雪とかも出ているようで、
是非とも観てみたい!ビデオ等出てますか?質問ですみません。






229 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 11:01:46 ID:qkzjYhrA
99年に300人劇場で行われた特集の「夫婦」の回に杉葉子が来ていました。
今アメリカに住んでいるそうです。ゲストとして来ていたわけではなくお客さんとして
来たようでした。でも舞台で少し話をしてくれました。映画上映後には出口の横に立って
見に来てくれてありがとうという顔をしていました。私は当時日本映画に疎く成瀬映画を
見たのも初めてだったのでその横を何のリアクションもせず素通りしてしまいました。
他のお客さんも話しかける人もまれで少し残念な気持ちになりました。素晴らしい映画を
作ってくれた感謝の念を伝えるべきだったな、と今では強く後悔しています。

230 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 12:00:00 ID:69zmgYU/
>>228
残念ながらいまんとこありません
たまにCSか映画館での崑特集を待つしかない
初期市川の佳作なんだけどね

231 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 12:13:35 ID:HA5dVM59
越路吹雪はコメディ合うからなあ。
成瀬とは「夜の流れ」だけか。

232 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 14:44:18 ID:j6GCd79l
「妻」見たかったのに・・・。
国会中継のせいで。

233 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 15:15:53 ID:nC9ZUSLN
去年も年末にやってたな

234 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 15:17:33 ID:lYhsyeCF
考えてみると「夫婦」で上原謙と三國連太郎が同期という設定には少し無理があるな。

235 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 15:22:00 ID:HA5dVM59
上原は山村に「山の音」で「ふけをやると俳優は損だ」って言ったらしいから、
結構気にするタイプなんじゃないのかな?
高峰三枝子も初の母役の「舞姫」で「新人を」と希望した。

236 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 20:15:45 ID:F7S2Wyua
>>230
228です。ありがとうございます。
CSは観られないので、映画館で上映する機会を
待ちます。
1950年代の邦画に飢えていて…w




237 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 21:08:34 ID:yKtKVxcQ
去年、専門チャンネルで録画しといた「女の歴史」をやっと観た。
なかなか楽しめた。
デコちゃんが言うほど駄作ではないと思う。

でも

238 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 21:09:24 ID:yKtKVxcQ
声と口の動きがズレてるのが気になって気になって
映画に集中できなかった。orz

239 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 09:29:20 ID:S9OzFDbQ
>234
それより設定が不自然杉。いくらなんでもありえねーと思った

240 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 10:18:48 ID:9iH3EySN
どの設定?

241 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 12:53:45 ID:fbLUdgcd
おれ通りすがりだけど、あの設定が不自然すぎるかどうかわからないが、
妻を亡くして嘆き悲しんでいる?男のところへ
まだ若い夫婦が乗り込んでいくってか同居するんだろ
ちょっと不自然あるいは嫌な設定だと感じた。

242 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 12:57:04 ID:fbLUdgcd
書き込んだあとで思い出したけど、尾崎紅葉の「多情多恨」ね
あれは、逆に妻を亡くしてそれこそ滅茶苦茶嘆き悲しんでいる男が
親友夫婦のところへ同居して・・ ちょいとおかしくなる。
似ているってば似ているけどな。関係ないか。悪いがちょと笑えた。

243 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 13:51:12 ID:9iH3EySN
昔の住宅事情を知っていて、不自然と言っているの?
それともよく知らないから言っているの?
(それによってだいぶ変ってくるんだけど)

「女の四季」'50が3年前の映画だけど、
こういう映画が普通に成立していた頃の映画です。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD27080/story.html
「煙突の見える場所」'53とかさ。

小津の映画に出てくる息子夫妻のアパートメントは羨望の対象だった時代ですよ。
「浮雲」'55の焼け跡の残る住宅地シーンがかろうじてロケで出来た時代だから。

以上のことを知った上なら、もうちょっと説明してみて。
俺は何か起りそうな設定だとは思うけれど、不自然とは思わない。

244 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 13:52:39 ID:9iH3EySN
>>241
一人でいない方がいいってこともあるよね。
一人でいると欝が進行しがちだから。
そういうやり方は個人主義の現代的ではないけれどね。

245 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 14:25:10 ID:tEo258my
(;´Д`)ハァハァ
http://sp.moech.net/php/imgboard9/src/1140326669626.jpg

246 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 15:07:28 ID:Kw8C0I1v
「山の音」の山村聡と上原謙もどうみても親子には見えないw
せいぜい兄弟だろ。

247 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 19:24:07 ID:4Iqoupnq
古い映画は邦画だけでなく洋画でも、年齢設定と見た目年齢の差
のギャップにははおおらかだよな

248 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 23:32:20 ID:9iH3EySN
どうせ山村は大げさな老けメイクしようとしたと思う。
そして成瀬が止めた。見てないけどそう断言したい今日このごろ。

249 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 00:01:11 ID:S9OzFDbQ
>246
それを言ったら「流れる」の五十鈴とデコはどうなるんだ

250 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 09:33:20 ID:OL7zOxDX
原節子って胸でかいですね。

251 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 13:00:01 ID:c2soe9HT
小津映画では、同じ役者同士が親子になったり、兄妹になったりしてるなw

鶴八みたけど、思ってた以上に面白かった。新内語りじゃなくて、もっと現代的な
芸の世界にしてリメイクしても面白そうだな。
それにしても五十鈴は若い頃から三味線うまかったんだね。


252 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 13:12:11 ID:fIFv6DVT
>>251
> それにしても五十鈴は若い頃から三味線うまかったんだね。

>>179


253 :251:2006/02/20(月) 13:41:32 ID:c2soe9HT
>>252
10歳で名取! さんくすです。


254 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 15:57:31 ID:Xgh3nfxG
>>246
成瀬の「噂の娘」で親子を演じた汐見洋と御橋公はたしか同い年だよん!


255 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 18:32:01 ID:8YABapxd
歌行燈の父子も同い年

256 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/21(火) 09:56:35 ID:tq2VztRJ
なんでみんな下げて書いてるの?
ageとこうよ。

257 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 14:31:31 ID:b/OTykAG
「秋立ちぬ」見なきゃ良かったよ・・
泣きすぎてクタクタになった。「流れる」と並ぶ名作じゃ
なかろうか?と勝手に思うのですが。
いつもこの作品とは縁がなく見逃してたが勇気をだして
見た今、全身でやられた(こうなりそうだったんでわざと
避けてたのかも)

258 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 14:34:52 ID:bZeuOWqi
「秋立ちぬ」はいいよ。

259 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 16:21:03 ID:nD2QQS5A
同じく「秋立ちぬ」にやられて放心状態です…
録画しておかなかったのが悔やまれる。
藤間紫がよかった。押し付けがましくない艶というか。ファンに
なってしまった。
映画館の大きな画面で観たい。
ありがとう>成瀬監督


260 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 20:35:50 ID:Ow2EP77w
成瀬は女の子役には可愛い子を持ってくるよな
「秋立ちぬ」ではなんともオマセなコ
いずれにせよ、子役の使い方うまいよなぁ

子役だけでなく、シリアスなシーンに子供の玩具のけたたましい音とか入れて
小道具の演出はいつも唸らされる
日常の中で大人の都合に関係なく入ってくる子供って結構見落としがちだけど
扱い方やっぱうまいよなぁ
この突き放した冷めた演出は癖になるよ



261 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 20:48:31 ID:bZeuOWqi
成瀬映画の子供は大人の考えた偽物の子供じゃないところがいい。


262 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 21:37:46 ID:qozufwLi
郷愁を誘うには最高のエッセンスっていうことですかな。
思わず見入ってしまいましたね。

263 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 22:40:45 ID:g3hU8C7O
「秋立ちぬ」の女の子は鳥居恵子?

264 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 22:56:34 ID:bZeuOWqi
え、なんで?
一木双葉てこれ一作なんだけど、名前変えてる?
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0494600.htm

265 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 22:57:51 ID:b/OTykAG
順子役は一木双葉さん、今どうしてるんだろうね?
明るい部分担当の従兄妹の存在、何気に良い味だしてるね。
藤原鎌足の言い回しなんかも絶妙。ラピュタあたりで
またやってくれないかな・・


266 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 23:50:23 ID:Ow2EP77w
子供A「あたしリンゴ」
子供B「ボク、梨」
子供C「ボク、みかん」
子供D「あたしもリンゴ」


267 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 09:22:48 ID:2yB7G8JI
俺は去年、フィルムセンターで観たけど、引っ越ししていなくなった彼女を想いながらの心象をわを、
松屋屋上からの遠景でやや突き放しながら切り取る。少年の夏が終わる。
泣けた。

268 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 09:32:01 ID:Bwrf/CB9
>>264
「別れて生きるときも」(1961年)という映画に
司葉子の少女時代で出演しているようだ。



269 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 09:33:37 ID:NyzeE55z
●2月23日(木)「国会中継」に伴う変更です。
○BS2 映画「女の座」
 後1:00〜 → 放送日時未定

●2月15日(水)「国会中継」に伴う変更です。
○BS2 映画「めし」
 後1:00〜 → 放送日時未定
●2月7日(火)「国会中継」に伴う変更です。
○BS2 懐かし映画劇場「妻よ薔薇のやうに」
 後1:00〜 → 放送日時未定
●2月6日(月)「国会中継」に伴う変更です。
○BS2 映画「乙女ごころ三人姉妹」
 後1:00〜 → 放送日時未定
http://www.nhk.or.jp/bs/pop01.html

270 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 10:20:31 ID:nZRQkx25
放送日時未定と言うのは、やるけど何時やるかは決まってないつーことか、
やるかどうかも定かじゃないつーことか微妙だな。

271 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 10:51:14 ID:NyzeE55z
NHKは必ずやります。

272 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 11:17:01 ID:YddKIu4B
国会中継で流れてそれまで、というのは小津の時もだったなあ
たしか『淑女は何を忘れたか』の再放送。

273 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 16:45:09 ID:xadLPCtZ
出来心国会中継で流れたけど半年後くらいにやったな。

274 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/23(木) 16:46:13 ID:nZRQkx25
山の音は抑えた演出と、余韻を残したラストがいいね。
キャスティングもなかなかいい。上原は私生活でもあんな風だったんじゃないかと
思えてしまう。

275 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 01:39:38 ID:J6pMXH5h
>>257->>267
『秋立ちぬ』は、成瀬の秀作の1本として、最近、評価が高まりつつありますね。

まさに、小津の『生まれてはみたけれど』同様、“大人の見る絵本”ですな。

276 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 01:46:59 ID:7aH3aOxj
秋立ちぬは何となく見始めたらとても魅力的な作品で驚いた。
この良さは今の映画やドラマにはないね。

277 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 02:45:11 ID:TdwpESS3
大人の都合で振り回される子供達。
その原因たる両母親共女を捨てきれず、子供の都合などおかまいなしに各々
男へとなびいていく。 女の悲しい性に犠牲になる子供達。
片方は妾、もう片方の乙羽は必要最低限しか描かれていないのに説明十分
である。 あくまで焦点は人間関係の殺伐とした都会の中で愛情に飢えた
子供達と、それを囲む殺伐とした他人の大人達に絞られている。
情に訴える事なく淡々と進む、この大胆なまでに潔く削る演出は癖になる。

同じような冷めた視点で子供を撮った「誰も知らない」はつまんなかった。
他にも、自称成瀬好きの行定某など、ちったぁ見習えや。おまんらのつまらんずら・・


278 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 09:44:29 ID:J/kwvG1z
加藤大介が母に声をかける秀男に一瞥をくれた後、素っ気なく
また歩き出す駆け寄る母、場所は銀座・・上手いねえ。

279 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/24(金) 10:39:28 ID:EhKDfLfz
あの乙羽の迷惑そうな顔と子供を非難するような声色が切ないね…

280 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/25(土) 22:08:36 ID:nrfhw6aY
「山の音」の山村聡みたいに、頭だけ洗濯に出したい!

281 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 10:51:20 ID:RbDduDgY
>>279
母親を捨て女として生きようとしている時に息子の声。
あの迷惑そうな顔、たまらなかった…



282 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 21:09:43 ID:Y6+NE9lX
たいていの作品はCSで見ましたけんど、「稲妻」だけはないですねえ。
どうやったら見れますか。

283 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 21:15:30 ID:IAeaFFup
DVD

284 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 21:17:28 ID:oC0cOEpF
近所に住む中本さんが杉村春子にそっくりなのでこのスレを覗いてみた

285 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 21:19:35 ID:b5ETaOaW
衝動買いしてしまいまいした、DVDbox1、2.禁欲生活突入!
先日BSで「乱れる」を見たばっかりに・・・・。
でも成瀬と凸は最高ですなあ。

アパッチ野球軍、謎の転校生などとともに


286 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 21:20:39 ID:b5ETaOaW
>>285
続き

生涯の宝物にさせていただきます。


287 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 23:58:55 ID:fi/tt69k
117 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2006/02/26(日) 23:55:09 ID:xD7Hg6Ii
作為中継 2006/ 2/26 23:47 [ No.7553 / 7553 ]
みなさん知ってました?

2ちゃんねる●荒川の日の丸ウイニングランをカットしたNHK●スレより
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1140945697/l50

金メダルを獲った荒川選手が、表彰式を終えて日の丸を身にまとって
リンク内をウィニングスケーティングをする間、不自然にもずーーっと
VTRのリプレイを流し続け、感動的な国際映像を隠蔽し放送人として最低な事をしたNHK。
日本中が待ちに待っていたはずのウィニングランを放送しなかった事は、
メダリストと国民に対する冒涜である。絶対に許せない!

キャプチャ画像(7:15〜7:30あたり)
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060226181416.jpg
キャプチャ動画
DLkey nhk
http://www.himitsukichi.info/uploader60/upload.cgi?mode=dl&file=376
 ミラー DLKey NHK
 http://yoko115.com/upload.cgi?mode=dl&file=2592

荒川選手ウィニングスケーティング写真
http://www.101fwy.com/olympiad/src/1140802041296.jpg
 (ミラー http://kiken.jp/sports/sports/log/20060225021046/img/img2187.jpg
http://sports.yahoo.com/olympics/torino2006/figure_skating/photo?slug=56165226sj 333_olympics_day_&prov=getty
http://sports.yahoo.com/olympics/torino2006/figure_skating/photo?slug=56165226sj 327_olympics_day_&prov=getty
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/psports/101000/2006 0224114075050171700100.jpg

荒川選手の日の丸ウィニングスケーティング動画を持ってる方居ましたら
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1140945697/l50
へアップをお願いします。

288 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/28(火) 12:28:18 ID:ateoFA5N
>>269
4月の放送予定にはないな

289 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 09:40:04 ID:5khZl9Dw
「秋立ちぬ」BS放映から一週間が過ぎたが、まだ後を引いてます。
あの後秀男はどう成長したのかな?と考えちゃったり……
ラストに余韻があり過ぎた。



290 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 18:53:53 ID:vCgThUKS
本当に・・DVDも出ていないしねえ。

291 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 21:08:05 ID:InqeSHgW
「秋立ちぬ」と「おかあさん」は成瀬ファンとしては、
是非とも所有したいDVD なのに、国際映像と東宝は出す意志ないな。
国賊めが。イマジカあたりから出ないかな。

292 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 23:25:26 ID:wb4BmooG
「おかあさん」はスペインで出ています。
海外DVDスレのお好みの店でどうぞ。
リージョン1のPALですから、PCで再生を。

293 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 19:07:33 ID:lm2gtrVT
>>291
「銀座化粧」がDVD出ているんだから、「おかあさん」はあってもいいような
気がするけど出ていないんだねこれが。ほんとに不思議。


294 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 21:12:54 ID:tYc/lK+g
1946〜1951の間は、製作、配給のクレジット見ても、
どんな契約になっているのか実際のところは分からないしね。
作品ごと買い取りなのか、上映権だけ買ったのか。


295 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/05(日) 22:13:07 ID:k6ygRc4r
秋立ちぬの中国逆輸入海賊版て無いかな

296 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/05(日) 22:17:41 ID:U0kiGNIy
「おかあさん」は「野良犬」「西鶴一代女」などと一緒に、
のちに東宝が新東宝から権利を買い取った。
DVDが出るとしたら東宝からなのだが……。

ほんと、ここは「盗宝」。

297 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 12:39:54 ID:SuxLmSk5
東宝の会長って松岡修造のオヤジらしいな。
どうりで・・・。

298 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 14:03:17 ID:EvULF0kH
よく分からんが、松岡修造って言動すべてが嘘くさい。

299 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/09(木) 16:12:30 ID:VtWvR2Be
当たり前じゃん。キャラ作りすぎて気持ち悪いわ。

300 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 10:04:57 ID:+Ym0CV5I
松岡修造って加藤大介の役柄みたいだな。
善人ぶってるけど、実はすごい悪人だったりw

301 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/12(日) 05:45:15 ID:mRQqQXnz
善人ぶってるんじゃなくてカラ元気っていうかアツイ奴を演じてるよな。
たぶん根はものすごい暗いんだと思う。

302 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 02:34:41 ID:SlQyR7mP
下から3番目が「おかあさん」
http://movie.joyo.com/ProdSearch/prodsearch.asp?kind=ys&vname=%B9%B5%BF%DA%BD%A1%B6%FE&image22.x=24&image22.y=11

303 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 20:50:32 ID:i0ni1hJc
これ持ってるよ。
スカパーよりは画質いい。
テレシネの垂直同期が乱れ気味だけど。

304 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/17(金) 06:25:42 ID:QohYjibM
成瀬巳喜男って、猫を出すのが好きなんですかね?
『稲妻』『流れる』『めし』を見ましたが、どれにも猫が出てきました。

305 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/17(金) 07:23:12 ID:u0EH3t4e
舞台が下町だからでしょ。

306 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 20:32:15 ID:oqLw+UVF
昨日から明日まで、多摩で特集上映があって
「女が階段〜」、「流れる」、「めし」観てきた。

どれも初見ではないんだけど、初めて「めし」を良い映画だと思った。
特に原節子と上原謙が良い、というかこの二人だから
どこか現実感のない映画になったんだろうなぁ、と思ったよ。
デコちゃんと森雅之だったら「浮雲」と変わらんだろうし。
「流れる」を観たばかりだから余計に爽やかに感じた。

307 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 21:58:06 ID:mk1iuZZP
原作者の林芙美子は配役気に入らなかったんだってね。美男美女すぎるって。

けどやっぱり上原と原がいいよね。
原ってこんなにうまいのかとびっくりしてしまう。
二人ともピッタリだ。演出の力量だけじゃないと思う。

308 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 22:43:04 ID:oqLw+UVF
そうだよね。二人とも他の映画では特に巧いと思わないんだけど、
この映画ではそこが逆に合ってると思う。
林芙美子は「浮雲」ばりのドロドロにしたかったのかもしれないけど、
二人の感情込め過ぎてない演技がしょぼくれた地味な話を
観やすいものにしてくれた感じ。

309 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/18(土) 23:08:26 ID:yOxBXsev
>どこか現実感のない映画になったんだろうなぁ


たしかに中北千枝子あたりが奥さん役だったら
現実味がありすぎて悲愴だったかもしれん

つぶさにみればいつもの成瀬流に、生活感ある映画なんだけど、
夫婦が美男美女になっちゃってるところが、よくも悪くもあの映画の妙ですな

310 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/19(日) 13:26:47 ID:xfEEWHcx
昨日 久々 浮雲観ましたが 森雅之に萌えですわ
薄情な森

311 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/19(日) 18:55:21 ID:f42cp1q8
>>302
これらは中国から逆輸入の海賊版とは違うものですか?

