5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

孤独になる原因はアスペルガー症候群かも

1 :名前は誰も知らない:2006/08/05(土) 17:39:15 ID:/g3lBfcx0
こだわりが強く何かに没頭するとやめられない・人とのコミュニケーショ
ンをとるのが苦手で友達ができない・社会の暗黙のルールがわからずずれて
しまう・運動が極端に苦手・超不器用・不安感が強い・冗談が通じない
相手の言うことがよく理解できないことが多い・学生時代学習面に極端な
偏りがあった

以上AS(アスペルガー症候群(高機能の自閉症))の特徴。
たくさん当てはまるようならアスペルガーの可能性がある。


265 :名前は誰も知らない:2006/11/05(日) 17:47:02 ID:TnMzpnDUO
>>17
言い方はきついが同意
自分の人生に対する言い訳の匂いを感じる

もちろん現実にアスペや人格障害は実在するが、結局治療は困難なんでしょ?

266 :名前は誰も知らない:2006/11/05(日) 18:03:45 ID:qJEQ7sT90
26点です他。
私の場合、他人とうまくやれないんじゃなく
他人とうまくやるために時間や精力を使いたくなんです。
馬鹿・下種・うぬぼれやが多くて不快ないし退屈。

267 :名前は誰も知らない:2006/11/05(日) 18:12:30 ID:ErG1FP5QO
ああそうか長年俺を悩ませてきた漠然とした不安感やら劣等感やらがごった煮になった兎角訳の分からない嫌なネガティヴな感情の原因はこれか

268 :名前は誰も知らない:2006/11/05(日) 18:35:40 ID:SSydUL+L0
病気とか治療とかそう言うもんでなくて、まあ確かに"個性"の範疇なんだろうが
「見えないものは決して見えない」

269 :名前は誰も知らない:2006/11/05(日) 18:36:18 ID:SSydUL+L0
ああ途中で書いてしまった

もういいや はいはい言い訳言い訳

270 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 12:41:46 ID:k4bXj4500
>>264
俺は援助を受けたいとかじゃなくて、自分に合ったコミュニティを探したいという理由で
診断を受けたよ。健常者のコミュニティに入れないならメンヘラor障害系のコミュニティに
入って少しでも前向きに人付き合いできたらと思ったんだけど、
結局仕事してる時点で障害じゃないと言われヘコんだだけだった。

>>265
言い訳というが、たとえ言い訳探しになったとしても
自分に合った居場所を探す手段としては前向きだと思うが。
どうしても一般人の世界に入れない→もっと自分に合った居場所があるのでは?
→ではそもそも自分とはどういう存在なのだ?(一般人と違うのはなんとなく確信できるが)
こういう流れ。治療が出来るかどうかは関係ないんだよねこの場合。


俺なんかAQテスト40点でネットで調べたアスペの特徴のほとんどに
かなり強く当てはまるのに健常者だってさorz >>240がうらやましいよ。
ちなみに医者の中には「仕事してる云々関係なく診断すべし」という方針の人もいる。

271 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 14:26:34 ID:+kVPQwrI0
おれは診断受けたけど、小学校3、4年生のときには、
歴代天皇、将軍、化学の元素記号等を全て暗唱できたし、
数学の二次関数の問題も解けた。
しかし、読書感想文とか作文になると、「面白かったです。」
の一文以上のことがどうしても書けないし、
国語で「この登場人物がこういう行動をとったときの気持ちは
何ですか?」っていう質問にいつも「そうしたかったからでしょ?」
としか答えなかったから、ひねくれたやつだと見なされていつも
先生から叩かれてたよ。

診断受けられないって嘆いてる人は一度自閉症の人を
見てみた方がいい。あんたらが思ってるより池沼レベル高いから。
単なるコミュニケーション能力不足の問題にとどまらない障害があるんだよ。

272 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 16:25:40 ID:zpubQgCM0
自治体によるけど、障害手帳もらえたり医療証もらえるところもあるよ。
極々限られてるけど。

273 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 17:12:26 ID:A9LnLmrT0
現状だと申請したところで精神障害者保険福祉手帳しか出ないがな
「知的」発達障害から外れてしまえば、福祉の枠からは外れるもんで

いやまあ「療育」手帳なんていい年して持つのも難では有るが

274 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 17:53:20 ID:A9LnLmrT0
なんかTV見てたら「発達障害ってのは一般人でも精神障害でもない異端な人間を放り込む為の都合のいいカテゴリー(意訳」と出てて
あーまー世間的には所詮そんなもんなんだなーとうん思いました

275 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 17:59:41 ID:OHfiSlXR0
テスト42点で閾値超え。
病院いったほうがよいのかね?
文書やりとりは出来るけど、人と話せるようにはなっときたいんだが。


