5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

司法ぐるみ、弁護士会ぐるみの詐欺手口を晒そう

1 :備えあれば憂い名無し:2006/06/05(月) 19:01:39 ID:a7Hl0VFJ0

1、認知症になった特定の老人の名前を使った、たわいもない文書が、事ある毎に集団組織的に偽造されるようになる。
(その文書偽造は、会社で使う会議緑や委任状など経済的権利、権限に関することに拡大していく。)
2、そういった文書偽造事件を関係者が警察や検察庁に訴えても「実害はないだろ。」とか「追認した」とか、そういうことで(弁護士集団が司法に圧力をかけて)、立件されない。
3、最後に、その「特定の老人」の名前で偽造された文書に使われていた筆跡の署名で、裸の遺言書が弁護士らから裁判所に提出される。

この詐欺手法は、宮城県仙台などで実際に通用してる弁護士らによる訴訟詐欺の完全犯罪の手法だ。
国家社会主義の弁護士や裁判官、検察官、警察っていうのは 裁判(所)を利用した集団・組織的詐欺が得意だから、みんな気をつけろよ。
戦前もそうだったが最近もそういう風潮が強い。

2 :備えあれば憂い名無し:2006/06/05(月) 19:07:46 ID:a7Hl0VFJ0
訂正:立件されない。→立件されない。(「立件」されても起訴か不起訴の決定通知は時効が過ぎるまで放置される。)


3 :備えあれば憂い名無し:2006/06/05(月) 19:16:54 ID:a7Hl0VFJ0
決定通知は、「時効だから不起訴」になって通知される。
弁護士会に相談に行っても、弁護士会事務局は(裏で弁護士集団から圧力をかけられてるから)「同事件に関しては二度以上相談に乗れない。二度以上は、弁護士紹介できない。」などという理由で事件を闇に葬り、被害者を泣き寝入りさせる。


4 :備えあれば憂い名無し:2006/06/05(月) 19:26:02 ID:a7Hl0VFJ0
仙台の裁判所は、弁護士が偽造した文書は「証拠採用」したのかしてないのか
さえ(弁護士を訴えた)一般国民には不明にする。だから弁護士が文書偽造を
した事実は歴史から抹殺される。


5 :備えあれば憂い名無し:2006/06/10(土) 06:02:24 ID:E7gKicKk0
age

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)