312 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/22(水) 06:30:55 ID:r37bpPJ1
>>311
joyoは一応amazonの中国サイトのようだし現物を見る限りまがい物かはわかりません。
成瀬DVDは4作品出てます。
http://movie.joyo.com/ProdSearch/prodsearch.asp?vname=%B3%C9%E4%FE%CB%C8%CF%B2%C4%D0&kind=ys&uid=qqsgp0pwk7qam7um77g7mgumg&I2.x=17&I2.y=7

313 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 13:14:32 ID:to5rY8EQ
あげる

314 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 09:57:22 ID:zwENsb6c
ください

315 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 20:08:45 ID:ykcZecMF
あげない

316 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 21:22:57 ID:4jXWf7NT
ageます

317 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 22:13:07 ID:Qcvpt9um
せっかくageてもらったので、
俺の高峰秀子スレへの、ド素人感想書き込みをコピペしておく。
さらに、それに対する誰か親切な人の書き込みを、無断でコピペ。
こういうコピペは2ch仁義にもとるのかどうか知らんが、俺はもとらないと判断した。
(自演だとかなんとか、つまらん誤解はせんように願う)

↓俺書き込み
>ところで、「稲妻」見たんだけど、デコは間違いなく魅力的で、
ちょっと行儀が悪いとこなんか見せたりしてね、(ブドウ食って投げ散らすとこ)
あいかわらず魅せられるんだが、
どうもストーリーてか演出てか、なんか中途半端でまとまりがないという、
そういう印象が最後までぬぐえなかった。

↓誰かが書いてくれたレス
>あの中途半端さ、まとまりの悪さ
(問題が解決したわけじゃないのに
何となくハッピーエンドっぽくなる感じ?)は
成瀬に限らず日本映画、或いは
日本の文芸作品全体に通底するテイストだと思う。

↓俺の追加
そう言われて見ると、納得、同意。

318 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 23:01:17 ID:1Uir43oA
マジレスするとその「誰か」は俺だ。
意見自体は極論かもしらんが、
その雰囲気を楽しめるには
ある程度年令重ねないといかんかもね。

319 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 00:15:04 ID:aQcAl0x3
昔の邦画は量産体制だから、
ああいう起承転結がはっきりしてない作品が存在するのも、
邦画の豊かさと考えれば、そんなに落胆することもないと思う。

親元を離れて、すがすがしい気持ちになったことを、
寓話的に表現した香川京子と根上淳の兄妹なんて素晴らしいね。
そこへ浦辺粂子が現れる展開も。
腑に落ちない顔で母を受け入れる凸。
こういう家族の機微、いいじゃないですか。

ってスレ違いですかねw

320 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 00:33:40 ID:Po+5KkaD
いい線だよ。

321 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 16:13:17 ID:ZP+qnArk
BS2で6月にまた特集の続きやるね。妻よ薔薇ーをやっと見られる

322 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 16:17:12 ID:ZP+qnArk
5月ですた

323 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 19:26:02 ID:aQcAl0x3
結構たくさんやるね。

生誕100年 成瀬巳喜男特集
5月22日(月) 後1:03〜後2:20 乙女ごころ三人姉妹 1935
5月23日(火) 後1:03〜後2:18 妻よ薔薇のやうに 1935
5月24日(水) 後1:03〜後2:41 めし1951
5月25日(木) 後1:03〜後2:40 妻 1953
5月26日(金) 後1:03〜後2:55 女の座 1962

こんなに国会でつぶれたかね。

324 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 19:30:34 ID:b2q/Xas6
>>323
もうやらないのかと思ってたが案外早く放送きたな
メモしましたありがとう

325 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 20:11:02 ID:aQcAl0x3
URL張り忘れた。
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_fw.html


326 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 20:44:28 ID:HHI86Y7m
サンクス

327 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/11(火) 20:54:58 ID:kydua+mg
>>317
日本人じたいがあいまいな国民性だから映画もそれを反映
しているのです。浮雲のラストもあいまいっちゃあ、あいまい。

328 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/12(水) 15:48:56 ID:JzMeIUSn
>323
全部録画してるからイラネ

329 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/12(水) 17:39:31 ID:qUtoAnRs
独り言でレスすなボケ

330 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 03:55:32 ID:YkShmF/D
全然関係ないけど、「三丁目の夕日」あたりを大袈裟に誉めている奴らは、成瀬の
「秋立ちぬ」なんか絶対に知らないんだろうな・・・別にいいけどね。

もっとも、往年の日本映画を知っている人まであの映画に大仰に驚いて見せているのが意外で仕方が無い。

331 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 15:44:06 ID:SO21Gdrq
『娘・妻・母』見て「この人すごい」と思った。見ていて落ち込んだ気分になったのを覚えている

332 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/19(水) 12:08:42 ID:a4Wab7Py
大滝詠一が自己サイトで成瀬について書いてるね

333 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/19(水) 17:06:26 ID:x/OBKB35
ぐぐっても、ぜんぜん引っ掛からないよ?>大滝詠一の自己サイト
URL貼ってくれよ。

334 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/19(水) 19:31:44 ID:lGZWbSO7
332じゃないけど
つ ttp://www.fussa45.net/

ちなみに達郎のラジオでまりやが去年最高に良かったのは
成瀬のBOXと言ってたよ

335 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/20(木) 19:09:20 ID:9AkMe7z0
達郎はキネマ倶楽部の会員だったんだよね。
何げにあの辺に成瀬ファンは多いのかも。

336 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 13:13:24 ID:pef8Fe9x
そういえば昔ラジオで渋谷陽一もリスナーからのどんな映画が好きかって質問に
成瀬や川島や山中の古い日本映画が好きと言ってたな。

337 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 21:48:32 ID:Ot9WTAzV
大沢健三郎くんって、成長後どうなったんでしょう?
ちょっと気になって検索したが、70年前後で映画もテレビも出演暦終わっていますが…。

338 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 23:32:49 ID:FUFWaHdf
なんとも印象的な顔の子役だったな

339 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/25(火) 20:23:44 ID:EHqt58z2
しばらく忘れようとしていたのだが、久し振りにこのスレ覗いたら
「秋立ちぬ」の事思い出しちゃった……
映画館の大画面で観てぇーーーーー
あの余韻からどうにも離れられん。

340 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/05(金) 23:55:31 ID:toYqLTYi
「君と別れて」 はじめて観ました

水久保澄子タンのことでもう頭がいっぱいです・・・
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/naruse/kimitowakarete.jpg
http://www.asahi-net.or.jp/~ia6t-tkhs/mizukubo-sumiko.jpg

341 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 01:49:24 ID:YaMMfkba
悲運のエピソードの多い女優だそうですね
http://homepage3.nifty.com/kinohana/ronso04.html
これ読みたい

小津の「非常線の女」も非常に可憐でした

342 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 19:38:38 ID:b31fCc/r
水久保澄子は今でもそのまま通用するね。
観られる映画が少なくて残念。

343 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 00:32:39 ID:rR1nxPgN
「君と別れて」の息子はおっさんにしか見えん

344 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 01:06:10 ID:3xZCVCPe
抜け作面のオッサン坊やに優しくしてくれる澄子タン・・・

電車の中で澄子タンが持ってる明治ミルクチョコレートが今復刻されてます
http://open.meiji.co.jp/sweets/chocolate/mchoco/images/fk_package.jpg
(左下のやつ)

345 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 00:12:45 ID:46zhP+By
「妻」観てて気づいたけど、あの頃って電気製品がまるでないんだね。
冷蔵庫も洗濯機も石油ストーブもなくて火鉢だった。
「妻」はストーリーが今から観ると不自然な気がする。

346 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 00:41:26 ID:erlmkNnm
「女が階段を上る時」の十円寿司屋
ああいう店むかしからあったんだね

347 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 07:34:02 ID:ZL26yPKm
江戸前寿司はあれが本流だしね。

成瀬の映画は時代風俗感じさせないのが多いけど、
「乱れる」のスーパーマーケット話は、もろに善三タッチだね。

348 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 12:53:37 ID:Os1IZZ1M
>>343
>「君と別れて」の息子はおっさんにしか見えん
磯野秋雄ね。与太者トリオの一人。
木下恵介「カルメン故郷に帰る」でのオッサンぶりを見れ。

349 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 16:04:46 ID:erlmkNnm
若いのにああいう老け顔の奴っているよな
磯野氏が当時何歳かは知らんが

350 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 06:59:45 ID:JH04Dy40
磯野秋雄 1910年生まれ。「君と別れて」の頃で24歳。
この人演技は上手いよ。普通のどこにでもいる若者役、後年は温厚な中年役、テレビでは良いお爺ちゃん。
人柄もよかったよ。75年頃、鎌倉の自宅を訪ね古いスチール写真や蒲田の話し、当時はまだテレビで現役で活躍していたよ。
昼食まで御馳走になって、十代の小僧だった私などにも丁寧に接して戴きました。


351 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 07:27:40 ID:uVE+QEd2
「鶴八鶴次郎」「石中先生行状記」「薔薇合戦」「鰯雲」「夫婦」

この中で見るとしたらどれがお薦めですか?迷っています。

352 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 08:42:00 ID:JT/zL2wO
何故迷う? 全部観なさい
「鶴八鶴次郎」はできればフィルムで

353 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 17:35:43 ID:3I3hRiSB
>>352
>「鶴八鶴次郎」はできればフィルムで
おいらは通りすがりの者だが、映画館のスクリーンでってこと?
録画したの何度も見たけど素晴らしい。館で見るともっとすごいのか。

354 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 18:23:41 ID:aCBnWMNF
磯野秋雄で思い出したが、松竹映画の照明さんで「磯野春雄」という人がいるけど兄弟?

355 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 23:01:38 ID:IHOrFPt9
「鶴八鶴次郎」「石中先生行状記」の二つで許して

356 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 23:25:00 ID:OsyGwH3F
「薔薇合戦」イマイチ
「鶴八鶴次郎」と「石中先生」第三話は必見
あとはおすすめ

357 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 00:47:24 ID:8b9pAhVD
第三話の三船とセツ子は凄いな。
第二話の釜足と是好も笑ったが、この二人には負けた。
エピローグが失われたのが残念でならない。

358 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 06:50:23 ID:qC9OVz3Y
>>354
他人です。磯野氏の生家は新聞販売業。


359 :354:2006/05/19(金) 15:03:29 ID:O1Eo2Ti0
>358
サンクスです。
春雄と秋雄なので、勝手に兄弟だと思い込んでました。

360 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/20(土) 00:31:27 ID:tY0ILHe6
鶴八鶴次郎はなんどでも見るよ。大好きな古い日本映画。おいらにとっては古典です。
ちなみに、>>360みたくするには、半角でその通り打つのよ。

361 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/21(日) 16:09:43 ID:dNHR7GRp
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d62427487

これどうなの?

362 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/21(日) 18:55:24 ID:ppFU8hSo
>361
マルチの出品者さんよ、パチモン勧めんな。

363 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/21(日) 20:51:50 ID:t/bblTQF
バチモンとは関東で言うところのバッタモノ

まーじスカ?!

364 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 07:28:15 ID:mWUa9B5s
今週のBSで成瀬やるのね。今日と明日は戦前の作品らしい。
乙女ごころ三人姉妹。妻よ薔薇のやうに。いちおう録画予約したけど。

365 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 14:33:46 ID:otP2DNoS
堤真佐子、いい女優だね。背景が当時のリアルタイムだけに
見ているこちらもやるせなさ倍増!大川にこちらまで救われた。


366 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 16:16:26 ID:D8ZjYKsM
生きていれば80歳後半の親戚が「子供の頃よく隅田川で泳いだよ」と
言ってたが、この頃か…
堤真佐子の表情が好き。顔が大きいところも好き。

367 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 19:57:54 ID:g55IWyu5
乙女ごころ三人姉妹観たが、頻繁にコマ飛びしてるのが残念。
それにしても切ない話で成瀬らしかった。

368 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 22:26:43 ID:QbGVKkq1
原作が川端康成か。
戦前の様子が伝わってきたし、とても印象に残る映画だったな。
バックの音楽も相まって別世界にトリップしたような感じだ。

369 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 23:44:50 ID:nrbKp1Lr
堤真佐子はいいのう

370 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 01:31:39 ID:KuAvqbDO
浅草風景だけ見ていても飽きない。作品としてもいいし。これはトクした気分。いい気分だった。

371 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 07:02:36 ID:ei037pmz
水のある東京風景ってのはほんとにいい。
以前NHKで戦前の日本を写した映像を特集していたが、同じような感動を受けた。
これが日本情緒というんだな。
素晴らしい映画でした。

372 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 20:13:38 ID:f6zUf4yI
それにしても「乙女ごころ三人姉妹」に出演してた女優陣、セリフ下手だね。
トーキー初期ということもあるが、かなり気になる。
女優歴が短い人が多いのかな?
山中貞雄が前進座と組んだのが判る。

373 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 01:28:20 ID:MQyN19Jx
>>372
そうね。それは感じた。それを補って余りある出来と言えば褒めすぎか。
そうでもないな。おもしろくてかなり引き込まれた。

セリフの出来に限っていえば、今日の「妻よ薔薇のやうに」のほうがはるかにうまかったね。
作品としては、俺はどっちも最高評価。ってか、とにかくおもしろくてたまらん。

374 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 07:08:14 ID:Y53xQpld
国会中継、どうにかなんないのかな〜、BS1でやるとか…。
「めし」はDVDが出てるからいいようなものの、
今週あと2日、どうかちゃんと放送してくれますように。

「妻よ薔薇のやうに」
初見でしたが、内容もさることながら
主役の千葉早智子さんが良かったです。
美人だし、あのジャケットのポケットに手を突っ込んだ仕草がなんとも…。

375 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 07:58:42 ID:1JZq2Rwo
千葉早智子さんは一対一で指導したとか。

PCLは発足当時役者で苦労したから、
「妻よ薔薇のやうに」は舞台の人で固めている。

376 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 08:15:42 ID:ecR4CieR
なんだ、今日も国会中継で「めし」が中止か。やるやる詐欺め。

377 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 11:32:10 ID:5awV2I0v
新聞見たら、めしの時間に「おかあさん」ってかいてあるから、
まあそれもいいかなと思ったけど、
調べてみたら、そういうことでしたか。

378 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 20:29:13 ID:NUOf4XLD
やっぱり成瀬は『めし』以降だね。
戦前は残念ながら、小津や山中と比較すると劣っている。

379 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 20:54:28 ID:fl2un9yY
その小津や山中も溝口と比較すると劣ってるけどね。
戦後は人並みだが戦前の溝口は別次元

380 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 21:09:37 ID:/YF/lgGa
>>379
やっぱり戦前の溝口はすごいですか 全然観た事無いんですよ…
「狂恋の女師匠」はどうでした? 「日本橋」は? 「血と霊」も観てみたいけど…面白かったですか?

381 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 21:20:01 ID:fl2un9yY
「日本橋」は当時の上海で見たよ。いやあ説明できない美しさだったね

382 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 23:20:07 ID:NUOf4XLD
なんか白けたな。
思い切りスベっちゃったみたい。
せめてもうちょっと間隔あければ良いのに。

383 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 23:49:52 ID:fl2un9yY
やっぱり380は君だったんだねw

384 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/24(水) 23:51:08 ID:1JZq2Rwo
>>378
戦前て例えば何観たの?
小津や山中と比較して劣っているとは到底思えないけど…

秀子の車掌さん(1941)、旅役者(1940)、まごころ(1939)、鶴八鶴次郎(1938)

松竹蒲田やPCLは抜いた東宝時代だけでも相当なもんなんだけど…


385 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:10:47 ID:xmO44WOj
>>384
このラインナップで『人情紙風船』や『戸田家の兄妹』と比べるのは可哀相。
ちなみに>>381は、戦前の成瀬より明らかに劣っている。

386 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:20:10 ID:0Q7m3r3K
人情紙風船なんてたいした映画じゃないよ。ほんとは成瀬も溝口も未見なんでしょ?

387 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:34:03 ID:xmO44WOj
例えば同じ年に公開された『夜ごとの夢』と『出来ごころ』なんて、
演出のスキルが比べ物にならない。


388 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:46:43 ID:xmO44WOj
三十三間堂通し矢物語(1945) 愉しき哉人生(1944)
芝居道(1944) 歌行燈(1943) はたらく一家(1939)
禍福 前篇(1937) 禍福 後篇(1937) 桃中軒雲右衛門(1936)
乙女ごころ三人姉妹(1935) 妻よ薔薇のやうに(1935) 噂の娘(1935) 限りなき舗道(1934)
君と別れて(1933) 夜ごとの夢(1933) 生さぬ仲(1932) 腰辨頑張れ(1931)


389 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:52:29 ID:xmO44WOj
小津や山中どころか、吉村、野村、斉藤、稲垣、山本あたりにも負けてる。
実力が出たのは戦後『めし』からというのが一般的な評価。
本人は『銀座化粧』からだと言っているが。

390 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 00:59:39 ID:Ja4JMYLk
>>389
やっぱり戦前の山中はすごいですか 全然観た事無いんですよ…
「国定忠次」はどうでした? 「街の入墨者」は? 「盤嶽の一生」も観てみたいけど…面白かったですか?

391 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 08:34:38 ID:LxDiBfgk
今日も国会中継のため「妻」が中止となりました。

392 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 08:40:59 ID:mJc+FAV6
>>389
> 実力が出たのは戦後『めし』からというのが一般的な評価。

こんなのは戦前の作品をみたことなかった人たちが言っていたに過ぎない。
戦前は最も評価された監督だった時代があった。
P.C.L.時代。特に「妻よ、薔薇のように」以降。

>>384に上がっている作品群は非常に優れているが、
題材的に当時は評価されなかった。
これも「『めし』以降」論の原因の一つだろう。

現在残っている作品を全て観れば、
戦後すぐとカラー化前後に不調の時期があったことが分かる。
他は押し並べて好調。(デビューした直後は作品がないので分からないが)


393 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 16:15:37 ID:XHrHj1z4
NHK は<放送予定を変更する>という行為の重大性を甘く見ている。

確かに国会中継は NHK にしか放送できないコンテンツなので、公共放送としての責任、重要性は
判るが、放送予定であった番組の変更も止むなしという事に直結するものではない。
これ全くの別問題だ。
一旦、<放送します>と宣告した(ということは約束した)番組を突如変更するという行為は、そ
うそう許されるものではない。
約束を反古にする、これは信頼問題に関わってくる。

特に衛星放送は、通常の受信料とは別途、放送予定のコンテンツを見たいが為に料金を支払ってい
るのであり、言わば顧客と見る事が出来るのである。
その顧客の期待に背く事になる<放送予定の変更・休止>という行為の繰り返し。
民間企業ではまずありえない事である。
こういった事が受信料の未納に繋がってくるのだと感じる。

昨日・今日と強い憤りを感じたので、上記の内容で NHK のホームページから抗議した。
長文失礼

394 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 16:41:34 ID:UhMIk3sr
そのHPには「番組はニュース等により変更になることがあります。」と明記されてますよ

395 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 17:13:31 ID:sXvHW3UB
(ノ∀`)タハー

396 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 17:21:34 ID:eFf70wYF
小津も成瀬も溝口も、戦前、戦後、それぞれにピークがある。
これ、常識。

397 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 18:17:49 ID:XHrHj1z4
>>394
随分冷静だね。
それを言っちゃお終い。

ちなみに、gooのテレビ欄によると、明日の「女の座」も国会中継で休止に。
NHKのサイトは更新されていないけど。


398 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 18:39:55 ID:ICboLF71
この問題に関しては、NHKに弁解の余地なし。はっきりNHKが悪い。以上。激怒。

399 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 20:24:54 ID:xmO44WOj
>>392
現在に至っても戦前で評価されてるのは、「乙女ごころ三人姉妹」、
「妻よ薔薇のやうに」、「鶴八鶴次郎」くらいなもの。
「まごころ」に至っては、昨年出版された書籍でベタぼめしてるの
があるが、成瀬本人も普通の出来だと言っているし、一般的にも
決して評価は高くない。


400 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 20:34:53 ID:xmO44WOj
松竹在籍時は一番末席の監督で、PCLに移籍したことが何より当時の
評価を物語っているし、後輩の五所や清水にも追い抜かれている。
結局、PCL移籍間もなくスランプに陥り、途中で佳作は出すが、戦後
の「めし」から「杏っ子」前後までが全盛で、その後は戦前に似た
状況になり亡くなったというのが正当な評価だろう。
そのあたりは、成瀬本人が自分の作品を評価してるので、それを
読めば誰でも判ること。
戦前は高い評価をする評論家が多かったが、「雪崩」が公開された
頃には完全に評価が地に落ちていたそうだ。


401 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 20:52:47 ID:IJ2RGhSD
まあいいや。
受信料払わなくていい口実を自ら与えているようなもんだからな。バカNHKは。

402 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 20:59:54 ID:oKH+Eplf
>>399 >>400
まあね。本人あるいは評論家がどんな評価をくだそうと、
いま俺が見て傑作群だからね。俺の目がいちばん正しいWWW
それはとにかく楽しめる作品が多いよ。満足。

403 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 21:16:10 ID:wTmx18fp
NHKってさあ、CSに進出しても国会中継やりそうだなw
映画放送中にニュース速報入れたりしてな。

404 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/25(木) 23:14:35 ID:JVvvrXjO
ケチくさいこと言ってるな。未来永劫観れないわけじゃなし。

405 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 01:42:29 ID:5g2ZJcGD
>>400
> 戦前は高い評価をする評論家が多かったが、「雪崩」が公開された
> 頃には完全に評価が地に落ちていたそうだ。

「雪崩」とそれに続く「禍福」が不評だっただけでしょう?
その次は「鶴八鶴次郎」だし。

戦前の作品観てないでしょ?