276 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 21:18:27 ID:gkarGHr30
>>271
>見てみた方がいい。あんたらが思ってるより池沼レベル高いから。
>単なるコミュニケーション能力不足の問題にとどまらない障害があるんだよ。
それは人による。普通に仕事をこなしてる人もいれば
ちゃんと人と交友関係を築き恋愛結婚子育てとクリアしてる人もいる。

277 :名前は誰も知らない:2006/11/06(月) 21:40:45 ID:A9LnLmrT0
それがクリア出来て特に問題も感じてなかったらいいんでね
そう言う奴がこんなスレ見ないだろうしな

278 :名前は誰も知らない:2006/11/07(火) 06:41:44 ID:BGeC2cDG0
>>277
そういうことじゃないと思うが。流れが。

279 :名前は誰も知らない:2006/11/07(火) 23:24:37 ID:Xc2iHQaC0
流れを読めないのも性質なのか

あと自閉症って書くと古典的な方のイメージの方がまだ強いな
歳喰えば診断がし辛くなるのは仕方ない事ではある

280 :名前は誰も知らない:2006/11/12(日) 17:11:04 ID:82hne4as0
ttp://hb8.seikyou.ne.jp/home/shimauma-e/discpcy_asd-assessment.html
ちょっと調べてみたら診断テストだけでも幾つか有るのな

281 :名前は誰も知らない:2006/11/13(月) 10:27:56 ID:I7rjWNZv0
俺の母ちゃんが入院したんだけどさ。
昨日までは家族で見舞いに行くほど大変だったんだ。
そして、今日からは個人個人で見舞いに行けばいいし、行きたくなければ別にいいんだけど。
仕事を持っている親兄弟は見舞いに行けないけど、定年を越えている親父や就活中の弟は当たり前のように見舞いに行ってた。
でも、俺だけ心の中で「えっ見舞いに行かなきゃならんの?」って感じで不思議な気になってた。
普段の俺は別に母親と仲が悪い訳でもないし。
会話もするし他の兄弟達と同じように仲がいいはずなんだが、今日に限っては自分の常識の無さと薄情すぎる性格をしている事に気づかされた。
こんなに薄情になってしまうのもアスペが原因なのか?アスペはみんなそんなものなのか?
他にもこんな心理体験をしたはどんな心理状態だったのか教えてくれ。

282 :名前は誰も知らない:2006/11/13(月) 11:06:24 ID:aUK61yRH0
確かに薄情者とは良く言われるね

283 :名前は誰も知らない:2006/11/14(火) 20:42:00 ID:MiWFC6pX0
閾値越え. 41点
私が幼少期の頃、母は私の事を障害者だと思い頻繁に医者に
相談に行っていたそうだ。その際、何らかの診断結果を受け
たのかは聞かされていない。脱走癖があり、幼稚園を脱走し
警察に保護される事が数回あったそうだ。お遊戯で皆が右回
りにスキップをしているのに、私一人は左回りに回っていた。
そんな話を母から聞かされた。過去の私の行為を振り返ると、
どうやら奇妙らしい。 今更、診断を受けに医者に行き自分
の正体を知る気は余りない。日々受ける周囲との違和感もコ
ンピューターの前で仕事に没頭していると忘れられるし。

そういえば今日、同僚とのやり取りにこんな場面があった。
同僚が「以前、お前にメールを質問文で送ったのに返信が来なかった」
と言われ、私が「9月15日の午後8時52分にきたメールだ」と答えたら、
「なんで日時を覚えてるの! 恐っ!」なんて言われた。
数字は何でもかんでも頭に入ってしまうのだから仕方がない。

284 :名前は誰も知らない:2006/11/14(火) 22:06:53 ID:xDHyHCRv0
ニュー速だよー\(^o^)/
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1163484933/
知られるのは名前だけでスティグマがオチと言う毎度のパターンだがな

>日々受ける周囲との違和感もコンピューターの前で仕事に没頭していると忘れられるし。
幸せだわそれは

285 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 00:11:49 ID:bDMEGfKd0
しんどい
何もかも上手くいかない
好きでこんな脳に生まれたんじゃないのに

286 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 06:03:00 ID:oyV3YRIhO
>270
仕事してるから障害じゃないなんておかしな話だね。

僕の〜のクサナギも一応仕事はしてるので彼は自閉症じゃなくなるわけだ。
ドラマ全否定w

287 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 08:26:38 ID:bDMEGfKd0
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4054018904/
この本読んでる。子供〜大学卒業までを思い出して自分にあてはまる
ことが多くて苦笑する。でもさすがにそこまでは無かったなあ、
ていう事例もあって、スペクトラムの中では軽度に位置する気がする。
軽度だから余計生きにくいという話もあるけれど。

仕事してるからアスペじゃないというのはおかしいね。
単に破綻する直前なのかもしれないし、なんとかやっていける
環境もあるだろう。

ただしドロップアウトする率が高いのは間違いない。
興味深いことに、IQが人並みがそれ以上だとドロップアウト率が
高くなるそうだ。他の事は人並みにやるのに社会性だけが
無いから単なる性格極悪人間に見えるってことだろう。

IQが低い場合は(これはアスペとは言わないようだけど)ちょっと
接するとおかしな人とわかるから、そういう人だと受け入れて
もらいやすいみたい。

288 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 08:37:59 ID:Wn8oh6uY0
私はある(アスペルガー症候群)の特徴 _| ̄|○

289 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 18:44:32 ID:h8dGfhWE0
閾値越え 40点

オレもアスペだな

290 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 18:47:13 ID:uFBcYCKc0
なんだかいろんな病名が作られてるなw
あまり気にしすぎなんだよw

291 :名前は誰も知らない:2006/11/15(水) 19:23:24 ID:g/l2zC660
アスペルガーなんて大昔に論文書かれてはいるんだけどな

292 :名前は誰も知らない:2006/11/16(木) 14:17:15 ID:uW33cvOc0
>>287
じゃあIQが高くないとアスペじゃないってこと?それも変じゃない?
アスペの中にもアホはいると思うんだが。
ダウン症の人間だって誰も彼もがサヴァン症候群じゃないわけだし。

293 :名前は誰も知らない:2006/11/16(木) 14:48:06 ID:F1HvWvi80
>>292
高い、普通、低いの三段階じゃないの?

294 :名前は誰も知らない:2006/11/16(木) 15:12:19 ID:kxAP1djt0
説明するだにめんどくさいから自閉症スペクトラム(連続体)図参照で…
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

295 :名前は誰も知らない:2006/11/16(木) 17:58:55 ID:r95JcTco0
定義から言えばIQが平均以下はアスペではないな…

296 :名前は誰も知らない:2006/11/16(木) 18:12:26 ID:kxAP1djt0
IQ高くてドロップアウトするのも居れば、性質に気付かれないまま運良く成功し続けたらマジもんの極悪人間が出来る事も稀に有るかも解らんね
「あんな下らん話題ばっか話して周りはバカばっか」と思うガキが、その間違いに盤石の信頼を置いた様な感じの

あとアスペと認定されない位IQ低いとなるとそれはカナー型かそのボーダーなんだろう
自閉そのものはIQじゃなくて三つ組の障害で判断するべきなんだし

297 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 07:14:01 ID:sJIYdzkh0
>>295
>>294

298 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 07:19:21 ID:sJIYdzkh0
失礼。
>>295
>>294を見ると、要するにIQが低いのがカナー、並〜高いのがアスペってことかな?
俺はIQ自体は並か並よりちょい低いくらいだったはずだから、
健常者とASのボーダーになりそうだ。このへんだと普通は障害者とは認められないんだろうな。
仕事できてるからASじゃないって言われた人も同じようなレベルにあるんだと思う。

299 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 08:12:32 ID:Q1pLPBWX0
アスペだと精神年齢が低いとか言われることが多いと思う。
精神年齢が高いというのは一般的には素早く人の気持ちを察する
ことができる、ということなのだろうから、アスペというのは
定義からして精神年齢が低いと言うことになるんだろう。
そういう風に思われるのは辛いので、人と接するのは嫌いだ。

知識としてなのか経験としてなのか、瞬時に他人の感情を推察
できないこういう状態を先天的な脳のつくりの問題なんだ、と
知っている人も世の中には少なからずいて、そういう人と
会話するのは楽だ。でもそういう人でもアスペを親友にしたいとか
伴侶にしたいとかはまず思わない。何せその場その場で心が
通わないのだからね。

メールは好きだ。返事をするのに十分な時間があるから、
過去の経験をあれこれ引き出して、他人の感情を推察することも
何とかできる。普通の人とは方法が違うのだろうけど。

面と向かって人と話すのは嫌いだ。

300 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 08:17:22 ID:qjuFqKP+O
エスペランザ将軍

301 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 09:42:39 ID:sJIYdzkh0
>>299
かなり同意。2ちゃんが好きなのも同じ理由。書くまでに十分な時間がある。
集団で会話してるとすぐに追いつけなくなるからどうしようもない。
奴らは頭の回転速すぎ。

302 :名前は誰も知らない:2006/11/17(金) 09:53:06 ID:JqO5WVMp0
アスペはIQの高低はあまり関係ないよ
言語障害のない自閉症がアスペルガー症候群というんだよ。
もちろんIQがあんまり低ければ言葉が不自由だったりするけどね。