406 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 02:54:28 ID:uG/N50BS
>>400は他人の評価ばっか気にし過ぎじゃないか?


407 :397:2006/05/26(金) 17:28:29 ID:yZrTdbHF
今日、「女の座」放送されたみたいです。
間違った情報を書いてしまい大変失礼しました。

お詫びに一つ有効な情報を提供します。
JR 南武線・東急東横線が通っている武蔵小杉という駅があるのですが、そこの TSUTAYA は
何故か往年の東宝作品(だけ)の品揃えよく穴場です。
新宿の TSUTAYA の様に人気があってなかなか借りれないという事もありません。
勿論、成瀬作品も充実していて、戦後に限っては八割方揃っていると思います。
お近くの方は一回覗いてみて下さい。

408 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 18:16:56 ID:/q33zuJ/
>>407
DVD?

409 :397:2006/05/26(金) 18:38:46 ID:yZrTdbHF
>>408
全部ビデオです

410 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 19:51:35 ID:UP0oIxvf
400がでかいアドバルーン揚げた割りに皆スル−気味でw
そんなにたいしたことない監督ならなんで4大巨匠とかに
成瀬監督が入っていて海外でも評判いいんでしょうかねー
不思議だね。

ロッテマリーンズに成瀬という投手がいるので応援しよう。

411 :秋立ちぬ:2006/05/26(金) 20:11:54 ID:3/Jt9Rha
>>410
>400がでかいアドバルーン揚げた割りに皆スル−気味でw
確かにそうだね。
約1名があまりにも悔しくて、毎度おなじみのIDを変えてカキコ
してるね。
得意のジエンがそろそろ出そうだが、いつもの通り読解力が不足
してるので、的外れのレスが頻発しそう。
すでにカキコしてるのを見てもズレてるが。
かなり頭が悪いから面白いけど。
木下や小津スレッドでもおなじみ。


412 :秋立ちぬ :2006/05/26(金) 21:35:55 ID:3/Jt9Rha
>>405
1950年時点で
日本映画史上の三大映画監督っていえば
成瀬と溝口とマキノになるの?
その中でもトップの地位はすでに確立していた?


413 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 22:25:17 ID:6H9mBlbq
>かなり頭が悪いから面白いけど。

あなたも同じ類に見えますよw) はたから見たら。人への悪口雑言ではなく、
せめて、今日の「女の座」の批評でもなされたら・・・。
まあ、あたいも頭悪いので解説してくださいな

414 :秋立ちぬ:2006/05/26(金) 23:03:25 ID:3/Jt9Rha
>>413
頭の悪い人には何を言っても無駄なのでお断り致します。

415 :秋立ちぬ:2006/05/26(金) 23:21:05 ID:3/Jt9Rha
次のレスは今までのパターンからすると、ちょっと乱暴な言い方になるはず。


416 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 23:33:17 ID:yZrTdbHF
典型的な困ったチャンだなぁ。

417 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 23:46:44 ID:glEDLLwp
>414
あなたがクレヴァー?
驕慢なレスですね。偉大なる勘違い
それを、人はそれをオバカといいます

418 :秋立ちぬ:2006/05/26(金) 23:53:15 ID:3/Jt9Rha
相当、頭にきてるみたい。
相変わらず思い込みが激しいし。
この後の展開が楽しみだ。

419 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 23:55:54 ID:glEDLLwp
だって、内容が皆無じゃん

420 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 00:21:27 ID:LG8lI/bw
何の?

421 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 01:13:43 ID:aFX9znAQ
>>414は「女の座」について、何も語ってないということ
隗より始めよと、言われるなら、同じ事を二度書くのは面倒なので、
豊田らスレに今日書いたので、それを罵倒してくださいな
では、朝生がはじまるので・・・



422 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 01:30:24 ID:5qsypxyo
>>421
何で女の座について語らなきゃいけないのか理由が判らない。
更にその映画の批評をなぜ罵倒して欲しいのかも理解出来ない。
隗より始めよなどと書いた覚えも無いし、全く意味不明。
突飛なこと書くのは、いつものパターンではあるが。

423 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 09:33:21 ID:uUn1cyul
アパ-トの前のたたずまい、特に雨降りしきるなか光子さんいや梅子さんが
宝田さん恋しさに逢いにきたシ−ン 叙情たっぷりで印象的だったな。
加東大介もいい味出していた。

424 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 10:31:37 ID:0Wekunk4
当時の東宝のキラ星スターさん(司、高峰、三橋)や笠智衆、杉村春子
香川良介(日活からの重要脇役)なんかが出演OKする監督ってやっぱ
成瀬巳喜男という大ヴェテラン監督のネームバリューなんじゃないの?
あちこち掛け持ちで忙しい山村聡や木村功、森雅之らもオファー受けてる
って二流どころの監督じゃあり得ないでしょ。

4割バッターでもスランプはくるってことですよ。
個人的に思うのは城戸所長が指摘したように作風が小津とかぶってる。
そこが成瀬監督の悲劇だったね、P.C.Lに移籍せざるを得なかった。
東宝に行ってからちょっと意識して小津的なストーリーは避けたかも。
その典型が「浮雲」ですよ、小津がこの映画見て落ち込んだって聞いて
成瀬は内心喝采したんだろうな・・・

425 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 11:18:42 ID:nmm7rylE
>作風が小津とかぶってる。
少なくとも今見ると全然違うだけどね。当時はかなり大雑把なジャンル分けでも
してたのかな?

426 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 13:01:56 ID:Flogc4JN
城戸の発言は参考にならないよ。
特に否定的な発言は。否定的なものにはろくな発言が残ってない。
気分屋だから。

石井輝男によれば、その発言に非常にショックを受けたらしいが。


427 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 13:19:35 ID:R3pyiFdR
城戸曰く、小津は二人はイラネではなかったっけ

428 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 18:19:12 ID:0Wekunk4
子役と親子のユーモラスなやりとり「腰弁がんばれ」は「生まれてはみたけれど」
にかぶるし、不景気がど庶民をさらに不幸にする「夜ごとの夢」は「東京の宿」
に似てる。違う会社なら気にならないけど松竹だし。小津のほうがモダンだけど。

429 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 19:26:39 ID:5qsypxyo
>>423
『女の座』ですね。
私は司葉子と星由里子が多摩川沿いを歩いているショットが好きですよ。

430 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 19:50:16 ID:8xvtLv5K
>>429
なるほど。それにしても品格を感じる映画でした。

431 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 20:31:15 ID:26ctwKNF
星由里子が本当に可愛いね

432 :429:2006/05/27(土) 20:33:38 ID:5qsypxyo
>>430
私は品格のようなものは全く感じませんでした。
それより東宝の御用監督として、オールスター映画を演出しなければならない
成瀬の侘しさや虚しさや切なさをひしひしと感じましたよ。
これほどの偉大な監督も、晩年は粗製乱造で質の低下は否めません。
しかしストーリーは別にして、カットだけを観ればさすが成瀬です。

433 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 20:47:23 ID:1Gv5oGIX
大沢健三郎演じる息子が唐突に轢死(成瀬作品お馴染み)してしまったのには驚いた。
何も死なせなくても…。

434 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 22:02:58 ID:OC3YH0CQ
>>429
禿げた胴衣です。大好きなショットです

435 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/27(土) 23:22:48 ID:Flogc4JN
>>432
そうね。
全体としてはつまらないけど、所々いいところがあるね。
脚本がつまらないからね。

>>434
他のシーンも含めて、司葉子を気に入ってたことがはっきり分かるね。

436 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 01:01:14 ID:NwDGjMkV
>434だがその通り。清潔な美だから。星さんも大好きだ
脚本がつまらないは不同意だ。井手さんのタッチ、好きだ。松山は嫌いだ
井手さんはユーモア感覚があるし、他方で「めし」も書いた
森谷の「兄貴の恋人」も書いた。
小津がまじっている説はそうではなくて、井手の才による
俺は’60年代では「秋立ちぬ」・「女の座」は乱れ**より評価している
さればと言って、
「稲妻」、「晩菊」「薔薇のように」が最高だと思ってますよ
「浮雲」は文句なしだが、褒められすぎだし、後は伏字で勘弁して

437 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 07:56:48 ID:UdnTIlh6
たしか善三は「乱れる」でようやく一本立ちと言っているから、
「女の座」は善三が書いて、井手さんの修正が入ったんでしょ?
だからここのシーンでいいところがあるのは、
井手さんの手が入った可能性があると思っている。

「乱れる」のいいシーンも、脚本というより演出だし。
例えば警察から帰ってくるところ。

438 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 08:46:00 ID:dHlhgyJ/
「女の座」に限らないけど、
テキトーでいいからホンよこしな。俺がうまく撮ってやっからさあ、
っていいながら見るにたえる映画とってしまう職人監督、
いるのか、過去にいたのか、おいら素人で知らないけど、
そういう監督もいいなあって思う。荒らしてすまん。

439 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 09:54:10 ID:kVrGQqNL
「夜ごとの夢」は昭和八年公開だけど、同年には溝口の「滝の白糸」や
小津の「出来ごころ」が公開されている。
前年には小津の「生まれてはみたけれど」も。
巨匠と呼ばれているこの三人も、当時を比較すればその差は歴然としていた。

「夜ごとの夢」では、栗島が家の鏡台で化粧を始めると場面が転回して
酒場の鏡で化粧直しをしてるといった演出は光っていたが、夫が自殺し
たことを知った栗島に徐々に寄っていくアップをくどいほど多用したり、
わざとらしく稚拙な演出も披露している。
当時の成瀬の作品は、「与太者」シリーズよりも明らかに劣っていた。



440 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 10:01:13 ID:EkKOSE0i
成瀬は脚本は自分でも書くし、大切な要素だとは思っていたんだけど。
細かい描写とか重視して無駄なセリフは自分の感性で削ったのは有名。
それでも蒲田からのベテランだし、脚本家は本を渡したら成瀬さんの
ものって諦めたんだろう。駆け出しの監督じゃ許さないよね。

441 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 15:41:53 ID:TEB31x0k
>>439
大家はそれぞれが「一人の芭蕉」だから、比較する意味はあまりないよ
好きな作品傾向で、評価も違う。笑われるだろうが、以下、列記。
溝口だと「祇園の姉妹」の絶望的な凄み、乾いた感傷が好き
小津だとマイナーかも知れない。「秋日和」。財界人、医者、大学教授の
有閑階級の料亭のバカ話と酒肴、ラストの母の寂寞感も余韻が残る。
成瀬は林芙美子ものが好きで「稲妻」かな。
辛口、シニカルなようで、実は、warmheartedな情感がよかった。


442 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 19:35:29 ID:JhDUkEHD
>>441
小津の「秋日和」はマイナーじゃあないよ。本流の映画ですので・・・
だから、スレ立っているでしょ。よく周囲を眺めてから書いてください。


443 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 19:54:41 ID:kVrGQqNL
戦前の成瀬作品で優れているのは、『鶴八鶴次郎』くらいだろう。
『歌行燈』は途中まで凄く面白かったが、ラストの山田の舞いが
冗長なのと花柳の過剰な演技でしらけてしまったのが惜しまれる。
これまでに観た作品の中では、
『まごころ』、『芝居道』、『旅役者』、『乙女ごころ三人姉妹』、
『妻よ薔薇のやうに』、『噂の娘』、『はたらく一家』はいたって
普通の出来だと思う。
『秀子の車掌さん』、『三十三間堂通し矢物語』、『禍福』、
『桃中軒雲右衛門』、『雪崩』、『限りなき舗道』、『君と別れて』、
『夜ごとの夢』は時間の無駄になった。
同時期の小津、溝口、山中、野村、斉藤、五所、吉村あたりと比較しても、
まさか2006年の時点で成瀬が、世界的にそこそこ有名になり、巨匠など
と呼ばれているとは誰も予想しなかっただろう。




444 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:13:52 ID:JhDUkEHD
だから、比較検討することが歪んでいる
>>441
の書いていることに同意で、成瀬も吉村も俺の好みだ
>>443
褒めていないようで、本当は、隠れ成瀬ヲタなのだろう・・・
でなければ、普通、そんなには観ないよw)。ageてるのもスレ宣伝だよ
かなり歪んでいるね、フフw)


445 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:22:57 ID:5gXm6YsQ
>>443
デコや水久保澄子の良さが分からん奴に映画を語る資格はない

446 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:35:59 ID:aZ319uHR
>>443

 >『妻よ薔薇のやうに』はいたって普通の出来

お前出入り禁止。
リストにあげた作品全部100回見直してから、また出直して来い。



447 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:42:58 ID:JhDUkEHD
>>443
は青林さんだもんね。反応したのが誤りだった

448 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:43:42 ID:kVrGQqNL
昭和24年というと映画界は盛り上がっていて、小津は『晩春』、黒澤は『野良犬』、
木下は『お嬢さん乾杯』と巨匠達は名作揃い。
そんな中で成瀬は『不良少女』。
これについては双葉氏が辛口の批評を残している。
成瀬は決して3割バッターではなく、2割5分程度だが、たまに大きな仕事をする選手
みたいだ。

449 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 21:05:15 ID:SEMe339r
>>448
双葉センセイの評することって、
昔も今(尤も存在しているというだけで死に体だが…)も
とんでもなくマトはずれじゃね?

450 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 21:13:24 ID:VOA8dHAm
双葉先生はもっとも尊敬する最後の批評家で、
淀長や、ましてハスミンとは格が違います
双葉先生は洋画専科のようで、邦画も月評では辛口で書かれていた。
ですが、「銀座化粧」は叩いたけど、「めし」絶賛。
「成瀬巳喜男の表現形式」(キネ旬、1953、7)の論文を読みなはれ
当時の双葉先生は小津の「風の中の牝鶏」を、”自縄自縛の作品で、
酷くわずらわしい”と書いた。かってに、トリミングするなよな。
ps。文春新書の双葉本は全面信用するな。ご本人が校正できる状況でなく、
茶飲み話を本にしただけだ。一読の価値ありだが、本来の批評とは違うので。
念のため


451 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 21:39:33 ID:SEMe339r
う〜ん…
双葉センセイが、
>尊敬する最後の批評家
>邦画も月評では辛口
>「銀座化粧」は叩いたけど、「めし」絶賛
>「風の中の牝鶏」を、”自縄自縛の作品で、 酷くわずらわしい”と書いた
というのは、いずれもどうでもいいことだよな。

>文春新書の双葉本は全面信用するな
やっぱりあれは認められナインだ?
本当に非道い本だよね。
>ご本人が校正できる状況でなく
いかにも雑談、という内容だったんだけど、
本当にそうだったとは驚きました。
それに対して「著者」と名乗ってしまうのは、
編集部の怠慢?
それとも双葉センセイがいいように利用されただけ?

大体、20年くらい前の月刊誌「小型映画」の連載が終わった後
(というか、雑誌が廃刊になったのだが、
当時から編集部の聞き書きとか、的はずれの評が多かった)、
活動がぱったりと途絶えたのだが、ここにきてなぜ新刊が
文春から2冊も出たのだろう。

452 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 21:53:41 ID:VOA8dHAm
お返事は書きます。>451
「成瀬巳喜男の表現形式」(キネ旬、1953、7)の論文を読みなはれ
ps.の部分は、ご本人が「ハラハラドキドキ」で書かれている。
ただ、トパーズプレス・キネ旬ののウルトラ大部の書評には瞠目だ


453 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 22:16:07 ID:kVrGQqNL
1960年の『秋立ちぬ』、このあたりから再び低迷期に入ったと言える。
全盛期の映画から観ると、小津や黒澤など問題にならないと思えるほど
素晴らしい作品が目白押しなのに、戦前と晩年の作品を観るとガッカリ
させられる。

『秋立ちぬ』は藤間紫の娘役が下手なのが致命的。
子供二人が核になっている話だけに、全然集中出来なかった。


454 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 22:30:45 ID:U+EslsxO
私は「女の座」が分水嶺だと思うけどな


455 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:06:56 ID:UdnTIlh6
>>443=>>450=>>453は全く見る目がないな。
センス皆無だ。映画観ない方がいい。


456 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:22:15 ID:kVrGQqNL
1961年の『妻として女として』は、とても退屈な映画だった。
高峰に対する姉と弟の反応が中途半端だし、何よりラストが
最悪。
晩節を汚すような酷い作品に間違いない。

457 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:33:40 ID:5gXm6YsQ
それって、ばあちゃんと二人で部屋にいてデコが歌うシーンなかったっけ?
あのシーンは素晴らしいと思うが

458 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:34:52 ID:o9bFB62p
もし「ひき逃げ」が遺作だったら悲惨なことになってたなw
黒沢溝口小津と肩を並べることは到底できなかっただろう。
弟子の石井と同様「カルトの巨匠」扱いされてたかも。

459 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:44:38 ID:h4D+ssdb
んなことない。>>441の最初2行だけ、全て同意だ
なんで較べるのか?いっとくが、俺は成瀬が一番好きだよ

460 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 02:29:10 ID:2m0vPB3M
>>458
小津と成瀬の遺作は名作だけど、黒澤と溝口のはそれほど評価高くないでしょ。

461 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 02:45:46 ID:WSaFJ7Io
溝口の「赤線地帯」は十分に名作だと思うよ。
「楊貴妃」じゃなくて良かったよ、ほんと・・・
黒澤に関しても高齢だしああいうスタイルの映画になるのは
しょうがないんじゃないのかな。ファンは活劇望んだかもしれんが

というか延々やってるけどこういう比較になんか意味あるの?