303 :名前は誰も知らない:2006/11/18(土) 14:13:36 ID:96ZK0lS50
アスペだからって、まったく人の気持ちがわからない訳ではないよね・・?複雑な言葉の裏や言った事に含まれる別の意味を理解するのが難しいのですよね。

304 :名前は誰も知らない:2006/11/18(土) 14:40:22 ID:WcBFgyvT0
解らん。少なくとも非言語コミュニケーションに於ける推察能力なんてほんと弱かったな、個人的には

305 :名前は誰も知らない:2006/11/18(土) 19:05:47 ID:dlfAc8Ck0
>>303
人の気持ちがわからないのではなくて、「推測」することが
できない、のです。だから言葉で気持ちを教えてもらうと
理解はできるわけです。あるいは時間をかけて「考える」と
わかることもあるのです。

自分は、年を取って経験を積んだ結果、短時間で「考える」ことが
できるようになったとは思う。普通の人のように瞬時に察する
ことはできない。

推測できない程度も、人によってまったく推測できない人も
いれば、推測するのがすごく苦手、な程度の人までいる。

参考:心の理論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%AE%E7%90%86%E8%AB%96

306 :名前は誰も知らない:2006/11/19(日) 01:36:07 ID:Yg0tXIlC0
読書の秋、つう事で高機能自閉症者の自伝でも漁ってみる事にした。

…縄は!縄は何処だ!100円ショップでも丈夫な縄売ってんのか!
駄目だ酷い。特に変光星酷い。自分の記憶にも響いて余計にハウる。

あと>>287の本読んでも『ああ俺はとっくの昔に手遅れなんだな』とか勝手に思い知って余計ダウナーに。

307 :名前は誰も知らない:2006/11/20(月) 00:06:46 ID:Pz8YCdkS0
wikipedia読んでたら
>日常の会話で相手に面と向かって話していると、「自分は障害者なんだ」という意識が心の奥深くにあり、勇気を持って話し出す事が難しい。
と有ったが

お前等そんな事有る?

308 :名前は誰も知らない:2006/11/20(月) 00:46:46 ID:M3Vu6Dk+0
あるよ。
俺は脳みその働き方が普通の人と違うんだ。
宇宙人とか基地外の類なんだ。
って意識がある。

話かけたら「え。何こいつ空気読めないこと言ってるの」
みたいになることが多いからね。

309 :名前は誰も知らない:2006/11/20(月) 09:08:51 ID:7dx45yLb0
>>308
あるなあ。言っちゃった後に気付くんだよいつも。
あ、今の全然空気読めてない、とか。根本的に勘違いした返答しちゃった、とか。

310 :名前は誰も知らない:2006/11/20(月) 23:56:29 ID:M3Vu6Dk+0
言っちゃった後だと手遅れなんだけどね。
脳が狂ってて気付かないだけなんだ、悪意があるわけ
じゃないんだ、って言っても通じるはずもなく。

アスペの症状のこと知ってる人でも本能的に許せないんだと思う。
だって周囲の人は実際に不快な気持ちになるわけだからね。

311 :名前は誰も知らない:2006/11/21(火) 00:23:33 ID:/J5yro1Y0
>脳が狂ってて
発言がストレート過ぎて逆に顰蹙…つうのはまあ実にアスペらしい
かと言って私自閉ですなんて云っても、見えない脳味噌の事だし解らんのがヲチだな

数少ない知り合いに伝えた時
「それでもお前が言う言葉の責任が無くなる訳じゃ無いだろ」と云われたのはどうも参った
そりゃそうだ、全く以て至極当然、なんだけども。なんだけどもね…
誰だって判断が付けばそんな事云わなくて済むんだわ…と云えども、説明するだに情けないもんだわ

312 :名前は誰も知らない:2006/11/21(火) 21:33:40 ID:1W1SYTgV0
>>311
一度放たれたら、言葉は元の位置にもどらないんだぜ。
ってことを肝に命じるしかない。


313 :名前は誰も知らない:2006/11/21(火) 22:18:00 ID:/J5yro1Y0
放つ言葉放つ言葉が取り返しのつかない事だと思ってしまうから、そりゃ自然と緘黙気味になるんだろうな
失敗が常に致命傷の綱渡りの様なもんか

314 :名前は誰も知らない:2006/11/21(火) 22:38:25 ID:1W1SYTgV0
取り返しがつかなくjてもいいじゃない。
どんな行動をしたって、行動を起こす前の状態には戻らないのさ。
だからオレは自分が悪いと思わない限り、謝らないと決めた。
それで衝突して居場所がなくなろうが、自分独りだ。
デラシネだと言い聞かせ、新たな場所へ向かうだけ。