462 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 03:08:30 ID:T3Eic1+b
俺は「乱れ雲」はそんなにいいとは思えない
蓮実某は絶賛してるらしいが

463 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 03:25:52 ID:7C/ycC59
蓮実某、もう用済み。

国立東京芸大に映画学科が出来て、北野が教授になって、
これが「既成事実」として日本史に残ってしまった。
ここまで持ってくるのは大変だったろうな。
ご苦労さん。

464 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 08:33:48 ID:bkIPvhn3
「乱れ雲」はいいな。
実家に帰った直後の森光子がらみの話は不要かな。

465 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 14:23:15 ID:1e1nTb6B
小津や溝口、黒澤と比べてもほんとーーうに意味ない。
4人とも個性があって当たり前で結局は好みの問題にいきつく。
小津ファンからすれば同属相憐れむみたいだし、黒澤ファン
からしたらダラダラしてラストも救いようがない退屈な映画
ばかりということでしょうね。私は日本の風土に根ざした点、
普通の庶民を普通の視点で描いた稀有の作家だと思うけどね。

466 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 17:46:54 ID:gdiChtQD
時々でいいので木下も思い出してあげてください。


比較論に意味はないと俺も思うけど

467 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 18:22:55 ID:SXpXaF6A
どうしてなんだろうね
だから、長部さんが木下論を書いたのだろうが、私は怠慢にも未読
吉村も再評価されていい。でも、比較論の視点ではないですよ
消えてしまったのはなぜか?の話題だす

468 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 18:30:53 ID:SXpXaF6A
連投でごめん
「乱れ雲」はいかにもステレオタイプなんだよね、私にとっては。
加山嫌いだし、演出の力だけで成立している
いかに司さんファンでも、あの男は嫌いだ。夏木陽介ならよかったかも


469 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 20:16:48 ID:/31QLNSG
難解な作品を芸術性が高いと解釈する評論家の言葉を真に受けて、素人が
小難しい言葉を並べて批評を書いてるのを見ると笑ってしまう。
評論家は誰も批評しないような作品を見つけてきて、無理やり誉める所を
探し出しメシを食っている。
成瀬の映画は解りやすいはずなのに、わざわざ難しく解釈するなんてナン
センスの極み。
娯楽性の乏しい映画に価値など無い。
成瀬には『羅生門』やビスコンティみたいに、わけの解らない作品を作ら
なかったことに価値がある。

470 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 20:24:51 ID:kO2k7Akj
「羅生門」程度でわけがわからないとか言ってたら、知性を疑われるよ

471 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 20:35:16 ID:C0Th+jhW
>>470
俺も同意。
普通に見て面白いじゃん。「羅生門」。

472 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 20:53:54 ID:/31QLNSG
『羅生門』は公開当時それほど評価されていなかったが、海外でグランプリを
取ったことでマスコミや評論家が再評価しただけ。
一般のファンはそれに踊らされ、映画青年みたいな輩は解ったフリして崇めた
結果が現在の評価だろう。
今後、今の10代20代はこの映画に現在のような高い評価を与えないと思われる。
成瀬の映画は単純なので、そんな心配は無用。

473 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 20:59:47 ID:kO2k7Akj
ずっと思ってるんだが、君はほんとに映画見てるのかね?
全部が全部、本からの受け売りのような書き込みに見えるんだが

474 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:06:01 ID:C0Th+jhW
>>472
472は現在の10代20代の映画ファンを直接大勢知っていて、アンケートでもとった上で、『羅生門』には高い評価を与えない、成瀬の映画は単純なので高評価を受ける、そう断言しているのか?
そうでないとしたら、あんたの意見は説得力に甚だしく欠けると言わざるを得ない。
成瀬の映画は単純、と言い切ること自体、何も解ってない。
ストーリーが追えるから単純だと思っているのなら、あんたは何も解っていない。
ところで、「羅生門」はあんたにとって難解だったのか?面白くなかったのか?

475 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:14:48 ID:L0TFTAUp
成瀬を「単純」と切れる感覚はある意味凄いな

476 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:35:04 ID:/31QLNSG
現代の若者の多くは、『羅生門』より『おかあさん』、
『雨月物語』より『杏っ子』に共感を覚えるだろう。
中にはATGの映画を好んで通ぶっていた輩みたいなのもいるだろうが・・・
成瀬の映画は単純で誰にでも解りやすい。
つまり娯楽性の高い極めて優れた映画だと言える。

477 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:36:36 ID:1e1nTb6B
成瀬が「羅生門」撮ったらどうなったんだろ
京マチ子、森雅之、三船、みんな成瀬映画に出ているしw
まさか突然の交通事故(牛車に轢かれる)、ちんどん屋(猿若か?)
に細い路地の二人歩きとか・・・


478 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:41:10 ID:C0Th+jhW
ID:/31QLNSG

今後、無視を徹底してくださいますようお願いいたします。

479 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 21:42:32 ID:UTdL1++j
もういいってば。青林に踊らされて、また、比較論かいな

480 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 22:10:46 ID:Ca0IPtUF
当時、映画館でリアルタイムで観た人達が羨ましく思えます。
きっと、彼等は頭で考えたり、知識で得た面白さではなく、心で感動し泣いたことでしょう。

経験から言わせていただくと、10代〜20代で観たときにはそれほど感動しなかった映画で、30代以降に観て面白く感じた作品がいくつもありました。

成瀬作品…、これからもずっと大切に観ていきたいと思います。

481 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 22:13:04 ID:/31QLNSG
昨年は成瀬関連の書籍が雨後のタケノコのごとく出版されたが、
殆どが単純な映画をわざわざ難しく解釈していた。
きっと成瀬が読んだら苦笑しただろう。
例えば『乱れ雲』なんて非現実的で、かつ典型的なメロドラマなのに・・・
男と女がSEXする寸前で出来なかった、寸止めみたいな単純な映画なだけ。

482 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 22:14:09 ID:T3Eic1+b
成瀬は大人向けだからね

483 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 23:34:57 ID:/31QLNSG
ニュー・シネマ・パラダイスで、映画を観ている観客を写しているシーンが
あるが、あれこそ映画の本質だと思う。
お客は娯楽のつもりで映画を観にくるのであって、映画に芸術性など求めて
いない。
だから、『男はつらいよシリーズ』、『駅前シリーズ』、『座頭市シリーズ』
が長く支持された。
難解な映画を理解してると言ったり、自分勝手に解釈して満足している映画通
を気取った輩は、『狸御殿』や『眠狂四郎』などは評価せず、ただひたすらに
評論家の真似をして、くだらない批評をしている。
いつまでも勘違いに気付かないだろう。

484 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 01:02:31 ID:wzwA+3EK
>>483
ほうほうそれでそれで


485 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 01:46:21 ID:nqstnC+W
>>481
『乱れ雲』ってストーリー追いかけるだけの作品じゃないと思う。
映画の香りを聞き分けるセンスがなくちゃ。

486 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 07:01:27 ID:Wvka00Fy
>>483
ご存知だと思うけど、念のために書くと
ニュー・シネマ・パラダイスは完全オリジナル版DVDがおすすめ
公開時削除の訳60カット(50分)が復元されている
蛇足、脇道スマソ

487 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 07:27:58 ID:edvGk4m+
映画の香りを聞き分けるセンスってなんだ?
そもそも香りをどうやって聞くのかとても難解だ。
一般的には香りなら嗅ぎ分けるだが・・・・


488 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 07:47:27 ID:wzwA+3EK
雑音の481が臭いんでね?

489 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 07:50:09 ID:GNor6qUi
香道では「香りを聞く」(聞香)といった表現をするが、映画と何の関係があるのやら

490 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 08:08:44 ID:edvGk4m+
>>485はもう出てこないだろう。



491 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 08:13:25 ID:wzwA+3EK
成瀬も好きだが『眠狂四郎』も好きなんだが
もっとも三隅三部作だけだがね

逆にニュー・シネマ〜はまとまりすぎて逆に単純でつまんなかったぞ

492 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 08:24:47 ID:edvGk4m+
>>485
>『乱れ雲』ってストーリー追いかけるだけの作品じゃないと思う。
映画は登場人物に感情移入して、次の展開を期待しながら観るのが
一般的だと思うが、それこそストーリーを追いかけるということに
なるんじゃないか?
何が言いたいのかさっぱり解らない。
『羅生門』より難解だ。

493 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 08:32:38 ID:uxc9YV4z
「放浪記」を観たかったんだけど、
以前BSで放送されたらしいけど録画するのを忘れてしまった。
他の成瀬作品は録画したんだけど、
「放浪記」だけは忘れていた。
ちなみに漏れが成瀬作品で好きなのは「女の中にいる他人」
何か衝撃的だった。夫が浮気相手を殺したのを妻がかばうという
ような話だったっけ?で浮気相手の旦那が夫と友達で・・・という
感じだったかな?

494 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 17:28:41 ID:WdZx/0gh
そうそう。アタイアの「細い線」が原作。当時の言葉だと、
ニューロティック・スリラー(邦訳)といってた。神経を病んだサスペンスの傑作
不快極まりないお話ですが・・。それが、ニューロティック・スリラーの真髄
他にも、シャーロット・アームストロング、P。ハイスミス、
「ハマースミスの蛆虫」とかがそうだよ。ナルスジャックなど目じゃない
原作が迫力ものだからで、演出はそんなに凄いとは思わなかった
若林映子が気の毒だった記憶がある

495 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 17:47:32 ID:c9feOM9B
「女の中にいる他人」

橋から落ちた男の画を入れた理由がわからない
晩年ちょっとセンスがおかしいよ

496 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 18:13:11 ID:uxc9YV4z
>>494
夫 小林桂樹
妻 新珠三千代
浮気相手 若林映子
その夫 三橋達也でおk?

497 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 19:22:36 ID:4W0hIH+w
OKだと思う。若林映子は三橋の妻(?)だったような希ガス
>>493
の”浮気相手の旦那が夫と友達で・・・という 感じだったかな? ”だが、
愛人じゃあなくて、三橋の妻だったような。浮気相手は確かにそうなんだけど


498 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 19:33:56 ID:4W0hIH+w
>>495
なるほど。少し乱調かも。原作が原作、アブだから。連投してしまいました

499 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 21:12:29 ID:4W0hIH+w
本題に戻ろうよ。ゴメン

500 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 21:37:38 ID:mR31z4Aj
>>498
乱調というか、破調ですがな。

男を上から見た絵入れて、
その後あわてふためく桂樹の方はむしろ省いている。

ああいうのもう一作撮る元気があればな…

501 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 22:47:55 ID:RUq/9G4V
それって、破調のダイナミズムを評価てるわけ?為念
リアクション・ショットまで省略してたってこと?
だったら、私はそれ見落としているな

502 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:26:05 ID:j+v0tAfm
落ちた男の画は、全く不要だよ。
あれば小林の脳内想像だし、談話でわかる。

あのショットだけ三流お茶の間テレビなんだよ。
全体の格調を壊してしまっては破調も何もない。
俺は思いっきり白けてしまった。
観客の想像に委ねる成瀬がなんであんな画を入れたか理解に苦しむ。

503 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:37:08 ID:uxc9YV4z
「女の中にいる他人」はあまり評判良くないな〜〜〜。
でも、漏れは新珠三千代の演技は良かったと思うぞ。
何というか、目がマジで逝っていて「自首しないで!自首しないで!」と
桂樹に訴えかけてる迫力があった。確かにこれは成瀬監督には向かない
作品だったと思うな。当時はTVの波がすごかったらしいから、監督も
真剣に悩んでいたんだろうな。TVに負けない映画をつくるために・・・。

504 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:42:45 ID:RUq/9G4V
ラスト近くなると、故新珠さんは凄みがあった

505 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:44:57 ID:j+v0tAfm
新珠三千代はもちろん完璧だ。
三橋に小林、キャスティングは文句のつけようがない。

506 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:51:03 ID:j+v0tAfm
いま思い出したが、新珠三千代は脚本のラストが不満だそうだ。
そのうちバレる(または自首の)気配がする。
あれは完全犯罪にすべきだと云っていた。

507 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:54:55 ID:RUq/9G4V
ならば原作と違うし、心理サスペンス(ある種異常な)にはならない


508 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:04:12 ID:xXXXQY7T
ちなみに桂樹が新珠三千代と共演した作品で
印象に残っているのは
「江分利満氏の優雅な生活」と「女の中にいる他人」だそうだ。
和服のイメージが強い新珠だが、こういう
庶民的な役もこなすところがすごい。というか、上手い。

509 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:07:31 ID:DSjvPjyg
>>487
辞書を引けば分かるけど、「香り・匂い」は「視覚的な美」の意味もあるよ。
成瀬映画は更に微妙なニュアンスや気配で魅せるものだし。

>>492
もちろん「次の展開を期待しながら観る」って部分はあるけど、それ「だけ」じゃないって話。
脚本は通り一遍のメロドラマでも、肉付きの部分がやっぱり違うから。

510 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:08:33 ID:xXXXQY7T
TVの波に押されて孤軍奮闘していたのは
世界のクロサワだけだと思ってたけど、
成瀬監督もそうだったんだね。
だから、この二人は話があってたというもんね。
映画協会のパーティーがあって
この二人が延々映画の話をしていて
他の監督がこんなときに映画の話なんかよせ!って言ったら
クロサワが「映画監督が映画の話をして何が悪い!!!」と
怒鳴ったそうなw

511 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:17:33 ID:BMCmmQVg
某ファンサイトの管理人が自作自演してるらしい。
自分の掲示板は閑古鳥が鳴いてるそうだ。

512 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:18:32 ID:X7QQAM7l
たしかに、外国映画への危機はかなり昔からあった
テレビへの危機は、当時そんなにあったの?

513 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 00:54:10 ID:x9b3vDTb
市川崑がTVにはじめて触れたころのことを回想して、凄いものが生まれた、なにか新しいことを
やってやろう、と思ってCMやらドラマの演出に乗り出していったけど、周囲の映画関係者は
凄い警戒感と対抗意識をもっちゃって、だから映画関係者とTVのほうの人は反発して
ばっかで残念だったといってたな。まあ今でもそんなところあるけど。

514 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 05:05:15 ID:Peb6i3Ei
>>502
見せなきゃいいってのも短絡じゃないの?

アラ探しずきの人にはたまらないんだろうけど。自論展開厨とか。

515 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 22:46:30 ID:ZEkEy+TI
「妻よ薔薇のやうに」「鶴八鶴次郎」「めし」「おかあさん」「あにいもうと」「山の音」
「晩菊」「浮雲」「驟雨」「妻の心」「流れる」「あらくれ」「女が階段を上る時」「娘・妻・母」
「妻として女として」「女の座」「放浪記」「乱れる」「ひき逃げ」「乱れ雲」を見ましたが
どれも面白くありません。そんなわたしにお薦めの成瀬映画はなんですか?
近々、「女の中にいる他人」を見ようかと思っております。

516 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 23:07:20 ID:ovUe8WaX
いやw、そんだけ観ててダメなら合ってないから素直にあきらめたら?
まだ若いのかもしれんが、成瀬の評価されてる点が全く感じられないのであれば
別系統の映画を楽しんだらいいと思う。
他にもいい映画いっぱいあるからさ。

ただ御苦労さまでした、とだけ言いたい。
たとえ釣りでもねー

517 : ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/05/31(水) 23:08:33 ID:dfmy2bxQ
     ∧_∧
    (  ´ー`)     ∧_∧
    /     \   (    )何言いきった顔してんだ? 
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ 調子のんな  \|   (    ) 
  |     ヽ           \/     ヽ. 誰も聞いてねーよ
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /

518 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 00:12:13 ID:st59I1uJ
同感ですね、私たちには傑作でも、観る方の生理・体質もあるから
無理しないで下さい。今、観たいのを観ればいい


519 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 03:22:51 ID:f/N3SVc5
釣りじゃないの??

520 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 06:22:22 ID:eYw/L12q
自作自演する人って、多重人格な面があるんだろうね。
どう考えたってまともじゃないから、早くカウンセリ
ング受けた方がイイよ。

521 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 07:05:04 ID:IyWMkkLS
>>443
最近の全作品放送ではその「普通の出来」の作品が人気高かったな。
成瀬の特徴が良く出る題材的に力の抜けた作品群。

全般的に同時代は評価低くて、
同時代の評価って本当にあてにならないと思った。


522 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 12:02:24 ID:eMUYK4od
「乱れ雲」は加山でも司でもなく
土屋嘉男が一番インパクトがあった気がする。
「由美子ーーーーーーーーーー!!!由美子ーーーーーーーーーーー!!」

523 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 18:35:53 ID:kyzZllKt
土屋嘉男は「乱れ雲」をあんまり評価しない漏れも
好きだ。無関係なはずだが、少しインテリ評価がケシカランけど、混じっているかも

524 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 18:42:09 ID:h03Cnucx
土屋嘉男てインテリなの?
とてもそうは見えないけど・・・

525 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 19:19:42 ID:i5aQ8qen
>>524
やっぱ農民顔だよな

526 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 19:29:01 ID:o53nvIId
土屋と司・・・せっかく三十郎に助けてもらったのに・・・とことん不運な夫婦。

527 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/01(木) 21:26:40 ID:eMUYK4od
土屋嘉男はマジでいい人だ・・・と思う。

528 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 00:13:12 ID:xuF1Sc+x
>>524
母から慶応と聞いてた
調べ直したら、現山梨大学医学部(昔は医専とかいったのだろう)卒だ
役者人生と学歴などおよそ無関係。報告まで

529 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 17:59:15 ID:fx7H394C
>>525
ミステリアン総帥、X星人大将軍をなめんなよ。
あとかなり年齢的に無理のある太陽族@マタンゴってのもあったがな。

530 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 21:38:00 ID:x7rsxm7P
マタンゴは懐かしい
先代の円谷先生。俺は、ゴジラとモスラの初作品が好きだ

531 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 21:43:08 ID:x7rsxm7P
連投スマソ。「浮雲」等の玉井正夫撮影は、ゴジラも同じですね

532 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 22:52:34 ID:GcOZCJpw
>>529
「宇宙大戦争」でナタール人に
操られ最後は殉職した岩村もお忘れなく。


533 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/03(土) 10:05:33 ID:JvaAyJGY
乱れ雲は素晴らしいな。
あれだけはかなくも美しい日本情緒を綴った映画は稀。

534 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 14:02:40 ID:uOIvyl8D
成瀬巳喜男作品のまごころはどのような映画表現が使われているでしょうか?
ご存知の方、助言よろしくお願いします。

535 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 17:35:32 ID:AYP0PXEy
おらトーシローだが、成瀬に「まごころ」って作品はないようだが・・
それはどのような作品でしょうか。

536 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 18:02:21 ID:qE5j3XuK
悦っちゃんが出てくる映画
戦前作品

537 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 18:03:25 ID:levw5Cbj
>>535
http://www.jmdb.ne.jp/1939/bo003310.htm

おらぁ見てただにょ((C)与平)。CSの日本映画専門チャンネルで。
小学生の女の子が主人公で、父親(高田稔)が自分の友達の
母親(入江たか子)と昔つきあっていたことを知ってショックを受ける……
というお話だったかしら。

538 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 19:38:09 ID:Xl+b2uYK
おう! >>536>>537 サンクス!