315 :名前は誰も知らない:2006/11/21(火) 23:06:26 ID:/J5yro1Y0
孤高と云うほど強くも無いし、孤立を是とは思えんのが俺の弱さだわ
何が良いか悪いかの秤も無くした、積極奇異型の負い目だな
輪に入れない奴が輪に憧れるなんて、ほんと笑い話でしか無いが

ほんと世捨て人にでもならないといけないんだろうかなあ…

316 :番組の途中ですが名無しです:2006/11/22(水) 02:28:21 ID:JDAwNmRJ0
病気の人には悪いが
精神的な問題は、病気の人のほうが苦しいとは限らない、と思う。

317 :名前は誰も知らない:2006/11/22(水) 05:12:04 ID:2h3c3iYF0
>>316
んなこたぁーないね
それに自閉症は病気じゃない。

AS者のせいで迷惑蒙ったって、定型には一緒に愚痴を言う相手もいるし、分かり合える人間だって
いるだろう。

318 :名前は誰も知らない:2006/11/22(水) 09:00:23 ID:w9oTHBcbO
いない人だっているでしょ

319 :名前は誰も知らない:2006/11/22(水) 10:30:53 ID:s5jEnMw80
脈絡の無い書き込み見ると毎回真剣に悩んでしまう俺が居る
意図が分らん

>病気な人
のツッコミは兎も角
>精神的な問題は、病気の人の方が苦しいとも限らない
…範囲が大きすぎて何のこっちゃな

320 :名前は誰も知らない:2006/11/23(木) 15:34:21 ID:UjUAiE8/0
ASは病気じゃなくて、先天的な障害

321 :名前は誰も知らない:2006/11/23(木) 22:40:51 ID:vdZSP6SC0
単純比較とかそー言うもんでもなくて、苦労だけ取ってもただ互いの知らない「定型にしか無いもの、ASにしか無いもの」が有るだけの話だわ
んな事言っても世界は多数派の為に有るのだから、どちらにせよ踏み外しては裏道歩いてる身分でな

322 :名前は誰も知らない:2006/11/23(木) 23:12:55 ID:/MFQfF2n0
>>316
マジョリティーのクセにマイノリティーより苦しいとかってチャンチャラおかしい。
お前にお似合いのスレがあるよ

巣に帰れ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1157472739/

323 :名前は誰も知らない:2006/11/23(木) 23:23:21 ID:vdZSP6SC0
こんな板に来てる時点で正味ドングリの背比べじゃねえの…
「アスペだから天才と思い込みたいry」みたいな事を言っちゃう奴も混じってくるんだし

324 :番組の途中ですが名無しです:2006/11/26(日) 04:17:31 ID:No/IH7ku0
>>319
その通りで脈絡なく、範囲の大きい話をいきなりした。
ROMってろと言われればしとくよ。

325 :名前は誰も知らない:2006/11/26(日) 10:56:41 ID:ZXP6T7BZ0
ROMれと言うよりか、程度にも依るが具体的な質問でも無ければAS的にはどう答えて良いのやらと言う感じで
叩く以前に、俺的には普通に困惑してしまうんだけどもね

326 :名前は誰も知らない:2006/11/28(火) 23:33:09 ID:tjviLBpu0
こどもが1年生からサピックスという進学塾に通っているのですが、うちの
も含め、アスペっぽい子が沢山いるんですよね。障害児クラスかと思いました。
みなさん、頭いいんですよね。

327 :名前は誰も知らない:2006/11/28(火) 23:40:23 ID:bpA3izzN0
>障害児クラス
強ち間違って居ないかも解らんね
あと小学生時代の頭の良さなんてどれも大した事は無い
昔神童、なんてよくある事で

328 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 00:11:13 ID:+qdP4jXC0
特にASにはサヴァン症候群もよくみられるから、
幼い頃の神童ぶりには逆に要注意だよね。

329 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 00:21:31 ID:sj/hJTbQ0
サヴァンってのは大抵『頭がいい』つう程度じゃなくてほんまもんの天才を指すんだろうよ
勉強が出来るつう程度じゃ当て嵌まらないし、万が一つにもよく見られるんだとしてもこんなスレにはまず居ねえよ

330 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 22:38:46 ID:KPpmaqxj0
サヴァンって数万年分のカレンダーが頭に入ってるとかいうアレだろ?
そんなやつ滅多にいないよ

331 :名前は誰も知らない:2006/11/30(木) 21:02:07 ID:tuI+voUg0
カレンダーは10000年分くらい分かってても簡単な足し算できなかったりしたなんてケースもあるし
普通に使われる頭の良さや天才などの単語の意味の延長上にいるものとして考えていいものかどうかは不明
凄いことには変わりは無いけど
まあこんなスレでサヴァン症候群のことなんて話してもしょうがないとは思います。