539 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 21:03:01 ID:ZFsltUg9
「まごころ」って、原作が石坂文学だけど、成瀬の気質(?)とは
ミスマッチだと思う。通信簿とか、嫌われおばあちゃんとか石坂色は残るけど
結局、多分、高田稔は戦争で死んで(死んだとは描いていないけど)、
妻と愛人だけが生き残る。
得意の未亡人もの?前作と後作が傑作だから、印象が希薄でごめんなさい
 

540 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 21:27:42 ID:sLKcLsq/
君とミスマッチなだけだろ。
「まごころ」「秀子の車掌さん」「秋立ちぬ」ってのは成瀬の重要な一面だよ。

541 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 23:55:11 ID:OCDNGgY6
違う。石坂文学とはミスマッチと書いただけ。石坂文学は否定できないけれど、
俺の好みじゃない
戦後の未亡人ものの原型みたいだと書いたよ
「秋立ちぬ」は同感だ

542 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 00:04:20 ID:SbJB48E3
石坂洋次郎というと日活の映画を思い出すが、
成瀬も三本かな?撮ってるのね

543 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 05:09:23 ID:Lkcw7LQY
「あにいもうと」「稲妻」DVD
http://www.joyo.com/movie/detail.asp?prodid=bkys512616&uid=w57u4tut8jy4zucjeuggqg5gs
http://www.joyo.com/movie/detail.asp?prodid=bkys603637&uid=w57u4tut8jy4zucjeuggqg5gs


544 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 09:11:08 ID:t0Cj+0Bh
>>541
石坂とも「石中先生行状記」「くちづけ」があってミスマッチだとは思わない。
「若い人」や「思春の泉」を成瀬が作ってもいけたと思う。


545 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 17:58:28 ID:W0UxujbC
「石中先生」なら、初期の作風で、朴訥系ならOK
「若い人」だと、人間関係の絡みが複雑で似合っているけど、
でも、大正デモクラシーと理想主義で貫かれた、
当時のブルジョア家庭での石坂特有の長ゼリは、成瀬はゲッソリでは・・・
むしろ、「乳母車」なら、田坂より味わい深い、より佳品になりえたと思う

546 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 23:08:09 ID:t0Cj+0Bh
長ゼリフは削るから、臭さが消えちゃうんじゃないか。
「石中先生〜」だって原作はもっと説教臭いもん。

547 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 00:12:46 ID:xMpbD50b
すまない。「陽の当たる坂道」と勘違いしてた。
「若い人」西河監督しかみていないが、気の毒な少女の性的な生臭さとか、
女教師との葛藤、熱血教師で、トライアングルはまさしくあうね。
キャストは女教師は司、不良が入った少女は星由里子でいい
熱血が加山だけ勘弁してくれ

548 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 20:31:26 ID:UL0ElXji
若い人は原作しか知らない。幸薄い美少女はえげつなく生々しいけど、やっぱ
ストーカーじゃん。主人公の恋人の先生はノーブルでいい人だけどで、インテリ女性ならではのジットリ部分が濃厚だよな
成瀬が死んでしまってからだと”たられば”なんか、意味ないじゃん。
「愛怨峡」(?)だっけ、ああいうのがみたかったなあ、”たられば”なら。

549 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 22:05:58 ID:lyKmcBSx
"舌の根乾かぬうちに"とは>>548の事だな。

松本清張の「氷雨」とかな。

550 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 23:37:06 ID:T+IMetys
俺、問題あることを書いたの?俺流の解釈を諸先輩に開陳させて・・・
成瀬監督は俺的には庶民的で、
平々凡々が一番というように市井を描いた。技巧もフェードイン,
フェードアウトだけで、表現形式を確立したと思う。
その映像文脈(?)の中に”紀の文学”が添景として織り込まれている。
とても、格調のある、抑制がきいた映像の純文学だと思った。
 ”稲妻”が好きというのは、らしくない、凄みがある意味では理解できる。
でも、”乱れ雲”なんか、”不良少女”よりもっと乱れている。
 山田洋次のような計算づくめの老獪な偽善ではない。
シミジミした雰囲気醸成とアイロニーが入った作品が本筋なのではないのか。

551 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 00:37:29 ID:IbH7CP06
>>549
褒めてんの?褒めているのなら、
氷雨より、けものみち、破滅の美学を書いた初期の清張の短編でしょ
長いのは、武蔵野で懲りた。大岡なら花影じゃあないの

552 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 18:42:06 ID:fUyUvZbY
>>551
大岡先生の「武蔵野夫人」は風景が素晴らしい。
けど、溝口演出だよ。
「花影」は池内淳子で、川島雄三作品がある。ご存知なら宜しいが、
大いなる誤解があるようですね。出直して下さい

553 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 18:30:16 ID:v5QrMAAn
成瀬が生きていたら、2ちゃんねるで自作自演する『秋立ちぬ』が大好きで、
多重人格な病気男の日常生活を淡々と描写した映画を撮ってほしい。


554 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 19:13:18 ID:yj7OffV6
「ALWAYS三丁目の夕日」ビデオ発売になるけど成瀬ファンから見たら
この映画はどういう印象になるんでつか。話を折ってスマソ

555 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 21:07:02 ID:TGcJ22EW
>>554
語るに落ちる。

556 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 23:07:27 ID:XhX4J1G0
>>553
ワロス

557 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 00:14:02 ID:Lavac1C5
おいおい、このスレで「秋立ちぬ」好きなのは一人だと言うんじゃないだろうな。

558 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 00:26:50 ID:B3BjJ/YN
また始まったよ。。。
これから24時間以内に「秋立ちぬ」のファンが3人以上出現します。

559 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 00:37:53 ID:kS9yt1h8
>>553>>558
ageるな。
釣りもご愛嬌ならカマワンが、
きみのは悪辣で、たちが悪い。
逝きなさい

560 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 20:00:50 ID:B3BjJ/YN
自分以外書き込みする奴が滅多にいないから、>>553>>558が同一人物
だとすぐに判断出来る>>559は、「秋立ちぬ」を見る度に涙している。


561 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 20:58:17 ID:gKv0Pazd
ttp://www.rcsmovie.co.jp/index.htm

京都で成瀬の特集あるね
見てないのもあるから京都の人ウラヤマシス

562 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 23:08:02 ID:oM3SH+X+
CSで全部観たからイラネ。

563 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 23:15:52 ID:TUBzdiMz
ショボいTV画面で見たのを自慢されても・・・

564 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 00:10:27 ID:u9NpnJ8R
>>560は愉快犯かな?。
批判でも、私は歓迎する。ただし、
成瀬映画の問題点を個別具体的に語ってください。
by 「風立ちぬ」ヲタの一人だけ




565 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 10:44:51 ID:w56OkU4J
>>564
>問題点を個別具体的に語ってください。
そのような行為の結果、果たして結論が出るのでしょうか?
既に結論が出ないという結果が出ているにも関らず、作品について語る
など具の骨頂では?

>批判でも、私は歓迎する。
批判を歓迎出来るのは、関係者だけ。
単なるファンの貴方が歓迎するなど、おこがましいことこの上ない。

566 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 12:46:52 ID:IsisV2gK
>563
観てないよりいいのでは?

567 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 14:42:01 ID:7EG4Xnaw
>>565
>批判を歓迎出来るのは、関係者だけ。
>単なるファンの貴方が歓迎するなど、おこがましいことこの上ない。

批判を好まない人がいても不思議ではないが
たんなるファンだって、批判を含めた
いろんな角度からの批評を知りたいと思ってもおかしくない。
むしろ“関係者”“おこがましい”なんて単語が飛び出すのに驚いた。
馴れ合い掲示板を見つけてオナニーしてればいいじゃないか。
お前みたいな決めつけ野郎は、少なくともここでは不要。

568 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 16:35:43 ID:1mp/COvP
>>562
TVとスクリーンを同一線上で語るのは糞

569 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 20:45:28 ID:w56OkU4J
>>567
何だお前は?>>564じゃないなら引っ込んでろよ。
俺は>>564を待っている。

570 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/11(日) 08:16:53 ID:pcgvZa6O
>568
まったくだな…

571 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/12(月) 18:30:36 ID:iNvnZudr
562は京都に見に行けないのが悔しかったんだろ。

察してやれよ。

572 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/12(月) 18:54:38 ID:H9GqHXjp
2ちゃんにも、571みたいな人いるんだ。まじ感心した。

573 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/12(月) 19:45:15 ID:zPcAydTM
まったくだぜ…

574 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 09:48:47 ID:ZrQGud6N
宅配レンタルでも出てるね
http://posren.livedoor.com/search/list?q=%C0%AE%C0%A5%CC%A6%B4%EE%C3%CB&type=person

575 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 12:13:59 ID:Wr/dWk0z
成瀬のDVDって結局これっきりなのか。

576 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 13:27:53 ID:xxPFrt00
>575
出てないよりいいのでは?

577 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 17:18:18 ID:AcKwSi/G
まぁ、NHK-BSやCSで結構放送したから、観る機会があったことは確かだからね。
どうしてもDVDで欲しいなら仕方がないが。

578 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 13:48:53 ID:n0T/Kk7b
録画してた「妻よー」をみた。これ、日本で最初に海外興行された映画だそうですね。
これみた、アメリカ人は「日本人は浮気ひとつするにも、生真面目な民族だ」と思った
のかなw

579 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 16:03:24 ID:8hhUuVVH
一見つまらなそうなコンセプトでも、なぜか退屈させないリズム感で
一気に見せてしまう不思議な監督が成瀬巳喜男。
その正反対が豊田四郎。

580 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 17:01:16 ID:HwKB27ck
「秋立ちぬ」、ラピュタ阿佐ヶ谷でやるなあ。

581 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 19:04:00 ID:cNK0zvFj
「秋立ちぬ」と「おかあさん」の二本立てで観たいな。

582 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/22(木) 00:16:10 ID:f9JeRc59
「秋立ちぬ」「おかあさん」「まごころ」「銀座化粧」オールナイトで。

583 :この子の名無しのお祝いに :2006/06/24(土) 19:50:17 ID:kNJBv2el
並木座みたいなのはもう今はないのかな
高校のとき成瀬を見て感動したのに

584 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 21:07:35 ID:jfLpvSkT
日本で日本の名作が滅多に見られないって、どうかしてるね

585 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 12:06:43 ID:DZZsSMRc
まったくだな…

586 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 14:34:08 ID:8NmNAh0h
見識なんてものは映画会社に求めてもしょうがないが、
いいものを売りこむ能力もないのは困ったもんだ。

版権だかなんだか知らんが、そういうやっかいな代物が
無能な映画会社の手にあることは悲劇だ。

587 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 18:44:48 ID:DZZsSMRc
まったくだぜ…

588 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 19:18:27 ID:4YgABv2O
経済を知らない馬鹿どもめw

589 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 21:48:50 ID:TJyCn5X+
今の若い連中はマンガ世代だから最近の映画からドラマからCMまで
ぜ〜んぶマンガの実写版みたいな演技に台詞で満足してる
そんで、いいもんは欧米映画にしか求めてないんだろうな

オレも若いころは昔の邦画なんてジジ臭いだけって興味もなかった
で、いざ観てみるとそのレベルの高さに驚いて、逆に今のが観れなくなっちまう‥
これはオレが歳をとっただけではあるまい

存在を知らない、もしくは知らせないってのは悪だぜ、まったく
アメの経済主義っつー金第一主義には反吐が出らい!

590 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 22:53:59 ID:jXRu7+RN
保守ではなく、憂国のお方でんな。気持ちは理解できるが、2chだもん

591 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 23:25:47 ID:+uCIasDH
最近CS、BSのおかげで少しづつ昔の邦画ファンが増えてるような気がする。
俺もその一人で、成瀬の名を知ってまだ一年半だが、はまっちゃったよ。

592 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 23:40:43 ID:liYD0fjx
成瀬にかんしてはNHKも頑張ったけど、数年にわたって枠をつくって放送し続けた707chの功績が本当に大きい
というか本当はほそぼそとでも続けてほしいんだけど。

593 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 01:15:15 ID:CGE/p961
昔の邦画に興味出て、とりあえず一通りセオリー通りにバカみたいに
監督ごとに代表作ピックアップして観てみたのよ。
正直最初に観た「浮雲」はピンとこなかった。
つーか、個人的に女にだらしない男は好かんで、苛ついた。
でも、なんか気になって複数観るとあのなんでもないように見える描写の
奥深さや、説明を避け大胆に省略する潔さの虜になって、気付いたら
50作以上観ていたよ、ネットで調べたら結構人気あるんで逆に驚いた。

594 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 02:21:34 ID:RKh8BIrr
先程「山の音」を見たところ 
言葉づかいも綺麗だし 古き良き日本が実感出来る
BSのお陰で、昔の日本映画が大好きになった。

595 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 04:00:28 ID:n2EaKZli
本当によう、古い邦画ブーム到来してほしいな
いまツタヤだとけっこうあるけど、もっと目立つところに置いてくれ〜
そして、セルも洋画の名作なみに安くしてくれ〜

596 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 10:39:48 ID:bHcIe+82
>>593

たしかに成瀬といえば「浮雲」、と、「浮雲」ばかりが喧伝されているから、
多くの人の成瀬初体験が「浮雲」になってると思うけど、いろいろ見ると、
必ずしも「浮雲」が「最初の一作」という入門編に適しているとは思えない。
じゃ、何がいいんだよ?となるわけだが、さて、何?

597 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 10:42:02 ID:XjRpRQwA
>>596
「君と別れて」

598 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 12:32:10 ID:DuqGlqyo
>>596
何も一つに選ぶことないのでは?
代表作から自分が観たいのを選べばいい。

599 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 13:06:07 ID:ZWgK3FxE
アホか。
マスコミが一本に絞ってるってことだろ。

600 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 14:05:25 ID:DuqGlqyo
> じゃ、何がいいんだよ?となるわけだが、さて、何?

と言っているから言ったまで。

代表作はこのスレでも列挙しているレスがある。


601 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 19:40:55 ID:uREje5OL
>>596
不良少女

602 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 21:02:55 ID:CGE/p961
「浮雲」スレに行って書くと熱狂者に叩かれるけど、
やっぱ「浮雲」でラストの死まで描くのは成瀬らしくない
ラストを暗示で留める成瀬の作風とは明らかに異なるから、これはやっぱ水木作品
って、ループになるからもうやめる‥

「秋立ちぬ」のビデオかDVD販売を望むよ


603 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 21:24:10 ID:wmJaUi37
>>596

「ねえ興奮しちゃいやよ」

604 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 22:28:35 ID:QWuFWcyy
>602
ソ、ソリワ…

605 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/26(月) 22:38:20 ID:Cv0iPy5P
はじめて見たのは「夫婦」でした。フィルモグラフィーの中では地味な位置づけですが、成瀬初体験としてはよかったと思います。
その次に見たのが「乱れ雲」で両方とも面白かったのですが、その次が「浮雲」でした。「浮雲」は好きになれずその後3年間は一本も見ることはありませんでした。

そんな自分も今は立派な成瀬信者です。

606 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/27(火) 00:03:06 ID:YUf/+6Tf
7月31日にBS2で妻をやるみたいだね

607 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/27(火) 00:06:33 ID:LdRd3rFL
>>515です。
遅ればせながら「女の中にいる他人」を見ました。
これまで見た成瀬映画の中では一番おもしろかったです。
二番を選べと言われたら「ひき逃げ」かな?
そんなわたしにお薦めの成瀬映画はなんですか?
今度は「石中先生行状記」を見ようかと思っております。

608 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/27(火) 00:35:10 ID:EYiQiNAJ
じゃあ「君と行く路」観ろよ。


609 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/28(水) 21:19:57 ID:a84KmRdW
見る目なさそうだから無理することはない。

610 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/28(水) 23:07:52 ID:Isn1qrrN
>二番を選べと言われたら「ひき逃げ」かな?

ナメとんのかこのボケェ。

611 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 04:06:54 ID:AyGIn3aG
成瀬のサスペンス好きな人もいるんだな

やっぱ突然白黒反転するとことか、人形ぶん投げるシーンとかいいよね

612 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 09:05:11 ID:FRvGSSPv
「ひき逃げ」は、凸はやめてもうちょっと地味な女優にしといて、
それで司葉子の方に焦点を当てればもうちょっと面白くなった気がするけど。
成瀬にしては珍しくお金持ちの奥様風がきまっていたし。

凸&善三って企画で持ち込まれたんだろうなあ…

613 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 14:28:41 ID:NK/y9XMQ
>607このオッサン面白くないといいながら、懲りもせず何本も成瀬映画を観てるね。
俺だったら4〜5本見てどれも面白くなかったら、その監督の作品見るのよすよ。
他に自分に合いそうな監督の作品を漁ったり、好きな監督の作品を繰り返し見たり
するほうが有意義だと思うからね。それに映画みる以外にもいろいろやらないといけ
ない事あるし…
よっぽどの暇人で、他に好きな映画監督がいない(見つけられない)かわいそうな
人なんだろうな…

614 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 15:57:00 ID:AyGIn3aG
「ひき逃げ」って高峰秀子版「家政婦は見た」だろ?
ここでの司葉子は極上品 

でも旦那が小沢栄太郎って、ホント金の為に身売りしたんだろうな
綺麗だけど、お人形さんでオツム弱そうな役

これじゃ三国人に誘拐されて身代金取られても仕方ないな

615 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 00:33:16 ID:YH/ag8Kk
>よっぽどの暇人で、他に好きな映画監督がいない(見つけられない)かわいそうな
人なんだろうな…


じゃないと思う。成瀬にはまったんだよ。素直ないい方だと思うぞ

616 :山上与太郎:2006/06/30(金) 00:59:10 ID:Kqc6KDy5
「歌行灯」が好きでんがな。

617 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 07:32:07 ID:qS5VVNJF
歌行燈も鶴八鶴次郎もいいでんな。
謡曲と新内映画。山田五十鈴映画って感じもするんだけど、
やっぱり「成瀬映画」なんでしょうかね。
あたしは難しいことはわからんが、とにかく滅茶苦茶おもろい映画だと思う。


618 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 09:29:38 ID:gxgLmwFE
>>615
は?

>「妻よ薔薇のやうに」「鶴八鶴次郎」「めし」…中略「ひき逃げ」「乱れ雲」を見ましたが
>どれも面白くありません。
と書いてるし
>二番を選べと言われたら「ひき逃げ」かな?

こんな事書くのが、「素直ないい方」なのですか?
ま、ひとそれぞれだから、どうでもいいけどねw

619 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 10:43:35 ID:M8zbtbIt
世評にそむく言い方で変人扱いされそうだけど、自分は「ひき逃げ」が
気に入ったんだから、批判を恐れず、率直にそう言おう。
というのは、まあ、「素直」なんでしょう。たぶん。
「普通の」成瀬ファンの感性とはズレてるが。

620 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 12:02:08 ID:gxgLmwFE
>「ひき逃げ」「乱れ雲」を見ましたが
>どれも面白くありません。
>二番を選べと言われたら

>自分は「ひき逃げ」が気に入ったんだから

やれやれ疲れる…

621 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 18:50:07 ID:KFCdMLDE
埋め

622 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 01:02:00 ID:zi80pdnk
流れるの杉村春子が氷ほうばりながら、五十鈴に「おはいんなはい」っていうとこ何回見ても笑う。コロッケさえあれば無敵

623 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 01:13:41 ID:y+8kOECL
支那そばとコロッケ食いたいなあ・・・

624 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 10:22:34 ID:s/cNwmr1
けっこうな数見てんだから、面白くない理由を聞かないと

515=607よ、まずはそれからだ

625 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 18:39:43 ID:sdefj62E
大村千吉の作る支那そばって・・・狂いはしないだろうなw

626 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/04(火) 08:29:37 ID:FgcLonla
>619
>「普通の」成瀬ファンの感性
これは619さん個人の感性という意味だな。

627 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 23:50:30 ID:qEs/0akP
7月31日(月) 後1:00〜後2:37妻 1953年
8月1日(火) 後1:00〜後2:38めし 1951年
8月2日(水) 後1:00〜後2:52女が階段を上る時 1960年
8月3日(木) 後1:00〜後3:05放浪記 1962年
8月4日(金) 後1:00〜後2:49乱れ雲 1967年
8月11日(金) 前0:50〜前2:55(10日深夜)浮雲 1955年



628 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/06(木) 00:17:31 ID:Dx5IMc58
サンクス
浮雲がまた見られますな。

629 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/06(木) 23:02:35 ID:e/sQ88vo
>>515=>>607です。
「石中先生行状記」を見ました。
ちょっとだけ登場する青い山脈な木暮実千代さんが素敵でしたね。
>>608
お薦めありがとうございます。
ソフト化はされていないようですので、いつになるかはわかりませんが
観る機会があればぜひ。
>>613
4〜5本でやめてしまうなんでもったいないですよ。
性に合わないように感じる監督さんでも見続けたらこれはというものに
出会える可能性もあるものです。(出会えない可能性もあります)
>>624
全作品の感想を書いたほうがよいのでしょうか。

今度は「鰯雲」か「夫婦」を見ようかと思っております。

630 :624 :2006/07/06(木) 23:31:16 ID:oWAcfQev
お、出てきたね。

個々の作品というより、それだけの数観てたら成瀬カラーを十分知っていると
思う。全体としてこの監督の何が貴方には「面白くない」んでしょう?
(個々の作品でこれはちょっと、というのでも可)

他に好きな監督とか系統とかあれば。

あと、いくつか知らんが今の貴方にとって「つまらない」作品でも、
ある程度年齢を経てから観直すと、そのよさがわかる事が多いよ。

それでもダメなら、その監督のカラーが貴方に合っていないということ


631 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/07(金) 23:07:13 ID:TijArqn8
age

632 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 00:04:08 ID:t0jnR2CH
成瀬に違和感があるのなら、弟子の石井輝男の方でも観てろ。

633 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 00:28:13 ID:Wjhj7/4T
あんなのは弟子じゃあない。
女王蜂、網走、SM映画が好きなら、見ればよい
新東宝時代なら、救いはあるかもしれん

634 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 00:51:38 ID:rIr+1n8+
>>633
早撮り・中抜きとカット割の巧さはちゃんと引き継いでいるよ。

635 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 08:58:04 ID:9X25Lx2T
成瀬が藤本の企画を受け入れて映画を撮ったように、
輝男も岡田茂のエログロ路線を受け入れて映画を撮った。


636 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 09:30:44 ID:9X25Lx2T
NFCのアンコール上映で、
銀座化粧(7/14金)、浮雲(7/14金7/23日)、
流れる(7/15土7/21金)、あらくれ(7/15土)

http://www.momat.go.jp/FC/kyobashi-za2.html


637 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/10(月) 13:51:11 ID:owA4QLOM
>>515=>>607=>>629です。
「鰯雲」を見ました。 これの脚本、橋本忍なんですね。へえ。
>>630
個々の作品のこれはちょっと…を挙げると長くなりますが、
簡単に言ってしまえば、普通の(?)成瀬ファンの方々が
魅力を感じる部分に魅力を感じないということでしょうか。
>>632
すみません、石井輝男は4〜5本見てどれも面白くなかったから、
見るのよしていました。もったいないですね。反省します。
今度は「直撃!地獄拳」を見ようかと思っております。

638 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/11(火) 21:48:21 ID:pI0e4uYq
『四つの恋の物語』観たが、成瀬演出がいちばん酷かった。
4本とも冴えないけど、特に成瀬のはつまらなかった。
脚本・俳優等、ハンデはあったろうけど、それにしても
退屈な作品だった。

639 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/11(火) 22:45:58 ID:EHErQ/ew
>>637
石井の作品の中では
「明治・大正・昭和猟奇犯罪史」の阿部定編
「現代任侠史」の健さんと梶芽衣子
「ゲンセンカン主人」の池袋百点会
あたりで部分的に成瀬テイストを味わえるよ。

640 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/12(水) 00:07:12 ID:rbB9Kvcp
いやぁ、これだけの数観てて感じる所がないとすれば素直に合わないのでは

世評と異なり、個人的に受け付けない監督や作品は誰でもあると思うしね

641 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/12(水) 12:04:11 ID:69d1c8vd
まったくだな…

642 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/15(土) 00:16:53 ID:AaR6KHzw
「秀子の車掌さん」と「銀座化粧」を観ました。
いやぁ、素晴らしい。もう安心して観ていられますね。

こういった作品が、成瀬の代表作として語られることはというのは
逆説的に言って凄いと思います。

643 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/15(土) 02:43:02 ID:lv8+6Yt1
「銀座化粧」をはじめ、成瀬は香川京子さんの魅力を最大限に
生かしている監督だと思う

私も一連の作品を観て彼女のファンになりました

644 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/15(土) 09:55:29 ID:FTH4agtA
「銀座化粧」は最後の田中絹代と香川京子のやり取りがいいねえ。
脚色が岸松雄なんだけど、成瀬の手はどのくらい入っているのかねえ。
岸松雄の他の作品を観るとそんなにうまい人とも思えないんだが

645 :642:2006/07/16(日) 11:22:11 ID:IEkAsNXb
>成瀬の代表作として語られることはというのは
文がおかしかったですね。
正しくは、「成瀬の代表作として語られることがないというのは」でした。



646 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/18(火) 18:33:43 ID:/9LHCntM
21世紀にはいってから、まとめて成瀬を30本見た。

飢餓感をあおるために、あと2年ぐらい成瀬断ちをしようと思う。

647 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/18(火) 19:30:40 ID:HvGKK8jC
成瀬一気に観ると、途端に今のが観れなくなるからね。いろんな意味で。

648 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/20(木) 22:10:53 ID:l3HpvpTp
>>515>>607>>629>>632です。
「秋立ちぬ」を観ました。
子供がひたすら踏んだり蹴ったりな目に遭うお話なんですね。
男の子の不幸を観るのは好きなので成瀬の割には楽しめました。
大沢健三郎くん、「妻として女として」を見た時はひどくブサイクな
子供という印象でしたけど、本作ではそれなりにカワイイですね。
もちろんもっと好みの子だったらよかったのにとは思いますけど。
それにしても、成瀬巳喜男はつくづく子供の演出がヘタクソですね。

今度は「歌行燈」でも見てみようと思います。
衣笠貞之助のは見ているので、見比べるのも一興ですよね。

649 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/21(金) 02:18:04 ID:tbfIj/o2
>>648
> それにしても、成瀬巳喜男はつくづく子供の演出がヘタクソですね。

まじ!?他の追従を許さないトップの腕前だと思うんだけど…

650 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 00:08:03 ID:biXLv44Y
>>649
成瀬の映画の子供は黒澤の映画の人間なみにウソくさいです。

651 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 00:14:49 ID:c3yeQRL/
子供と老人なら小津
大人の男女なら成瀬

黒澤は・・・・

652 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 00:27:21 ID:ZGT0TnoQ
>>651
馬じゃね?

成瀬の傑作は「稲妻」だと信じて疑わない俺が来ましたよ

653 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 00:46:00 ID:c3yeQRL/
>>652
なるほどー

654 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 01:35:04 ID:abeqRoAY
成瀬スレ 3回回って 劣化擦れ

655 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 10:04:14 ID:gXehPGwj
>>651
小津の子供は最悪だ。成瀬の子供の方がずっといい。

656 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 22:59:22 ID:ooM5WyzY
稲妻と兄いもうとはよさがわかりませんでした。どこがいいのかわかる人教えて

657 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 02:56:21 ID:X1T79yG/
小津映画のほうが成瀬映画より面白いよな。

成瀬映画には意外性がない。

658 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 17:57:08 ID:wO5nu0Td
ツタヤ半額で成瀬まとめて借りたんだが、発売元が東宝の
日本映画傑作全集だとみんなコピーガードかかってやんの

昔のはガードかかってないからいいのに、東宝ケチくせーな!

659 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 19:29:09 ID:6rNETJ0U
>658
お前のほうがケチくさい

660 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 19:42:40 ID:0Azcrf5s
まったくだな…

661 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 20:25:41 ID:JBSsTT13
この板はダウソ板並みに違法行為を公言するバカが多くて困る。
ダビングして配布、海賊版購入、nyで落とす、ようつべにうp、DVDリッピング、DRM解除などなど。

662 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/26(水) 20:44:51 ID:zu01ow5Z
>>658
外すアダプターを買ったら?

663 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/27(木) 19:30:17 ID:LxIA4K+t
>662
ソ、ソリワ・・・

664 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/30(日) 22:55:00 ID:EeMRDvWA
孤独な性格で女性経験も豊富ではないらしいのに、どうしてこんなに素晴らしい女性映画をたくさん作れたのだろう

665 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/31(月) 06:42:13 ID:7HuNeWDn
経験したから人間観察が出来るというものではない。
どれだけ経験しても駄目な人間は駄目だし、
経験なくても普遍的なものは理解出来る人間もいる。

666 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/31(月) 07:21:17 ID:xBp/NWCk
 トリュフォーは母親への愛に飢えていたし、溝口は女に背中を切られているし、木下やオゾンは同性愛的な視点をもっているし、ドライヤーは里子に出されている。チャンイーモウは女が好きそうに見える。

 酒好きでちょっといじわるだけど清廉潔白といってもいい彼のような人で、女性映画の巨匠っていませんよね。育ちも普通だし。



667 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/31(月) 18:55:17 ID:hI7EI5Vm
>665
まったくだな…

668 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/31(月) 21:38:06 ID:xBp/NWCk
それを映画として高いクオリティで表現できた人は彼しかいないとおもうんですけど。

669 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 04:06:48 ID:8BeWB030
「妻」は凄まじいな。戦前からの名コンビである上原謙・高峰三枝子がここでは醒めきった
夫婦を演じ、最後まで分かり合えずに映画は終わってしまう。髪の毛の入った弁当
なんてそれだけでゾッとする(妻は何もかも義務的でもう夫の食事にすら気を使うことはない)
大阪の旅館で後家さん(丹阿弥谷津子)をモノにしようと迫る上原のエゴイスティックな容赦の無さには背筋が寒くなった。
普通の感覚で、その女の息子がそばにいるのに女が抱けるか? 直前に、列車内
で上司(清水将夫)と近くにいる色っぽい芸者を品定めする場面があるが、モテる色男に
とっては女など自分の性欲を満たすための道具でしかないし、愛はその言い訳でしかない。
妻(高峰)も劇中で友人に手厳しく批判されるように、いつまで経っても綺麗なお嬢さんで何で
も人任せで大人になることが出来ない美人として描かれている。
二枚目であること、美人であることなど、ここにおいては何の美徳でもなく、むしろ
それ故に自他を不幸にする悪徳そのものなのだ。露悪的とも言えるストーリーながら演出はあくまで
流麗、まことに恐るべき反メロドラマであった。

670 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/02(水) 01:32:43 ID:9n19SbvE
「演出術」によれば、上原謙は「めし」の時に、
山村聡に「老け役をやると損ですよ」と言ったそうだけど、
「妻」「めし」の役は、上原的には「損」ではないのだろうか…

我々から見れば「いい映画に出たな」ということなんだけど、
「老け役」がどうのこうのという感覚で、あの役を受けるのは一体?

671 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/05(土) 21:27:00 ID:Gc/skdNL
BSで「放浪記」観たけど、高峰秀子の演技凄杉!!
林芙美子ってあんな感じだったんだなって思う。
森光子の舞台版もいいらしいけど、こっちもそれなりにすごい。
それに引き換え宝田の演技は・・・('A`)
桂樹はいつ出てくるんだ?と思ってみてたら、映画の中盤の終わりあたりに
唐突に登場したな。個人的には草笛光子が自分の作品が高峰の不注意によって
雑誌に載らなかったことに対してビンタを食らわしたシーンが一番印象に
残った。

672 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/05(土) 23:21:54 ID:qkkVJwda
そういえば中北千枝子も林芙美子の女執事だったね。最後のほうでやっと
出てきた。
「放浪記」やっぱり凄かった。

673 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/05(土) 23:47:58 ID:KfiDCJbN
>>671
不注意ではなく、わざと。

674 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/06(日) 00:12:48 ID:J6WxbJO+
>>673
「放浪記」ほど文壇・劇壇・出版界の周囲の人間類型を冷たく描いた映画は
ないと思う。貧乏と労働に耐えて文壇での栄達を求める芙美子はワガママだし、
その周囲の演劇・文学青年たちの鼻持ちのならなさも凄まじい。
日本の文壇など、成り上がりたい田舎者とカネに困ったことのない道楽者、劇中の宝田の
ように才能も生活力もないし努力もしないのにいっぱしの顔をしている能無し
たちが作ったり読んだりしているに過ぎず、出版村の編集者や経営者もイヤな奴ばかりと赤裸々に描いた。
善人は地道に印刷工をしている(後年に印刷会社の経営者となる)加東大介と、
芙美子の夫となるプロレタリア画家の小林桂樹しかいない。

成瀬本人は文芸映画の名匠だったが、映画的着想を得るのに文学を使っただけで、実はブンガクそのもの
と作家たちにはむしろ嫌悪の念も強かったことは明らかだろう。劇中とラストでそんな生
き方しか出来なかった芙美子に対する同情を淡く滲ませるに留まる。まさに「花の命は短くて」である。

675 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/06(日) 08:38:01 ID:wYDTHBhF
>>674
伊藤雄之助も善人っぽかったような気がするけど・・・。

676 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/06(日) 09:52:54 ID:4VL+R5WV
母親の田中絹代もね。

成瀬が「本気でやって」と言ったので、本気でやったけど、
顔が晴れちゃったそうだ。その後冷やしていたのをみて恐縮したらしい。
文句も言わずに顔を冷やしている高峰秀子…怖すぎ!

677 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 13:40:31 ID:LU8az+Ly
「夜の流れ」age
川島監督との共同作品。
でも、何故共同?時間がなかったから?

678 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 13:57:09 ID:sLkEromZ
>>677
成瀬はこの1960年だけでも他に「女が階段を上る時」「娘・妻・母」「秋立ちぬ」を発表。
「夜の流れ」について言えば、7月公開の当時の東宝オールスター作品のキャスティングで望んだものの、
封切りまで時間が無かったので共同監督に。
主に若い世代のパートを川島が、年上の世代を成瀬が撮ったと言われるが、実際
には厳密ではなく、川島パートと思われた部分が成瀬の分担だったり(その逆もあり)、
当時の東宝(東京映画)の二大巨匠双方の演出が融合しそうでしないままに
繋がれている不定形で魅力的な作品といえる。

679 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 13:58:35 ID:H7NjCDjW
時間がなかったから。
ロケハンの前日、成瀬、川島、プロデューサーの藤本眞澄らで飲んだ。
酒が入ると人が変わる川島は、松竹の先輩でもある成瀬には絡まず、藤本に絡み始めた。
あまりにしつこいので、成瀬が憮然として「この映画はやめましょう」と席を立った。
翌日、バツが悪くなった川島は早々にロケハンに出発していた。

680 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 16:51:51 ID:GbOSs2lZ
「放浪記」だけど、後にNHKの「うず潮」でブレ−クした林美智子がちょい役で
でてるんだね。凸に飲み屋の同僚が多々良純の妾になったことを伝えにくる
元同僚だと思ったけど。なかなか興味深かった。

681 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 18:50:02 ID:LU8az+Ly
>>678
まさか冒頭のプールのシーンが成瀬監督だったなんて・・・。


682 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 20:05:58 ID:90Qs6XqP
>>664

女性をいきいきと描けたのは、水木洋子や田中澄江といった女流脚本家による部分が大きいと思われる。

ウィキペディアからの引用

683 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 20:11:11 ID:YEXv320x
司葉子がお披露目であちこちの店挨拶して回るエンディングは成瀬だろうな。
哀感がにじみ出ててすごくいいシーンだ。

684 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 21:08:05 ID:LwNvLhiw
うず潮は田中澄江版林芙美子の「放浪記」だけど、林美智子主演抜擢には
この映画「放浪記」と関係ありそうな気がしなくもない。>>680


685 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 21:52:42 ID:HLp6mGFi
放浪記に橋爪功が出演してたのがワロタ。
放浪記出演後空白俳優活動期間があるね。
それにしても、こんなに芸暦が長いとは知らなかった。

686 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 21:22:08 ID:TFa+hU4Z
>>685
俺は岸田森と草野大悟が出てたのがワロタよ。
セリフとはいえ、デコに「山猿」とはね。

687 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 19:35:39 ID:wTyYi+jW
>>686
大女優に暴言キタ-----(°∀°)-------!!


688 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 22:48:50 ID:xbP1bz7V
>>684
林美智子ねえ。タイプ的には高峰秀子に似てるかな。

689 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/12(土) 21:37:09 ID:2nDTvHnH
こないだの「放浪記」初めて見たけど、よかった。
ヒロインの不遇とか貧しさとか、なんもリアルじゃないね。どかが不幸なの?ってなもんよ。
それでいて引き込まれる。
これはすげえ上質のメロドラマかと思いながら見た。録画を見直した。いい。

690 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/14(月) 01:02:48 ID:cA0wEl6G
>>689
>ヒロインの不遇とか貧しさとか、なんもリアルじゃないね。どかが不幸なの?ってなもんよ。

( ゜Д゜)ポカーン・・・。

691 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/14(月) 20:47:23 ID:OIYtoPfJ
>689
シュールだなぁ

692 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 00:31:46 ID:vPeaEhqd
「乙女心三人姉妹」だけ観た
あと「めし」「妻」「女が階段をのぼる時」は録画したまんまでまだ見てない
乙女心〜は面白かった

693 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 20:50:08 ID:rlK057Sh
このスレを参考にして見た感想…浮雲>>流れる≧めし>>>>階段≧乱れる>>山の音、特に上位三作品は最近のキネ旬一位より上、しかし階段以下は糞メロドラマでした。MVP女優は流れるの杉村、男優は浮雲の山形

694 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 21:07:21 ID:rlK057Sh
連続投稿――印象に残ったせりふ‥おいしいモノ食べてゆっくりすればあなたみたいにツヤがよくなるかしら、商売にはてんで頭が働かない、男はいいわ、生きるか死ぬかって時に出会った人よ、とんだ事おっしゃったよお嬢さんは

695 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 01:24:38 ID:MQyeshzG
「とんだ事おっしゃいましたよ、このお嬢さんは」じゃなかったかな?

階段、乱れる、山の音はまたいつか見直してくれ。
乱れるの前半は糞だが、それ以外はおもしろいぞ。
特に階段は脚本、演出、演技どれも凄い。



696 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 16:55:52 ID:HdniaAI8
また集中的な放送をやってもらいたい。
溝口のあとにでも。

697 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 17:18:32 ID:RmWGJzyX
こないだやったところなんだから当分ないだろね。

698 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 17:41:09 ID:HdniaAI8
だよな。残念。

699 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 17:47:50 ID:HdniaAI8
「鶴八鶴次郎」と「歌行燈」録画しそこなった。
DVDは発売されてないんだよな。

700 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 19:22:35 ID:Wu+bM94w
>>695
「乱れる」の最後のデコの表情だけで見る価値あり

701 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 19:41:59 ID:U6q32xAj
>>700
観る前から何度もそういう風に言われて、いざ観てみたら
・・・大したラストシーンじゃないよ。期待して観るほどの価値ないね。

702 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 21:53:59 ID:2zrVBiEA
そこだけ期待して見てもつまらんと、
俺はそう思うけど、さまざまだよな。
前半、たんたんと流れる日常に萌芽がきざしてくるあたり、
俺は大好きな映画だが。
北に向かう列車に乗ってからぐんぐん加速して、
「衝撃の」ラスト。好きだな。

703 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 21:58:19 ID:2zrVBiEA
>>702すまん。酔ってる。
萌芽がきざしてくるってのは、なんだ、言葉がおかしかった。
悲劇の芽がきざしてくる、か。
単調な日常に忍び寄る悲劇の予感・・
メロドラマの惹句か。すまん。読み飛ばしてくれ。
悪口雑言を浴びせても無駄だよ。もう見ないから。

704 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 22:17:14 ID:psrMsFFa
成瀬の映画で登場人物が爆発するのって、
「乱れる」のラストの凸と、
「鶴八鶴次郎」の婚約取り消す長谷川一夫くらいしか思い浮かばない。
他にありますか?

「乱れ雲」の葬式での司葉子の刺すような目も怖いが…

705 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 00:33:27 ID:iiHZ+Ti6
「乱れる」の前半が現実。
後半は主人公の妄想じゃないの?

706 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 09:28:34 ID:lJxPsmGf
デコがマジで爆発すると言えば「ひき逃げ」だろ。
あの映画のラストのデコは何度思い出しても笑いがこみあげてくる。

707 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 19:27:09 ID:hDrh7GBM
>>704
山の音 
忍耐強い女性の限界点…

708 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 20:49:48 ID:xJoXNaIp
初成瀬で乱れるを観た。くだらんメロドラマだと思ったけど
高峰の演技が良かったのでまあまあ。
流れる、めし、浮雲を観るまで成瀬の評価も保留しとこ。

709 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/02(土) 21:07:09 ID:P2FNNYb3
流れる、キャストが豪華だし雰囲気が良いねぇ。
粟島すみ子、初めて知ったけど話し方が面白い。
他の女優達は、期待通りかそれ以上。

710 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 09:07:14 ID:39NQTITH
そうなんだよな。栗島の話し方、声質、好き。
どこかで、あの話し方、声がトーキーにかわってから
ハンデになったようなことを読んだ覚えがあるんだが、
間違いかもしれない。
あれはハンデどころか、大きな魅力だな、俺には。
それにしても女優連の競演、よくここまでまとめたもんだ。
すげえ。

711 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 15:16:32 ID:41mcorI8
栗島先生の場合、役柄と声(話し方)のギャップがありすぎたんでしょ。
だって可憐で美人薄命のような容姿でそういうけな気な役で大当たり
したっていうのに実際トーキーで声を聞いたら、ガラッパチで下町の
オバサンがしゃべってるみたいだった。
だから後年の作品では粋筋の女性とか高慢な良家の奥さんとかの役を
あてられた訳だし。若い頃は絶世の日本美人だと思うけど。


712 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 21:01:33 ID:p4Ksozy4
「山の音」は失敗作だと思った。原作にある、山の音に象徴される老年の
虚無感みたいなものが全然出てなくて、ストーリー追ってるだけって感じで。

713 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 21:59:57 ID:EPrLdy0k
俺は「おかあさん」が一番好きだな。
こいいうのを珠玉の名作と言うんだろうな。
泣きながら笑ってる自分がいるんだよね。


714 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 23:29:36 ID:+oyQNmgM
あんな題材で面白い映画なんて出来っこないような気がするんだが、
出来てしまうものなんだな…

715 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 23:31:46 ID:+oyQNmgM
>>711
そう言われているのは俺も知っているけど、
「夜ごとの夢」('33; 無声)での子持バツイチのカフェの女給を見てから、
どうもそれは都市伝説なんじゃないかと思うようになった。

716 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 23:33:35 ID:+oyQNmgM
>>712
水木と成瀬の体質に合わないところは切り捨てて、
似たような別の話として成功していると思います。

原作に忠実でないというのは言う通りだと思います。


717 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/03(日) 23:49:19 ID:SkaidjRR
「おかあさん」いいね!みんな自分の生活でいっぱいで人になにもしてあげられないけど、気づかいしながら暮らしとる。現代では白々しくなりがちな「思いやり」が素直につまってるなあ…

718 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 07:10:00 ID:WwNH0PCv
「おかあさん」は傑作だが題名がなんか恥ずかしい。

719 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 07:35:31 ID:6Y8MCKTB
原作読んでるヤツってうるさいな。
山の音が失敗作なわけがない。

720 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 14:54:12 ID:6XZvX6t3
がはは 人それぞれ。

721 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 18:36:17 ID:dCUp65je
人それぞれ 今更言う でしゃばりさん

722 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 02:25:52 ID:mdGAgju4
今日ツタヤ言ったら、成瀬作品が山のようにあったんでビックリ
今まで浮雲のみだったんで

女が階段〜をレンタル

723 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 07:04:03 ID:ALV1ZKn1
『妻よ薔薇のやうに』
成瀬監督が亡くなって、黒澤監督がこの映画を観て
泣いたという作品。DVDあるのかな??