332 :名前は誰も知らない:2006/12/02(土) 02:27:35 ID:oASu8Qfb0
しかし生きるのはつらいよなー

333 :名前は誰も知らない:2006/12/02(土) 19:16:30 ID:fRCMs97C0
なんつうか…今更になって理解しても、自分が障害者だと云う自覚を抱えて生きたくは無いもんだな

334 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 19:54:49 ID:ObcCDwGz0
最近大学で発達障害についての授業受けてます
授業内で初めてアスペルガーを知り、「それちょっと当てはまるんだけど。癖
じゃなかったの?」とキョドっていたら、先生が一言

「割合的にはこの教室の中にもいるはずなんですよー。こうなってくるともう
個性って言っちゃっても大丈夫な人もいると思うんだよね。本人が困るとか、
生活に支障があれば障害、それなりにやっていければ個性でいいじゃん」

335 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 20:14:06 ID:I5ZWxDN30
>生活に支障があれば障害、それなりにやっていければ個性
それでFA

336 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 23:24:43 ID:k+XE2uP40
明日からまた職場で地獄の日々・・・。
同僚と雑談も出来ない・・・。
上司の指示の意味がわからない・・・。

生活できなくて困ってるんだけど・・・。個性とかのんきなこと言ってる場合じゃないよ・・・。
ヘタすりゃ自殺ものだよ・・・。

337 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 23:27:23 ID:k+XE2uP40
>割合的にはこの教室の中にもいるはずなんですよー。

300人にひとりだろ。3000人いれば10人いるかどうか。
んで8割が男。

338 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 23:42:39 ID:I5ZWxDN30
それなりにやっていけてねえじゃねえか、それは
ほんとそのままじゃ壊れるぞ

339 :名前は誰も知らない:2006/12/05(火) 06:59:27 ID:O4r4Tc+i0
>>335
それ言われると困るんだよな本当。
仕事はなんとかできてるけど、友達はいないわ恋人なぞ夢のまた夢で、
親兄弟とも絶縁状態で、孤独でたまらないくせに誰とも付き合いたくない気持ちも強くて、
劣等感と自己嫌悪にさいなまれ続けるだけの価値の無い人生で、
生きてはいけてるけどプライベートは実質破綻してるようなもんで。
こういう状態を「生活に支障が無い」と判定されるんだからな…

340 :名前は誰も知らない:2006/12/05(火) 19:24:02 ID:P8VziwzQ0
昔から酷くいじめられていて、成人した後もどうにもあたりに馴染めない。
文字にしてもらえれば会話も理解できるんだけど、リアルタイムで話される
と意図がさっぱりわからない…
鬱なのかと思って色々と調べてたら此処にたどりついた。
ttp://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html
の診断では46点。
もしかしてもしかするのか…?
精神科に行って見るべきなのかも知れないが、昔酷い目見た後何故か、
どうしても医者に行けなくなった。どうすりゃ良いんだ…

341 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 00:22:44 ID:abjZAJSY0
>>340
勇気を出して専門医の門を叩くんだ。
どんなに評判が良くても普通の精神科じゃダメだ。
大学病院から「発達障害の専門医」を紹介してもらうのもいい。

俺は専門医によるAS診断にたどり着くまで、実に5年以上ヤブ(他の分野では高名)な
精神科医の金づるとしてそこに通い続けた。でも治らなかった。
普通の精神科だと鬱だの抑うつだの不安神経症だの社会不安障害だの、
俺がされたように誤診される可能性が高い。

小学校時代からの通知表とか、子供時代、幼児時代を知る両親同伴で
専門医を訪ねるのがいい。それがAS診断の判断になる。
知能テスト(IQ)も受けさせられる。
「IQは平均値だが、受け答えがヘン」とか「物事の受け捉え方にゆがみがある」
みたいな話をされるだろう。

もちろん、ASでない可能性もあるが。

そして、ASは死ぬまで治らないからな。先天的な障害。

>>339
仕事はあんまりできてないけどそれ以外はまったく同じ。
10年前に買ったような時代遅れの服着ちゃってさ、何の意欲も湧かない毎日。

342 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 00:37:16 ID:G5nI71ut0
医者は診断しか下さんしな(二次障害で支障が出てれば薬でも出るかも知らんが)
支援が欲しけりゃそれなりの相談機関位しか無い。
そして、>>339の抱える様な問題に対処してくれる様な事は無い。

…悲惨な現状が有るのに何がサヴァンだって話だな

343 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 19:28:09 ID:abjZAJSY0
昔は俺らみたいな人間でもそこそこ生きていけたんだろうなって思うときがある。