724 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 08:16:51 ID:7Gr4jAGB
>>723
残念ながら出てないですね。

ところで、
晩菊
http://www.amazon.co.jp/%6669%83ca-%6210%702c%5df3%559c%7537%76e3%7763%4f5c%54c1/dp/B0000XB5O2/
これって出る予定なの? amazonの間違いかな。

それから、
昭和こどもキネマ 第三巻
http://www.amazon.co.jp/%662d%548c%3053%3069%3082%30ad%30cd%30de-%7b2c%4e09%5dfb/dp/B000244R7G/
出演: 成瀬巳喜男
ってのも初めて知ったよ。

725 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 10:25:37 ID:wNWC/Usp
>>723
先日BS2で放映したが、
見る値打ちのない作品だな。
成瀬でもこんな詰まらん映画を作っていたのかと驚きの方が
大きかった。

726 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 10:52:05 ID:7Gr4jAGB
いや、面白いよ。
まごころ、銀座化粧、おかあさん、秋立ちぬの系譜だな。

727 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 10:57:27 ID:9/4wZBOx
話が感動するというわけではないが
成瀬的なテクニックがつまっていて
飽きさせない映画 <<妻薔薇

ところで最初に出てくるメインタイトルは
「二人妻」なのに本なんかだと必ずサブタイトルの
「妻よ薔薇のように」で紹介されてるのはなぜかしら?

728 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 15:53:33 ID:16cMJ+xY
映画は「妻よ薔薇のように」
原作が「二人妻」

729 :722:2006/09/06(水) 16:13:45 ID:MFytbiXE
しばらく成瀬漬けの日々になるかも

730 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 22:17:22 ID:kbyzbrh+
『女が階段を上る時』DVD版を観た。
予告編に曰く「名作『浮雲』を凌ぐ叙情!」
ふざけるんじゃない!
仲代扮する小松ちゃんの貞操に関する臭いセリフに思わず顔を赤らめたよ。

731 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 23:47:46 ID:VqWx7e5M
>>730
>仲代扮する小松ちゃんの貞操に関する臭いセリフに思わず顔を赤らめたよ。

菊島に言えよ。

732 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 00:33:53 ID:3b353OWe
>>730
凸を責めるところでしょ?
あれはがっかりしたからとにかく口から出任せで責めただけだよ。
なんでもいいから非難したい気分だった。
自分の期待を裏切られた形になってがっかりだったから。

好きだって事を言ってなかったし、
この期に及んでもストレートには言えないから、
ああいうネジ曲がった気持ちの吐露になってしまう。

団令子と寝ていたり、凸に覆い被さろうとしたり、
小松は純情な人間とは言いがたい。
そして好きだということを告白できない弱さを、
凸の貞操を守るためだとエクスキューズしている。
凸がこのまま旦那も作らず独り身のままなら、
微妙な距離での付き合いを続けることができる。
仕事仲間として頼りにされたまま。
現状維持を願うのは、祈りにも近い気持ちだろう。

しかしそうはならなかった。
嫉妬心から全てをぶち壊してしまった。
大阪転勤なんだから、(その時小松は知らなかったが)
寝たことをスルー出来たら、今までのままだったはずなのに。
エクスキューズを、一方的に押し付ける形で壊してしまった。



733 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 08:02:55 ID:NKDUivZR
>>730
「浮雲」から5年。
デコタンちょっと老けっぽかったね。でも、魅力的でうっとり・・・
でも、ちょっと老けたね。でも、可愛くてうっとり・・・
でも、実際ちょっと老けっぽくなったね。でも、いじらしくてうっとり・・・
でも、ちょっと盛りが過ぎた感じだったね。でも、妖艶でうっとり・・・
でも、ちょっとおっぱいが垂れてきた感じだったね。でも、肉感的でうっとり・・・
でも・・・、ちょっとしつこ過ぎたか・・・

でも、ちょっといただけない映画だなあ・・・
どう見ても「浮雲」の方が数段上の出来だな。

734 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 09:20:07 ID:fdekQTH+
おいおい、これから見ようというのに、そんなこと言わないでよ>階段

735 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 09:38:18 ID:pS5fSecG
成瀬監督の映画って
締まるんだよな。引き締まるというか…。
俳優には優しかったけど、その優しさが
返って俳優を気疲れさせるという……。
成瀬マジックですな。

736 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 10:22:03 ID:fdekQTH+
デコちゃんも締まる?グフフフ

いや、そういう意味じゃなくて

737 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 10:58:58 ID:pS5fSecG
>>736
もちろんそういう意味じゃないw
映画の雰囲気が締まるということ。

738 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 16:55:28 ID:wPCJVZIq
仲代が出てくると映画のアクが強くなるんだ。脂ギッシュなんだよ。

739 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/07(木) 19:28:14 ID:pS5fSecG
川島監督が撮った「花影」を
成瀬監督がやったらどうなってたかな?
悲劇のヒロインは原節子あたりかな?
池内淳子は若すぎた。

740 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 05:05:47 ID:S1Uc/Jev
脂ギッシュ、素敵な響きだね

741 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 08:36:32 ID:S1Uc/Jev
女が階段〜、今日見ます

742 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 11:00:22 ID:aRUdramg
「女が階段〜」の菊島のセリフは、(たぶん成瀬がかなり削ったんだろうけど)
完璧だと思う。あんな端々に色々な意味が込められたセリフはそうない。
菊島さん、凄すぎます。

743 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 12:09:21 ID:S1Uc/Jev
若い子が「寂しくならない?」と言われて、
凸ママが「そんな時はブランデーで〜」
「寂しい」って、精神的なこと言ってるのかと思うと

「あんなもの一時の興奮だもの」
で、奥歯がどうたら・・・・
エロいな。

仲代と若い子がやった後の
「いまママに出来ないこと、私にやったでしょ」とかエロエロ

744 :↑の訂正:2006/09/08(金) 12:10:39 ID:S1Uc/Jev
一行目
× 若い子が「寂しくならない?」と言われて
○ 若い子に「寂しくならない?」と言われて


745 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 19:47:11 ID:S1Uc/Jev
小渕元首相は、政界の加東大介

746 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 00:20:17 ID:eZf8XkFb
>>742
削る作業はデコと話し合いながら二人で行った
衣装も担当したデコはこの映画のもう一人の監督と言える

747 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 07:55:51 ID:3WqXVof3
秋津温泉で、岡田まり子が、衣装やったり、この当時そういうのが流行った?

748 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 15:26:11 ID:3WqXVof3
今、ぜんぶ見終わった
加東大介があんなひとだったなんて・・・

749 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 16:06:49 ID:3WqXVof3
次は「女の中にいる他人」レンタル予定

750 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 18:59:43 ID:YHagvwxl
>>749
その次は「ひき逃げ」をレンタル汁!!!

751 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 19:06:32 ID:3WqXVof3
「ひき逃げ」はあったかな?
「河内カルメン」の脚本家・三木克巳 「女の中〜」の井手俊郎は
同一人物なんだね

752 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/09(土) 23:03:37 ID:jIjx/xEV
伏してお願いする。
「鶴八鶴次郎」と「歌行燈」
再放送してくれや。

753 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 11:25:38 ID:amPcEkiT
>>751の二本借りてきました

754 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 14:36:19 ID:Zr9mDTuA
成瀬監督のをあまり観ていないので「流れる」を観てみた。
田中絹代、山田五十鈴が上手かった。
女優は最高なのに、あの米子という女の前夫というやつが
「女をあちこちで泣かせている」という評判の男というので
どんなカコイイ男かと思ったら、ブタマンキモ男でここだけは大笑いしてしまった。
あの顔と豚みたいな容貌でよく言うよ・・・。ウガンダかと思ったよ。
昔の邦画って時々ブサ男がいい男気取りで登場するからオカシイ。
それ以外は完璧な映画だと思った。五十鈴の気迫が怖いくらいだったよ。



755 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 15:48:19 ID:o4GTNkRv
>>754
そこはもともと笑うところ
ブタマンキモ男は当時から笑われ役として有名な方ですよ

756 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 15:56:21 ID:AIPnusd7
杉村春子もなんかブツブツ言ってなかったっけ? > 前の旦那に

757 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 17:02:12 ID:LdlA1yMW
>>754
DVD持ってるからそこの部分だけ見直してみたよ。
たしかに玄関先に来てるらしい前の夫→女泣かせらしい→どんなにいい男だろう
→ 三船敏郎よりカコイイかな→・・・・・・・・・ うわブタマン男じゃん。キモイ。

私もなんであんな酷いのを持ってくるのか理解に苦しんだよ。

758 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 17:14:31 ID:o4GTNkRv
ブタマン男が気になる成瀬入門者は
「あらくれ」「おかあさん」「女が階段を上る時」も見てみましょう
「放浪記」がややマシといったところ

759 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 17:33:48 ID:wMRPX+BI
>>758  なによ、それブタマンキモ男がまた出てくるんか?
あれ気持ち悪いから二度と見たくないんだけど。

760 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 18:10:08 ID:nuVMta/d
>>759 お前も気持ち悪いぞ。
「七人の侍」でも見ておけ。

761 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 18:28:01 ID:6x1bM52h
ブタマンなのにいい男ぶるから気持ち悪いって言いたいんでしょ。

762 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 18:57:35 ID:wQ8009D6
女のほうがそういう拒否反応は強いんだよね。 生理的に駄目ってやつ。

763 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 20:18:24 ID:o4GTNkRv
>>761-762
「おかあさん」「放浪記」はその辺を実に巧く利用した映画
ブタマン本領発揮w

764 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 20:54:39 ID:amPcEkiT
ブタマンって加東大介のこと?
「女が階段を〜」ではいい感じだったよ。

身元が割れるまではwww
でも、彼が画面に映ってるかぎりでは、いい感じだった。

765 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 21:30:44 ID:/OmpdBxL
>>763
うへえ、じゃ見るの辞めた。 ブタマン見るために貴重な時間はさけないや。

766 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 22:20:25 ID:jUHs0rUh
>764
 身元が割れるまで ってどういうこと?

767 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 22:54:38 ID:pu6XUw8j
>>766
それ言うと超ネタバレなので言えない
見てのお楽しみ

しかしブタマン避けてたら日本映画の名作の大部分を
知らずに終わってしまうぞ

768 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 23:09:32 ID:BxR+ZueK
加東大介はマジで女にモテたぞ。

769 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 23:25:30 ID:QouobusH
男が安心する男のタイプだね。 嫉妬もされず「人間味」のよさ。
でも本当にブタマンみたいにキモイ。 どんなに演技うまくても駄目。


>>767  ブタマンのくせにカコつけない役ならいいよ。ブタマンとしてみるから。w

770 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 00:12:09 ID:2VtkhEi1
加東大介の成瀬作品出演歴

ブ おかあさん
オ 晩菊
ブ 浮雲
ブ 驟雨
オ 妻の心
ブ 流れる
ブ あらくれ
エ 杏っ子
エ 鰯雲
ブ 女が階段を上る時
オ 娘・妻・母
ブ 秋立ちぬ
オ 女の座
ブ 放浪記
オ 女の歴史
オ 女の中にいる他人
オ ひき逃げ
ブ 乱れ雲

オ オリジナル加東大介。他の監督作品同様人が良さそう。
ブ ブタマン加東大介。何もててんねん! (成瀬独自の視点)
エ なんで偉そうなの?

771 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 00:47:55 ID:FuSRxGwu
>>769
はじめはどう見てもキモいが、何度も観るうちハマるブタマン
君も既にブタマンの虜

772 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 13:36:58 ID:IH6t+Rj+
ブタマンのほかにカコイイ人が出てるなら許すけど
女優陣のほかに男がブタマンくらいしか出てこないのは見ないようにしたい。

773 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 00:11:03 ID:D7StacBz
ブタマンっていうほど太ってたかな〜?

774 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 00:12:11 ID:+4P4cmws
>>770 のレスを見逃していた。
親切に分類してくれてたんだね。

エ・・・なんで偉そうなの? ←これは もててるわけでも格好つけてるわけでもなく
               ただ偉そうにしてるって感じ? 何様かよ?みたいな??

775 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 02:42:00 ID:g0LPE6he
>722
上原謙ですか?

776 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 15:30:22 ID:D7StacBz
[「女の中にいる他人」レンタルした

777 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 18:23:30 ID:He6LKl/S
>>770
オ 乱れる



778 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 01:04:35 ID:NpDkO3Lx
加東は専用スレがあるんだからそっちでやれボケ。
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1084323236/l50

779 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 07:41:49 ID:rdbiy/cu
778のせいでまた過疎るな

780 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 17:24:56 ID:ADmTTbZZ
今、「女の中の他人」観た。小林桂樹は実直な役が本当に似合うね。

しかし、あのケースだと、殺人になるのか?
たしか「マゾ男の亭主が奥さんに首絞めてもらって、致死」っていう件で
無罪だか殺人よりは軽い罪だかっていう判例があったと思うけど。

三橋達也(杉本)の派手な奥さん役の女優は誰?

藤木悠、二瓶正也、草笛光子、黒沢年男など後にテレビでよくみた顔が
出てきたので、そういう意味でも楽しめたな。

781 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 17:26:40 ID:ADmTTbZZ
「女の中にいる他人」か↑

しかし、このタイトルはあんまりそぐわないな。
この映画でテーマになってるのは「女」じゃないような希ガス

782 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 17:35:04 ID:ADmTTbZZ
若林映子か。ボンドガールだったんだね>杉本の妻

783 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 18:36:02 ID:b+gA8kva
ボンドガールになり損ねた女優さん

784 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 07:47:52 ID:9UmHLecu
何の映画だったかは忘れたけど、黛敏郎が音楽担当した映画で、
成瀬監督がこの音楽いらないと言って、音楽を消したりするものだから、
黛敏郎が怒ったというエピソードがあるが…。
何の映画かな?たぶん後年の映画だと思うけど…。
>>780
「女の中にいる他人」は成瀬監督には不向き。
どうせなら黒澤監督がやったほうがよかった希ガス

785 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 08:22:12 ID:ov+tiH8i
>>780
「女の中にいる他人」は、普通に考えたらあの主人公は絶対に捕まるよね。
それが捕まらずに何となく完全犯罪になってしまい、苦しむところが面白い。

786 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 09:28:26 ID:R7FhlX2N
>>784
「女が階段を上る時」だな

黛の曲自体はイイんだが、目立ちすぎて浮くんだよね

787 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 12:23:13 ID:byqRUyJx
>>784
黒澤じゃ、小林の苦悩ばっかりで、
最後の新珠の感じは出ないだろう。

>>786
けど「女が階段を〜」の音楽はすごくいいよね。
同じテーマの繰り返しですごく利いている。
主人公の日常のリフレインを際立たせる感じで。

昔はモダンジャズ=騒々しい音楽って人も結構いたから、
今とは感じ方が違うのかも知れないけど。
少なくとも最近の批評、感想で、
「女が階段を〜」の音楽が悪いってのは聞いたことがない。

788 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 15:03:30 ID:wAqSSMgm
>女の中にいる〜
殺人事件の一報を聞いても
子供が無邪気すぎるのは、リアリズムなのか、ただ単に演出ミスか?
あのくらいの年だと、下手すると親の死に直面してもピンと来ないで
はしゃいでるような気もする

789 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 15:45:56 ID:awcm0KBg
仕方ないわ…出戻りだもん

790 :麻原彰晃の死刑を許さない市民の会 ◆XZH0X8Aqyw :2006/09/17(日) 16:17:15 ID:nSZ9HMUO
マスメディアの報道で既にご承知の通り、
先日弁護団から再審請求が出され、麻原彰晃本名松本智津夫被告の刑は未確定の状態が続いてます。
私たち死刑制度に反対し権力の横暴を許さない活動に携わる者たちは
断固として松本被告の死刑に反対します。
そこで、このたび私たちは上記の会を立ち上げ、国民に広くこの事件における死刑の不当さを知らせると同時に
よりよい刑事立法および刑事政策を求めていく運動を展開して行こうと考えております。
ついては、私たちと一緒に運動に参加してくださる方々を募っております。
一人でも多くの方からのご賛同とご協力を得たいと思います。
どうかよろしくお願い致します。ご連絡をお待ちしています。

麻原彰晃及び元オウム真理教徒たちの死刑を許さない市民の会 代表 織田 哲郎
連絡先:vff17242@nifty.com

791 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 13:35:50 ID:mXXXSjpg
成瀬作品に不満があるとすれば、音楽。
映画の邪魔にならないように斎藤一郎の平凡で緊張感のない音楽をつけたのかもしれないけれど、
演出との落差で返って不必要なことがはっきり分かる。

唯一の例外は、『乱れ雲』の武満徹。
こちらは斎藤の音楽とは対照的に流麗で自己主張が強く、しかし演出にはぴったり嵌って
違和感が無かった。

792 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 17:44:12 ID:ubWDuCEz
>>791
成瀬監督はもともとは無声映画を得意としたみたいだね。
だから、音楽はイラネ状態だったんだろうね。
「女が階段を上る時」は…。
加東大介が女ったらしだったのが、癪だなw
仲代も無機質なキャラで団令子はいつも通りだし…。
やっぱ高峰秀子の演技につきるな。凄杉だわw
悲しみを味わい辛酸をなめになめまくった挙句、
最後のシーンでば一皮も二皮も向けて晴れ晴れしていたもんな。
女の強さだと思うな。

793 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 18:48:41 ID:r4c3sPcf
外見上は晴れ晴れしているように振る舞うしかないんだよな。
帰るところはないんだもの。

794 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 19:20:14 ID:UbRETJF3
最後の顔が「晴れ晴れ」に見えるようではまだまだオコチャマだね

795 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 20:11:57 ID:QhyBodB0
>>791
「おかあさん」や「流れる」の斎藤の音楽は相当強烈だぞ。十分目立ってる。

796 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 20:23:40 ID:xULdXnFH
「めし」のオープニングの曲が妙に好きなんだが、CDになってないかな?

797 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 22:00:20 ID:UmY2yKeu
俺は音痴だけど、音痴だからか、
成瀬映画の音楽は大好き。
浮雲の斉藤なんか、東洋イメージの循環するメロディー、
俺のガタついた耳にはちょうどいい。
昨夜も見ていたんだが、ラベルのボレロを思い出した。
(それぐらい音痴ってこと)

798 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 22:09:06 ID:UbRETJF3
>>797
どんなアンチよりも強力なレスだなww

799 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 00:02:30 ID:bRxJ98Ft
>>797
東洋→東南アジア

800 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 00:18:56 ID:XB0qaAVe
「流れる」の斉藤一郎の音楽はドラマチックでメロディも美しく、魅力的である。

801 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 09:33:03 ID:FXv2Iw+w
>>794
まだ「めし」や「浮雲」を観ていないorz
帰る場所がないというのは酷だよな。

802 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 09:45:13 ID:bRxJ98Ft
それはよい映画の映画音楽はよく聞こえるという話ではないのか?

803 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 16:32:20 ID:0PmGQRLw
小津の音楽はダサくてNHK教育の科学番組みたいだけど、映画はいいぞ

804 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 16:34:08 ID:0PmGQRLw
坂本龍一も、
「小津映画好きだけど、音楽はヒドイ。俺が入れ直す」だってさ。
「東京物語」に「TOKIO、TOKIO」なんてボコーダーで入れたりしてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

805 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 19:35:28 ID:loAhCiQ1
そういえば、団令子って何演じても団令子だなw

806 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 01:55:39 ID:0fNaGJMw
「悪の階段」の団令子は団令子じゃなかったぞ。

807 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 03:19:23 ID:bupBuY9C
>>805-806
歳を重ねるたびに徐々に痩せていった
団令子wwww
拒食症じゃないかというくらいにやせ細っていたよな?

808 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/26(火) 23:34:18 ID:3gO6BPLr
成瀬巳喜男作品、初めて見ました。
「妻」すごかったです。
なにげにすごい心理劇でした。



809 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 14:24:43 ID:7azJpFB7
11月CS衛星劇場で「薔薇合戦」やるね。

810 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 21:45:56 ID:7dc8IGdD
なぜ?
他にやるべきものがあると思うが…

811 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/08(日) 08:56:37 ID:KdZk3MeM
挙げ挙げ

812 :チラシの裏:2006/10/08(日) 16:06:05 ID:2A1U5atl
「薔薇合戦」見たことないから衛星劇場契約しようかな


813 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/22(日) 10:32:42 ID:aMDKo9FV
age

814 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 19:46:26 ID:41Qzt25O
age 
を兼ねて、些末的書き込み。
久しぶりにDVD引っ張り出して拾い見。(拾い読みのマネ)
今回のお目当ての場面は、高峰秀子の「ブドウ食い散らし」。
掌に吐き出した皮と種を、母親の家の庭に、盛大に投げ捨てる。
浦辺粂子の母親と話しながら、後ろ向き放り投げ。ホイホイ。
最後は、あれはなんてえの、実がついてた枝か、残った房ごとか、ヒョイと横に。
ここは、何度見ても笑えて楽しい。
朝顔かなんか這わせた庭が泣くよ。まったく。最高。

815 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 20:42:44 ID:41Qzt25O
>>814
age たはいいが、忘れた。「稲妻」だ。

816 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 21:12:08 ID:vHi0QLDg
まぁ昔はタバコでも何でも道端にひょいひょい捨てるのが一般だったからね
映画の描写でも卒中でてくるよね
今じゃ眉ひそめる行為だけど、これは中国行くと今でも普通に見れるわな


817 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 21:26:52 ID:JSm0hDob
まあ、昔は、庭で焚き火すれば解決することだからね。

818 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 01:20:35 ID:tKpUKI0W
「流れる」見た。
役者さんたちの演技に見入って飽きなかったな。
特に、栗島すみ子と杉村春子、賀原夏子のシーンはいい。
高峰秀子があまり存在感なくって損な感じ。

819 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 11:54:12 ID:dMyAr2sA
あれは、原作にはない役を凸もということで入れた。

820 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 19:25:18 ID:zdFhNytf
「女が階段を上がる時」と「放浪記」を続けて見た。
高峰秀子の変わりようにビックリ。
まさに「女優」だね。
「放浪記」での姿勢の悪さや歩き方、メークだけでなく
これが「銀座のマダム」を演じていた人と同じ女優とは・・・。
「放浪記」で時々、檀ふみや宮崎美子と似ている時があった。


821 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 15:25:04 ID:MWzyL4Jr
フェミニスト度

成瀬>溝口>小津

って感じ?

822 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 21:47:34 ID:L04IUj7s
「女が階段を〜」を先に見ちゃうと、いい人っぽい「放浪記」の加東大介が
最後なんかあるんじゃないかと思えてしまう。

823 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 01:09:39 ID:Q1KkparQ
「階段」の加東大介は「妻」の谷晃と同じパタ−ンだね。

824 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 19:08:43 ID:Nj0EW9wA
>>819
高峰の役(勝代)は原作にもあるよ。
設定が違う(原作は不細工)けど。

成瀬映画の加東大介は、他と違って存在感あるから好きだな。
「流れる」でも色男(自称)って役だよね。

825 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 19:58:06 ID:o9w5Xh94
「乱れ雲」だって、普通の男だったら司葉子に手出しちゃうよな。

826 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 08:22:28 ID:a8ZOMaqD
「女〜」でデコは最後に森雅之とは一夜を共にしてしまったけど
加東大介とは清らかな関係だったと信じたい。

827 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 12:04:15 ID:/fwNW65I
あの歳で婚前交渉しないほうが不純って感じしね?

828 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 16:43:05 ID:9XFPebLp
>>826
加東と何もなかったらその後のショックへとつながらない

829 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 18:26:19 ID:a8ZOMaqD
>828
ていうか、デコと森雅之はお似合いのカップルだと思うんだけど
デコと加東がそういう風になるということがどうしても想像
できないのよ。

830 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 21:32:33 ID:kj/0kSne
デコと加東といえば、
「放浪記」の定岡さんみたいな、敬遠されてもひたすらな善人の役もあったからな。
まあ一方で「あらくれ」みたいな絶倫すぎる夫の役をやってたりするわけだがw

「あらくれ」の場合森雅之が気弱で病弱な男だからね
上原と森が逆でもいいくらい

831 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 23:23:33 ID:9XFPebLp
>>829
加東がブサイクだけど誠実な人と思わせる過程が
あれほど描かれているのに想像つかんのか
加東をデコが引き留めるとこなんか完全に抱いてモードだろ

832 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 00:20:02 ID:BKjLPkdj
>831
デコと森雅之のラブシーンならいいけどデコと加東のそれは
想像したくないんだよな。
何と言うか有り得ない組み合わせというか・・。

833 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 01:50:31 ID:sGN+HbNC
あらくれだっけか
加東のあっちが強すぎて奥さん同士の会話でデコがぼやくのw

834 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 03:29:27 ID:FTHLKjy0
「女が階段〜」でデコは加東にヤラレているに決まっているが、
それを匂わせ過ぎると、>>826>>832みたいな人がショックを受けるから、
それと分かるシーンは完全に省いてあるのだ。

ここでも菊島&成瀬の脚本は完璧だ。

>>826>>832だってヤラレているに決まっていると思っているはずだが、
作者の作ったガス抜きにうまく乗せられて、「女が階段〜」が好きでいられるのだ。

そもそも元アイドルのヒロインが不細工といたしてしまっては、
ファンの反感を書くことは必定。

これぞマエストロの仕事。

835 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 22:11:58 ID:9SV8Q0FY
「あらくれ」ではデコの亭主の加東が絶倫男で森雅之が病弱で気弱な
男ねぇ・・。
なかなかおもしろそうな設定だな。

836 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 23:20:04 ID:f1Awzsat
デコの相手の男も、上原→森→加東→仲代と、成瀬の常連男優が一通り出てくる豪華なキャスト

837 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 09:48:14 ID:ZqwIOYRu
加東大介出てくるだけでワロスwwwwwwwwwwwwwwwwww

838 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 19:03:44 ID:ZOmnbbdC
826=832=837
わかりやすいなあw

839 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 05:33:58 ID:7XshBSSF
外れ。>>827>>837=俺

840 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 08:27:56 ID:+l+1g2jp
デコの相手の男は森が一番ぴったりくるね。
「浮雲」のイメージが強すぎるのかも知れんが。


841 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 08:34:45 ID:ZjpZYif9
デコちゃんが共演を嫌がった相手って誰だろう?
インタビュアーには「わかるでしょ」と言ってるが

842 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 15:12:02 ID:7XshBSSF
凹ちゃん?

843 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 19:29:34 ID:mzPg55fT
>>841
三國連太郎だと思う

844 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 20:56:09 ID:ZjpZYif9
なんで?

845 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 23:08:01 ID:qxNte3Rh
成瀬4本、小津6本
観ただけだけど
思うに成瀬はフェミニストで、小津は男権主義という感じである。
前者の映画の女性は仕事を持ってたり、わりとアクティブに行動する。
後者はそうでもない。

ドラマとしては成瀬映画のほうが好きかな(脚本は他人のものが多いようだけど)
映像的には小津が好き。
小津の映像感覚で、成瀬的なドラマというのが一番いいかと思ったけれど
それは合わないんじゃないかと。
小津的なドッシリとしたローアングルだと、
行動的な女性が似合わない感じがする。
お転婆な感じの役どころの岡田マリコがなんか小津映画では浮いてたと思うし

846 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 23:08:50 ID:qxNte3Rh
アクティブに行動するって同語反復か?

847 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 23:39:12 ID:Bxv1SGFB
成瀬のはフェミニズムと言うより下町文化だと思う。
奥方が家に入って家を守るってのは武家文化。
農家、商家、家内制手工業の家では女性も働くのが当たり前。


848 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 23:44:13 ID:8rN8tDcS
成瀬は晩年の「乱れる」「乱れ雲」あたり見ると、
日本的な「家」とか「地縁」「血縁」とかのしがらみにかなり嫌悪感を示していたように思える。
この辺、最後まで家族関係の暖かさ・心地よさを楽天的に信頼していた小津とは対照的だろう。

849 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 00:45:47 ID:3WdyY8Md
まあ小津は白樺派シンパですから楽天主義だわな。


850 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 01:07:03 ID:qYmqD8q2
小津監督より成瀬監督の描く女性の方が格好いい。
「女が階段を上がる時」のデコちゃんなんか最高。
職業も持たずいつも家の中にいる女性はつまらない。

851 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 01:25:03 ID:aTrj/VMJ
>>847
小津作品でも成瀬作品でも、未婚女性や未亡人はほとんど仕事をもっているし、結婚すると主婦になる人
が多いから同じだと思う。

『晩春』 紀子(未婚)…求職中?   『麦秋』 紀子(未婚)…BG
『東京物語』 紀子(未亡人)…BG   『彼岸花』 清子(既婚)…主婦 節子(未婚)…BG
『秋日和』 秋子(未亡人)…刺繍講師 アヤ(未婚)…BG   『秋刀魚の味』 路子(未婚)…家事手伝い

『めし』 三千代(既婚)…主婦   『稲妻』 清子(未婚)…バスガイド
『浮雲』 ゆき子(未婚)…タイピスト他   『乱れ雲』 由美子(既婚→未亡人)…主婦→事務員他

852 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:31:16 ID:raA0I4BE
原節子がどうも苦手だな
司葉子も好きじゃない
だから秋日和は苦手女優が揃った?
岡田マリコは嫌いじゃないけどあの映画ではあんま良くない。

浮雲のマリコはとってもいいよ(;´Д`)ハァハァ
成瀬だったら新珠ミチヨも好きじゃない。
あれはでも若林映子が良かった(;´Д`)ハァハァ
デコちゃんは、イイとか悪いとかじゃないな。
パンとかライスみたいな存在だね。あって当然という感じ。

853 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:39:15 ID:raA0I4BE
成瀬のほうが、エロイ。
乱れ雲で浜美枝がカーテン閉めて誘うとか、
「階段」で仲代タツヤと店の子がやった後に
デコのこと考えてたでしょ、って言われるところとかさ。
微妙な感じを出すのが巧いね。
「浮雲」の岡田マリコと森雅之とかさ。

小津でエロティシズムを強く感じたのは浮草だけ。

あとは彼岸花の桑野みゆきとかさりげなくパイオツ強調したりして
健全なエロスを醸しだしてたよ
稲子もいいけど、佐分利に婚前交渉してんじゃないだろうなって言われて
キッパリ無いと言ったのは萎え〜。時代が時代だけど、
婚前交渉くらい、やれよ〜と思ったよ(;´Д`)ハァハァ

854 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:41:29 ID:IJvVw6j7
>>851
「秋刀魚の味」の杉村春子の事も思い出してやってくれ(泣

855 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:44:54 ID:IJvVw6j7
しまった、成瀬スレだ…
「晩菊」の細川ちか子と望月優子の事も(ry

856 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 05:12:16 ID:jFB9MMHi
小津の話になるが、珍しく?結婚してもハイカラな職業婦人という感じなのが
「お茶漬の味」の淡島千景か。

857 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 12:24:41 ID:F0BVY8rS
え!?今の時代ってみんな婚前交渉してんの?

858 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 19:47:17 ID:ZDmfDG0r
森雅之がいいね。
本当に色気がある。
デコといい、森雅之といい眼で芝居の出来る役者が
成瀬に重用された。

859 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 20:03:32 ID:wdm5+lfQ
車掌さん、また再放送してくれないかな

860 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 23:05:13 ID:4kANqy1X
流れる」借りてきました

861 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 12:00:38 ID:AaAKOOYE
キャスト、豪華すぎ>流れる

862 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 18:27:05 ID:AaAKOOYE
デコはミスキャストだろ>流れる
五十鈴と7つしか違わないのに娘って

863 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 19:32:02 ID:I22rc5It
年齢差といえば「山の音」で、上原謙のほうが山村聡よりわずかに年上なんてのもあったな
まー男優はなんとかなっちゃうのか違和感なかったけど

864 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 19:35:55 ID:AT1OUmT3
んなこと言ったら、「華岡青州の妻」のデコは息子の市川雷蔵と七つしか違わない。

865 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 20:04:44 ID:AaAKOOYE
あれは五十鈴を老け役にしたのか
デコを若い方にサバ読んだのか?

866 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 23:50:22 ID:lyQsQSaJ
「流れてる」だと笑いもとれる

867 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 23:51:36 ID:r9j7fOjz
デコの嫁入りシーンからあるからな

868 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 01:20:43 ID:FAe8Z0Z1
年齢差といえば「噂の娘」で、
酒屋の親子・御橋公と父親役の人は同い年。

869 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 12:33:59 ID:qX4kFd5N
「流れる」
芸者が座敷に上がるシーンがほとんどないので
芸者界のことを知らないと普通のホームドラマみたいに見える
これは狙いか?

870 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 20:35:17 ID:SwRMd+Iu
>>869
お手伝いさんの視点(実はその世界の舞台裏を探る潜入記)が原作だから

871 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 21:55:52 ID:qX4kFd5N
なるほど
田中絹代の梨花の視点だったんか

しかし映画では必ずしもそうなってないね。
五十鈴がお座敷で泣くシーンがあったからね
あれは梨花からは知りえない場面だし。
あのお手伝いさんも絹代だから見入っちゃうけど
映画のストーリー上は別にイラネと思った。
多分、筋とか原作よりも、女優の演技合戦を見せたかったのだろうな
しかしデコちゃんだけがイマイチ本作に限ってはパッとしないね。
絹代、五十鈴、杉村春子、栗島などは本当に眼が離せないほどイイ。
岡田茉莉子もイイ。デコちゃんはなんか暗くてな〜。

872 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 22:09:14 ID:SwRMd+Iu
デコちゃんは原作ではもっと暗くていじけたブスだよ

873 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 05:22:48 ID:xC0ckW6m
しかいオマイラ本当に加東大介好きだなw
今だったら田口浩正か温水洋一あたりが後継者か。

874 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 11:49:27 ID:j0013Svy
三枚目風だけど、目つきなんかがちょっと歌舞伎役者のような、色っぽいところもいいんだよ思う
子役時代は舞台で大人気だったそうだし

875 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 13:29:02 ID:R1a35gfa
>873
加東大介は成瀬作品には欠かせない男だ。
「女が階段を上がる時」でのプレス工場の社長の役なんて
良かったよね。
誠実さをウリにデコを・・。
続きは見てのお楽しみ。



876 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 20:15:01 ID:k0rv9Gf3
既出かも知らんが、いちおう書き込んどく。
「妻よ薔薇のやうに」の歌人?である母親役(丸山定夫の妻役)の
伊藤智子は、別名白銀銀子、また田村百合子、本名田村智子で、
文芸のほうでは、永井荷風の数多の愛人のなかでも、芸者や娼婦でなかった
唯一の女性として有名てか「一部で有名な」人らしい。

いくつか文献があるらしいが、
手近なところで「断腸亭の経済学」吉野俊彦著から、
(断腸亭日乗は荷風の膨大な日記で、こちらは超有名。吉野はこれも有名なエコノミスト)

・・・ なお荷風と別れてから舞台美術家の伊藤熹朔と結婚したが、数年で離婚、
昭和十年にはPCL女優として成瀬巳喜男監督の下で製作された
「妻よ薔薇のやうに」の主演女優として活躍、戦後の昭和四十九年睡眠薬自殺。
文字通り数奇な一生であった。(引用終わり)

まあ、「主演女優」は後に成瀬と結婚した千葉早智子だろうけど。

877 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 14:24:41 ID:VChG2evU
岡田茉莉子の若い頃の映画ばかりを追い求めているうちに成瀬巳喜男にたどりついってしまった

878 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 18:07:30 ID:Sd0trQZ2
>877
「流れる」の着替えのシーンいいだろ?w

879 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 18:12:28 ID:gUQCKd2S
岡田の若い頃の映画ってひどくない?
特に松竹時代。大庭や吉村の映画でさえ。話が糞。

880 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 19:29:47 ID:2UTDG0VG
>>878
着替えシーンいいねえ
でも、浮雲のほうがエロイかな、顔が

881 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/23(土) 03:36:37 ID:XA7iEzJ/
教習所に免許更新に行ったのだが、
講習で見せられる映画が永島敏行主演のやつから
東映製作で里見浩太郎・原田龍二主演のやつに変わってた(水戸黄門じゃん!w)

原田龍二扮するひき逃げ犯の夫が
「俺、人を轢いてしまった・・・」
と妻に告白するシーンで
『女の中にいる他人』を思い出してしまったw

つーか、今思えば
あの悪評高い『ひき逃げ』も
当時は教習所かなんかで見せる目的で作られたのかな?

882 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/23(土) 04:22:31 ID:OtIA9m5C
>>881
>あの悪評高い『ひき逃げ』も
>当時は教習所かなんかで見せる目的で作られたのかな?

んなわけないだろw 

>東映製作で里見浩太郎・原田龍二主演のやつに変わってた(水戸黄門じゃん!w)

「飲酒運転の報い 破滅への道」という作品だな。ググると見たという人が沢山いる。
監督・脚本は誰なのだろう?

883 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 11:04:36 ID:5BYhncXC
「流れる」を見た。
山田五十鈴が最高。
こんなに貫禄ある芸者置屋の女将が出来る人はいないよ。
三味線もサマになっていたし。
この人には特別なオーラがあるね。

884 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/01(月) 14:32:04 ID:Osj0nB3X
 サマになっているというか、十歳で名取になり、教えていた。
詳しくはこのスレを読んで。

885 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/04(木) 07:23:03 ID:75nlvAXc
885

886 :名無し映画ファン:2007/01/05(金) 22:40:59 ID:g7rezxzl
先月衛星劇場で放送された「腰弁頑張れ」は、30分の短篇サイレント映画ながら、
映像表現がすごかった。フラッシュバックや妙な画面転換(ワイプ)、ついにはネガファルムをそのまま
使ったりしてた。話は保険外交員の子供がトラブル起こすが、列車事故に遭い、
両親の看病の甲斐あって生還するという蒲田調。

887 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/11(木) 05:53:25 ID:4ugpaajN
成瀬とトリュフォーとではどちらが格上なんだろう。

888 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/11(木) 06:17:06 ID:vw8tH+rv
>>887
シナリオや現場の実作業はどうしているのか知らないが、トリュフォーは割とルーズで
いい加減な構成を取ることが多いので、日本だと藤田敏八や神代辰巳に近いと思う。
プランを練っているのか現場でのアイデアなのか、自由な文法と絵作りを好む。

成瀬はカッチリした構成と構図を取るし、スタジオシステムの力も使い切る
ので、ちょっと比べられないのではないでしょうか?

889 :887:2007/01/11(木) 07:12:46 ID:4ugpaajN
速いレスありがとうございます。

218 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)