国際競争力とかグローバルスタンダードとか言ってるうちに、
本当にハイスペックな人間しか生き残れなくなってしまった。
つまり、この世で生きることができる人間の許容範囲が狭く狭くなってきたってこと。

344 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 19:33:26 ID:abjZAJSY0
一人でオールマイティーみたいな奴ばっかり重宝される。
万能じゃなくても、そこそこソツなくこなす奴のほうが重宝される。

そして、キャラクターだの人情だ愛嬌だの、ASにはほぼ理解習得不能な才能を持った奴も重宝されたりする。
「あいつは憎めないヤツ(むしろ可愛げがある)」とかなんとか。

一方おれらキマジメにやってるつもりでもなぜか嫌われたりするだろ?

345 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 20:40:32 ID:G5nI71ut0
『コミュニケーション力無くしては人に在らず』の世の中だから
ASなんてほんまもんの人間失格なんだろうな\(^o^)/

>344
「お前は真面目でも生真面目でも無くて、糞真面目なんだよ」とガキの頃云われた事がある
俺は未だにこれ以上腑に落ちる言葉を他に知らん

346 :340:2006/12/08(金) 18:40:41 ID:DSLAM/ze0
>>341
専門の病院じゃないとやっぱりダメなのか。
実は酷い目ってのがまさに、同じような体験をした挙句、薬漬けにされたって
のがあってなぁ。

今度気合入れて行って見る。
正直今の状態は、生まれつきな訳だから改善するなんてのは期待はして無いん
だけどな。ただ、周りを多少なりとも納得させる材料になってくれると助かるんだが。
言ってる事が良くわからんと口で言っても、耳が聞こえてる以上努力不足だし、
自己診断で何言っても、「思い込みで言い訳」の一言で大抵スルーだしな。

347 :名前は誰も知らない:2006/12/08(金) 21:36:56 ID:AYCK2/eO0
で、>>311の様に
>「それでもお前が言う言葉(→言動)の責任が無くなる訳じゃ無いだろ」
とでも云われるのだろうか

348 :名前は誰も知らない:2006/12/10(日) 14:48:45 ID:zZ5Uf2Aw0
必死でコミュニケーションとろうとすると
「お前はいつも余計なひとことが多いんだよ!」って激怒される。
ボケツッコミ、ノリツッコミ、オチの付けかたもわからない。
んで、いつも会話ストップ。

もう最低限のことしゃべるのも怖い。

349 :名前は誰も知らない:2006/12/10(日) 23:17:29 ID:1JQgqjuL0
発達障害者支援法読んでるんだが、心持比重は児童教育向きになってるわな

350 :名前は誰も知らない:2006/12/10(日) 23:59:22 ID:jrpug/bi0
成人した発達障害は手遅れ扱いだよね

351 :名前は誰も知らない:2006/12/11(月) 00:35:17 ID:NiQFh6UT0
もっと正確に云えば"成人後に初めて気付いた"発達障害者か

352 :番組の途中ですが名無しです:2006/12/11(月) 03:03:01 ID:CY6NKP1E0
ASでもないのに人間関係全然ダメな俺は更に終わってるな

353 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 00:12:24 ID:Mz8CpZO60
>>350
手遅れっつーか誰からも彼からも見捨てられてるっつーか。
俺のこの40年近い人生は一体何だったんだって。

もっとテレビとか新聞雑誌で
「成人した発達障害者がいかに社会で苦労しているか」
「今後彼ら(俺らAS)をどう支援サポートしていくか」っていう特集組んでほしい。

たまにテレビでやってるASだの高機能自閉症だのは幼稚園児とか小学校低学年の子供の話しばっか。

354 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 00:17:50 ID:6A0jUW//0
俺ADHDだけど、アスペルガーも軽度だが併発してるっぽい

355 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 00:28:57 ID:fb7LlGh00
最近の説では、生まれた時の父親の年齢が高いと、自閉症とかアスペル
ガーになりやすいというのがあるけど、皆さんの生まれた時の父親の
年齢はどのくらいだろう? ちなみに、僕は35歳。母親も34歳だから
年取っている方だとは思う。暗黙のルールがわからず、またわからない
ということもわからず、苦労してきた。最近は、すこし間合いのとり
かたがわかるようになったけど。父親が40歳以上だと、すこしリスクが
高くなるらしい。


356 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 00:35:46 ID:Mz8CpZO60
>>355
そんな説ってどうだろうかねぇ?信憑性あるのか?
俺は長男で親父30、お袋28歳の時の子だけどAS。
高校中退。職歴転々。彼女はおろか友達もいない。

2歳下の弟、5歳下の妹は健常で普通に進学、就職、結婚して今子育ての真っ最中。

357 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 00:38:21 ID:KYxFKQpK0
>>353
これからの養育も将来の自立の為にやるんであって何があろうと既に自立出来てるならそれでいいんじゃね?的ノリの「支援」だからな
生き易さの為の方略も勿論教えていくんだろうけど、流れ的に行き着く先はエリザベス・ムーンの「くらやみの速さはどれくらい」みたいな

>>355
20代前半で産んでもある奴はある
歳喰ってからの出産が母子共にリスク高くなるのは特に特筆しなくても他の障害でも同じ

358 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:15:40 ID:fb7LlGh00
>>356
>>357

当てはまらない例も十分あるみたいだな。
でも、元ソースはごく最近の科学論文で、母親の年齢は関係ないが
父親の年齢が40歳以上だと、20代父親と比べると3倍ぐらいの確率
で主に自閉症が増えるという内容。といっても、もともとの自閉症に
なる確率が0.08%のものが、0.3%ぐらいになる程度で、大きなインパ
クトはないかもしれない。その論文は、アスペルガーも含めているけど
主には、自閉症を対象にしている。

皇太子の子どもの愛子ちゃんが、ちょっと人間関係に困難を抱えている
ような記事もあるから、ああいうのが代表かと思ってみたりした。
それから、自閉症の発症率は、最近10倍ぐらいに上がっているという
報告もあるけど(アメリカ)、これが社会環境の変化による父親の高齢化
が原因であるとすれば、すんなり理解しやすい。あと、抱いてあげても
喜ばない子どもが増えているというのも、納得できる。

でも、あくまでも、全体的な傾向の話で、反例はあるとは思う。


359 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:23:58 ID:E0I4rg5k0
漏れたちが事件起こして精神鑑定してやっと自他ともに認められると思う

360 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:27:23 ID:KYxFKQpK0
統計の精度も信頼の担保も不明瞭な"論文"とやらで結論ありきで話されても(論文と名を付けながらどれだけしょーもないのが有るのやら)
と云うか、正直発達障害の出現率なんてどうでも良くて(社会的に認知されて相対的に増えた事も有る)

何の因果か産まれてきてしまった以上これからどうやって生きていくんだか…と云う事の方がよっぽど関心有るかな、俺は

361 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:33:01 ID:fb7LlGh00
いやいや、もしわれわれのようなものでも子どもを生めるという
ことになったとして、その時に、自分の子どもには自分とおなじ
苦しみはできるだけさせたくないと思えば、苦しいからこそ
そういうことが気になるのではないだろうか。
俺は丁度34歳になっているが、そういう点で気にしている。



362 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:38:19 ID:KYxFKQpK0
ンなもん考えたって産まれる時は産まれるし産まれない時には産まれないんだってば
盲目から晴眼者が産まれるのだって当たり前だし、確かに自閉傾向に遺伝の疑いはあれど現状で分っちゃいないんだから
現状、そんな不確定要素を漁っても狼狽の種にしかならんよ

どんな人間だって苦しみなんてもんから逃れられんの。
唯、「発達障害」つう枠が有るだけ、そう言う対処の方向に目をやれる指針や意識が生まれる事でも有るし
だったら対処法を教えてやるのが本当の親の務め。問題の目を先に摘もう摘もうとすればニートしか出来上がらんよ

363 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 23:45:15 ID:KYxFKQpK0
別に「そりゃ歳喰ってから産めばそりゃ支障も出るのは当たり前だろ」的に書いているからそんなに非難してる訳じゃ無いんだけど

『遙か先の要らん心配までする必要は無い』ってだけで。苦労させたくないつうのは親の苦労したくないつうもの少しは有るんだし
子供作りたいなら苦労する覚悟くらいしなきゃいかんし苦労をそんなに嫌わなくても、と

そんな童貞NEETの訴え。
と云うか弧男板で未来の子供の心配までするってどんだけブッ飛んでんだか

364 :名前は誰も知らない:2006/12/13(水) 19:10:03 ID:FvXgz93C0
たしかに、未来の子どもの心配の話は、このスレッドでは飛んだ話題
だったかもしれん。

だが、未来の子どものために、生む前から苦労して配慮するということも
できんかな。環境的な面だけでなく、遺伝的な面でも。突き詰めると
優性思想につながりかねんが、この論文を読んでみると、俺の精子が、
生むんだったらあんまり遅く生むなよなと主張している気になってくる。
そうすると、決して1人で生きているわけではないという気持ちになる。

統計の精度、信頼の担保、発達障害の社会的認知による有病率の
上昇などの疑問をもたれているようだから、ある程度論文を読める
方だと考えて、最後に論文のリンクをはっておくので、ご参考に。


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=16953005&query_hl=1&itool=pubmed_docsum


132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)